No.1535  2019.5.17 

No.1535  2019.5.17

今話題のCD 2件ご紹介いたします。

1.  ジャック・ブレル Jacques Brel、オマージュアルバム「Ces gens-là/これらの人々」 

存命であれば今年90歳になるJacques Brelへのオマージュアルバム「Ces gens-là」が2019年4月5日リリースされた。

Brelは1929年4月9日ベルギー、Bruxelles郊外生まれのACI、俳優。50年代初めから自作の曲をBruxellesのナイトクラブで歌う。1953年Philippe社のアートディレクターJacques Canettiの目にとまりParisに。53年から「Les trois baudets」、「L’Echell de Jacob」などに出演。54年Julette GrécoOlympia出演の際「Le DiableOK悪魔」を取り上げてくれ知られるように。54年最初のLPを出す。57年「Quand on n’a que l’amour/愛しかない時」を収録したLPACCレコード大賞を受賞。59年11月vedetteとしてBobinoに出演、「Ne me quitte pas/行かないで」などを歌い好評。61年10月Marlene Dietrichの代役でvedetteとしてOlympia出演し大成功、62年にリリースしたそのliveアルバム「Olympia 61」は60年代を代表するものだと言われている。その後66年の「Ces gens-là」まで8枚のアルバムをリリース。66年8月バックのミュージシャンたちに、ステージからの引退を宣言。66年10月1日から11月1日まで最後のOlympia出演。67年初めNY Carnegie Hallに出演。67年5月16日Lill郊外Roubaix公演が最後のステージ。その後もレーコーディングを続け、67年「Les chanson des vieux amants/懐かしき恋人の歌」などを収録したアルバム「Jacques Brel 67」を、68年「J’arrive/孤独への道」、「Vesoul/ヴズール」などを収録したアルバム「J’arrive」をリリース。また68年には自ら翻訳、監督、主演したミュージカル「L’Homme de la Mancha/ラマンチャの男」をBruxellesParisで公演。自ら監督しBarbaraと共演したの映画「Franz」は1972年フランス公開。73年10月公開Edouard Molinro監督映画「L’enmmedeur/殺し屋とセールスマン」ではLino Venturaと共演。75年から南太平洋のMarquisesに移り住み、その後3年間は公式な消息を絶つ。77年アルバム「Les Marquises/偉大なる魂の復活」をリリース。カムバックを期待されたが78年10月肺ガンのためParis郊外の病院で死去。享年49歳、遺体はMarquisesHiva Oa村の墓地に埋葬された。2013年CD21枚組310曲収録の全集「Boîte à bonbons」がリリースされている。

今回のオマージュアルバム「Ces gens-là」はGrammy賞を4回受賞しているアメリカ人プロデューサーLarry Klein(1956-)のプロデュースによる13曲を収録。13曲及びその発表年、カバーしている歌手は次の通り:

Vesoul/ヴズール」(1968年 Thomas Dutronc

Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=VakkMDarFDQ

Thomas Dutronc https://www.youtube.com/watch?v=83GorzBWkQ4

La valse à mille temps/華麗なる千拍子」(1959年 Gauvain Sers

Port of Amsterdam/アムステルダムの港」(「Amsterdam」1964年に英語の歌詞、 Marianne Faithful

「Ne me quitte pas/行かないで」(1959年 Slimane

Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=Vz6r0TP4FBI

Slimane https://www.youtube.com/watch?v=AZf4V4yW6a8

La chanson de Jackyジャッキーの唄」(1966年 Bernard Lavilliers

 Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=EFG1QLCzICc
 Bernard Lavviliers https://www.youtube.com/watch?v=SbkxDdxJxbQ

Le chanson des vieux amants/懐かしき恋人の唄」(1967年 Melody Gardot

 Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=B1uT1tEX0Lk

 Melody Gardot https://www.youtube.com/watch?v=Ndp3TT48hfE

Il nous faut regarder目をこらすことが大事」(1953年Oximo Puccino

L’ivrogne酔っぱらい」(1961年 Liv Del Estal

Quand on n’a que l’amour/愛しかない時」(1956年 Carla Bruni

  Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=ld14tnXCwS8

  Carla Bruni https://www.youtube.com/watch?v=KDgKsruE_B4

Les vieux老夫婦」(1963年 Michel Jonasz

Bruxelles/ブリュッセル」(1962年 Zaz

  Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=xP0N-UdKXAM

  Zaz https://www.youtube.com/watch?v=CO5Cmcxdo5U

Voir un ami pleurer泣く友を見る」(1977年 Madeleine Peyrouxマデリン・ペルー

Ces gens-làこれらの人々」(1965年 Claudio Capeo

  Jacques Brel https://www.youtube.com/watch?v=O6MGGh8WUco

  Claudio Capeo https://www.youtube.com/watch?v=4TxfhajuaBE

2.ジャン・サブロンJean Sablon52曲収録compilationInternational troubadour」リリース

Jean Sablon52曲収録枚組みCD 「International troubadour」が2019日リリースされた。 

Je
an Sablon190625日パリ近郊Nogent-sur-Marne生まれのACI。父はオーケストラの指揮者で、作曲家。姉は歌手のGermaine Sablon。1923年(17歳)で、ParisThéâtre Bouffes-Parisiensでデビュー、ミュージカル「La dame en décolleté/デコルテの貴婦人」にLucien Boyer(1901-1983 歌手)と共演。1931年Casino de Parisで上演されたrevueParis qui brille/輝くパリ」ではMistinguetteと共演、「La chanson de l’escalier/階段の歌」をデュオで歌う。1931年Discolorから最初のレコードをリリース。1933年ギタリストDjango Reinhardt、ピアニストAlec Siniavineらジャズミュージシャンを伴奏者に迎える新しい試み。しかし先端過ぎてか受け入れられなかった。1936年にはMireille(1906-1996 歌手・作曲家・ピアニストとデュオ「Puis que vous partez en voyage/君が旅に出るから」を歌っている。1936年新しい技術マイクに興味を持ち初めて使用したが「Le chanteur sans voix/声量のない歌手」と批判された。1936年Grand prix du disqueを受賞した「Vous qui passez sans me voir/去り行く君」リリース。1937年ラジオ局NBCに招かれ渡米、2年間滞在。「French Troubadour」あるいは「Bing Crosby français」と呼ばれ、人気に。1939年帰国A.B.Cに出演「Le Pont d'Avignon/アヴィニョンの橋の上で」、「Je tire ma révérence/ご挨拶します」、「J'attendrai/待ちましょう」をジャズ調で歌い、今度は好評。ドイツ占領下のパリ(1940.6-1944.8)には帰らず、北南米で活躍。1946年トレードマークになる口ひげを付けて帰国。1950年Etoile座、Olympiaに出演。その後はフランス国内ばかりでなく、アメリカ、中南米を中心に活躍。1966年5月には来日し、日比谷公会堂で公演。日本でレコードを録音している。1981年75歳の誕生日をNY Lincolin Center公演で祝い(最後のアメリカ公演)、1982年ParisPavillon Gabriel(5,avGabriel パリ8区)でParisさよなら公演、1983年リオデジャネイロRio de JaneroCopacabana Palace)での公演を最後に南仏Antiebeに引退。1994年2月24日Cannesで死去、享年87歳。ParisMontparnasse墓地に埋葬。2004年4月30日パリ16区には遊歩道AlléeJean Sablonが設けられた。

International troubadour」に収録されているのは:「C’est magnifique/セ マニフィック」、「C’est si bon/セ シ ボン」、「Ce petit chemin/この小道」、「Je tire ma révérence」、「Presque oui/ほとんどウイ」、「C’est un jardinier qui boîte/片足を引きずる庭師」、「Rendez-vous sous la pluie/雨のランデヴー」、「Puisque vous partez en voyage」、「Un amour comme le nôtre/たぐいなき恋」、「Vous qui passez sans me voir」、「Sur le pont d’Avignon」、「Les pieds dans l’eau/水につけた足」、「Rhum et Coca Cola/ラムとコカコーラ」、「Couchê dans le foin/枯れ草の中で寝て」、
Ces petites choses/これらの小さなこと、「La chanson des rues/巷の歌」、「Clopin-Clopant/クロパン・クロパン」、「Le fiacre/辻馬車」(蹄の音を口の効果音を使った)、「Il ne faut pas briser un rêve/夢を壊さないで」、「Syracuse/シラキューズ」、「Les feuilles mortes/枯葉」、「Sur les quais du vieux Paris/古きパリの岸辺で」、「Paris, tu n’as pas changé/変わらぬパリ」、「These foolish things」、「J'attendrai」、「Le doux caboulot/懐かしきレストラン」などで総演奏時間は時間

J’attendraihttps://www.youtube.com/watch?v=ApMGZVyEtAY

Puisque vous partez en voyagehttps://www.youtube.com/watch?v=AR-n8p_YGXw

Vous qui passez sans me voirhttps://www.youtube.com/watch?v=dARkooVa7-U

Ce petit cheminhttps://www.youtube.com/watch?v=KteVkVQZLAM

Ces petites choseshttps://www.youtube.com/watch?v=iiUvF5iZkuw

 
 No.1534 2019.4.26   

No. 1534    2019.4.26
Notre-Dame de Paris
 ノートルダム大聖堂 へのオマージュコンサート


 

2019年4月15日火災により多くの損傷を受けたNotre-Dame de Parisへオマージュを捧げ、再建を支援するためのコンサート「Notre-Dame de ParisLe grand concert」が4月20日(土)、ParisInvalidesの中庭で行われ、TVF2で中継された。コンサートは2時間40分にわたった。TVMONDE Japonでは21日(日)1部割愛して放送された。

メインの司会者ははStéphan Berne及びMarie-Sophie Lacarrau。ポピュラー音楽界、クラシック音楽界、ダンス界などの人気スターが出演した。演奏、伴奏はOrchestre National de France

 また、演奏などの間にはNotre-Dame de Parisのドキュメンタリー映像が流され、ParisAnne Hidlgoa市長、Cathédrale Notre-Dame de Parisのオルガン奏者Vincent Dubois、文化大臣Franck RiesterNotre-Dame de Parisはほぼ守られたと言って良い」)、Pastrick Chauvet大司教、消火に当たった消防隊の責任者及び隊員、聖堂のガイド、建築業Cédric Roth-Meyerとのインタビューが行われ、Nolwenn LeroyFautine BallaertBruno GuillonHélène SégaraNaguiからのVideoメッセージが紹介され、また寄付金の募集の告示があった。

 

主な出演者及び歌った曲または演奏した曲などは次の通り。

Angelo. Del VecchioDaniel LavoiRichard Charet  Richard Cocciante(ミュージカルNotre-Dame de Parisの作曲者、ピアノ伴奏):ミュージカルNotre- Dame de Parisから「Belle美しい人https://www.dailymotion.com/video/x767izh

Mireille MathieuShubertAva Maria
 https://www.youtube.com/watch?v=KbcYuHgZQx0


歌い終わった後
「フランスが、世界中がショックを受けた。Notre-Dame de Parisは我々の一部であり、我々の魂であり、我々の国そのもの。彼女(Notre-Dame de Paris)が今後も存在し続けるために何かをしなければ。彼女は我々の心の中にある。我々は彼女を必要としている・・」

BénabarYves Montandなどのヒット曲「A Paris (画像はありません)

Gautier Capuçon(1981-チェロ奏者)& Orchestre National de ParisGabriel Fauré作曲「Elegie/エレジー」https://www.youtube.com/watch?v=QXqQ5rFtupM

Petits Chanteurs à la Croix de Bois木の十字架少年少女合唱団Gérald de Palmas作詞作曲「Marieマリー」 https://www.youtube.com/watch?v=C3MuxED5MNY&t=74s

Laurent Voulzy:自身のヒット曲「Jeanne
https://www.youtube.com/watch?v=aAdIWI_Zqzc

Orchestre national de FranceLa Maitrise et le Chœur de Radio FranceBach作曲「La passion selon St Maieu聖マタイ受難曲」から「Kommt,Ire Tochter, helft mir klagen/来たれ、娘たちよ、我と共に嘆け」

Thomas DutroncJacques Dutroncのヒット曲Il est 5 heures Paris s’éveille時パリは目覚めるhttps://www.youtube.com/watch?v=NcPALWGYUPU

Marie-Claude Pietragalla Julien Derouaultダンスpas de deuxパーフォーマンス

Anggunミュージカル「Notre-Dame de Paris」から「Vivre生きるhttps://www.youtube.com/watch?v=xWlEFvMaRso

Frédérique Miterrand(1947-作家、元文化大臣) Gautier CapuçonMarion Renard(ハープ奏者)Victor Hugoの「Notre-Dame de Paris」の一節朗読とチェロとハープの演奏

Patrick Messinaクラリネット奏者)&Orchestre national de FranceMozart作曲「Concerto pour crarinette et Orchestraクラリネットとオーケストラのための協奏曲」
https://www.youtube.com/watch?v=mz9oJI9Sqaw

Angelique Kidjo(1960年Benin生まれの歌手):Joséphine Bakerのヒット曲「J’ai deux amours二人の恋人」  https://www.youtube.com/watch?v=9GFtvSfVFMc

Orchestre national de FranceLa Maitrise et le Chœur de Radio FranceBach作曲「La passion selon St Maieu/聖マタイ受難曲」から「Wir setzen uns mit Tranen nierder/我ら涙流してひざまずき
https://www.youtube.com/watch?v=Y6o-dp8UsHk


・最後はRenaud Capuçon(1976-バイオリニスト)&ウイーン交響楽団:Jules Massenet作曲Méditation de Thaïs/タイスの瞑想曲」(videoで) (画像はありません)

No..1533  2019.4.19   

KCN 1533    2019.4.19



マルセル・アモン Marcel Amont、90歳

Marcel Amontが2019年4月1日90歳の誕生日を迎えた。

本名Marcel Jean-Pierre Balthazar Miramont、は1929年4月1日Bordeaux生まれの、歌手(作詞、作曲も)、俳優。acの後、体育の先生を目指しInstitut d‘Education Physique/体育学校に入学、同時にBordeaux Conservatoire national d’art dramatique 国立演劇学校で演劇を学ぶ。地元でバンドの歌手、オペレッタの歌手、Molière劇の端役などを演じ、1950年1月にParisに。(詳細は下記略歴に続きます) 

90歳誕生コンサートは2019年4月2日ParisAlhambra(12,rue Yves Toudic 10区)で行われた。Alhanbra1956年Maurice Chevalierの前座で出演したホールであり、2012年11月25日キャリア60周年を祝ったホールでもある。また2018年には10月7日から12月30日まで毎週日曜日夜スペクタクル「Marcel raconte et chante Amont/マルセル、アモンを語り、歌う」を行った。4月2日「Marcel Amont 90 ansça se fête!/マルセル・アモン、90歳を祝う」と銘打ったステージは1時間20分に及び、伴奏はピアニストLeandro Aconchaのみ、最近ではごく普通になったプロンプターを用いることはなかった。最初に歌ったのは2006年のアルバム『Décalage horaire/時差』に収録された「Démodé」。その後「L’amour ça fait passer le temps/恋をすると時間は過ぎ去る」、「Bleu, blanc, blond」、「Le Mexicain」(AmontAznavourに提供された1962年のヒット曲はAznavourとのヴァーチャルデュオで)などのヒット曲を歌う。MCではChevalierTrenetMontandBrassensPiafAznavourとの想い出と尊敬の念を語る。

祝賀には多くの歌手仲間が訪れた。ChristopheMaxime Le Forestier(「Marcelはずーっとスポーツマンだった」)、Gérard LenormanNicoletta(「彼の目にはいつも光がある。彼は大道芸人・・我々を連れて行く」)、Gérard DarmonMichèle Torr(「私に歌手という職業に就きたいと思わせてくれた人物」)、Serge LamaAmont同様Bordeau出身、「子供の頃から知っていた。Marcelは最後の『fantasiste/芸人』」)、Georges Chelon等々。

ステージの最後に「この先いつまでも続けることができるだろうか」と語っていたAmont、この後国内各地を回るツアーに。

 

・・「Joyeux Anniversaire !https://www.youtube.com/watch?v=RNBV_5efz5M

・・「Démodé」(2006年10月)https://www.youtube.com/watch?v=ouknmBhgtAE

・・Charles Aznavourと、2018年アルバム『Par-dessus l’épaule』録音時https://www.youtube.com/watch?v=0RVFZKh7VjA

・・Le Mexicain」(1965年11月)https://www.youtube.com/watch?v=CyDTvQKUb8c

・・「Le Mexicain」(2017年2月)https://www.youtube.com/watch?v=Db0BtF7_tWQ

Le Mexicain/メキシコ人(1962Jacques Plante作詞、Charles Aznavour作曲歌詞の大意

・・浅黒く日焼けした一人のメキシコ人が、パラソル代わりにソンブレロを鼻の上に乗せ、地面に大の字になっている。太陽の位置からすると昼近い、生きることは終わりのない問題、毎日毎夜同じことなら寝ていた方が良い。何か食べ物を見つけなければならない。それが一人の人間を働かせる理由。喉が渇いて吸い取り紙のよう。さいころゲームで一杯を賭ける相手を探さなければ。でも俺の周りにいる連中は詐欺師ばかり。 クリストバルがやって来た、何て偉ぶってるんだ、奴は昨日から将軍さまだ、革命が終わればまた二人で語り合うことも出来るだろう。奴は親友、奴に10ペソ賭けたんだ、くたばっちまうことになれば、10ペソともおさらば。 町中兵隊が駆け回っている、気を付けないと押しつぶされそう。毎朝なんて音だ、大砲まで持ち出して。昼にはそんな大騒ぎは禁止されているはず、昼寝したい人間は沢山いるんだから・・

 

 

 

 

Marcel Amont

本名Marcel Jean-Pierre Balthazar Miramont、は1929年4月1日Bordeaux生まれの、歌手(作詞、作曲も)、俳優。 acの後、体育の先生を目指しInstitut d‘Education Physique/体育学校に入学、同時にBordeaux Conservatoire national d’art dramatique 国立演劇学校で演劇を学ぶ。地元でバンドの歌手、オペレッタの歌手、Molière劇の端役などを演じ、1950年1月にParisに。

1953年キャバレ出演中Jean Nohain(1900-1981司会者、作詞家)に認められ、その一座に入り国内巡業

1954年8月Daeuvilleシャンソンコンクールで「Le pigeons voyagereur/旅する鳩」を歌い「Le prix d’interprétation/歌唱賞」

1956年5月24日~ 7月12日までEdith Piaf Olympiaに出演。当初は第1部の幕開け歌手として。Piafの公演が延長されるに出演者としての格付けが上がり、最終的には準主役、第1部のトリで歌う

1956年最初のEPMarcel Amont』をリリース(「Escamillo/エスカミリオ」、「Le pigeon voyageur」ほか2曲収録)

1956年11月公開の映画「La mariée est trop belle/美しすぎる花嫁」で映画初出演、BBと共演

1958年11月LiveLPMarcel Amont à l’Olympia』(「Cha cha Boum/チャチャ ブーン」、「Viens/お出で」、「Sur la table/テーブルの上には」など9曲収録)ACC大賞

1959年「Bleu, blanc, blond/青、白、ブロンド」(Jean DrejacH. Green

1960年「Les bleuets d’azur/空色の矢車草」(J. LarueGuy Magenta

1962年「Le Mexicain/メキシコ人」(Jaquees PlanteCharles Aznavour

1962年Bobinoに100日間出演

1963年5月、初来日「日本語のおけいこ」(谷川俊太郎作詞、寺島尚彦作詞)を披露。(71年2度目の来日)

1963年「上を向いて歩こう」を「Sous une pluie d’étoiles/星の雨の下で」(Frank Gérald翻案)のタイトルで歌う

1965年5週間に及ぶOlympia公演。背後で12人のバックダンサーに踊らせるという斬新な演出で評判に

1967年10月1日フランスで最初のカラーテレビ放送に出演

1970年Olympiaでのワンマンショーは2週間延長し、都合5週間の出演

1970年「Monsieur qui volait空を飛ぶ紳士」(Claude NougaroAmont

1971年「C’est aujourd’hui dimanche/今日は日曜日」(Bemard EstardyJean-Michel Rivat

1974年「Le chapeua de Mireilleミレイユの帽子」Georges Brassens

1979年「Viennois/ウイーン人」(Alain Souchon)、「La galère/つらい生活」(Maxime Le Forestier/Julien Clerc

80年代から「démodé/時代遅れ」と考えられ、「砂漠を横断するような」停滞時期を過ごし

2006年アルバム『Décalage horaire/時差』でカムバック。

2007年1月18日1日のみOlympiaに出演、23年振りの出演

2008年ユニット「Age tendre et têtes de bois」に参加。このユニットには2015年にも参加している

2009年自伝「Sur le boulevard du temps qui passe/『過ぎゆく時間通り』にて」を出版

2010年11月Emma Daumasの子供向けアルバム『Les larmes de crocodille et autres fables/ワニの涙その他の物語』に参加、「Dino le dinosaur/恐竜ディノ」他3曲を歌う)

2012年10月「Il a neigé/雪が降った」(自伝続編)を出版

2014年9月28日50曲収録『Best of Marcel Amont

2014年3月「Lettre à des amis/友人たちへの手紙」刊行AznavourChevalierMontandSouchonらへの手紙形式の随筆

2018年10月12日アルバム『Par-dessus l’épaule/肩の上に』をリリース。これにはAmontがソロで歌う「Par-dessus l’épaule」、「Les moulins de mon cœur/風のささやき」のほか、Maxime Le Forestierとのデュオ「La galère」、Francis Cabrelとのデュオ「Le chapeau de Mireille」、Charles Aznavourとのデュオ「Le Mexican」、Alain Souchonとのデュオ「Viennois」、Les Nouveaux Compagnonsとのデュオ「Bleu, blanc, blond」など10曲集録。

2019年4月1日90歳

 No.1531 2019.   


  エムM、 「Lettre infinie/無限の文字」

Mが2019年1月25日にリリースした新しいアルバムは「Lettre infinie」。、本名マテュー・シェディッドMatthieu Chedid、は19711221Paris郊外Boulogne-Billancourt生まれのACI・ギター他多楽器演奏者。父はACILouis Chedid、父方の祖母は作家のAndrée Chedid。14、5歳からギターを得意とし、グループで活動。その後Mをステージ名にしてソロに転じ、97年ファーストアルバム「Le Baptème/洗礼」。1999年セカンドアルバム「Je dis aime」をリリース。アルバムに収められた同じタイトルの曲「Je dis aime:ジュ ディ エム/僕は愛しているという ou 僕はMという」の詩は祖母が提供。このアルバムによりVdMの男性歌手賞とコンサート賞受賞。その後アルバム「Qui de nous deeux/我々2人のうち誰が?」(2003)、「Mister Mystère」(2009年)、「Il」(2012年)をリリース。2017年にはMali出身のミュージシャンと共同でアルバム「LamomaliL’âme au Mali:ラーム オー マリ/マリに捧げた魂」をリリースしている。MVictoires de la Musiqueの最多受賞者で、男性歌手賞2回(2004年、2005年)、アルバム賞3回(シャンソンアルバム賞2005年「Qui de nous deux?」で、オリジナル映画音楽アルバム賞2007年「Ne le dis a personne/誰にも言うな」で、ワールドミュージックアルバム賞2018年「Lamomali」で)など13個のvictoireを受けている。今回のアルバム「Lettre infinie」には13曲収録、1曲を除き、Mの作詞/作曲による。娘のBillieがデュオ、またはコーラスで参加している。収録曲は:「Lettre infinie」、「Supercherie/超愛しい人」、「Massai/マサイ族」、「Adieu mon amour/さようなら、僕の愛」、「L’alchimiste/錬金術師」(詩はBrigitte Fontaineに提供された)、「Therapie/治療法」、「Une seule corde一本の弦」、「L’autre paradis/もう一つの天国」など。アルバムはリリースの週チャート1位。Mは3月24日からツアーを開始、Paris登場は12月16、17日のAccorhotels Arena

Je dis aime2000https://www.youtube.com/watch?v=ALV08Oa4kss

MassaiBillie2019.1.27)https://www.youtube.com/watch?v=mTl73YDYYC4

 


2.シャルレリー・クテュールCharElie Couture、「Meme pas sommeil/眠くなんかない」

CharElie Couture201925日にリリースした新しいアルバムはMeme pas sommeil」。Couture、本名BertrandCharlesElieCoutureは1956年ナンシーNacy生まれ、シンガーソングライター、画家、作家、カメラマン。美術学校で絵画を学ぶ。絵画や写真の分野では美術学校に在学当時から展覧会を開いている。幼少の頃からピアノとギターを習い、10代半ばには曲を作っていた。78年最初のレコード「12chansonsdanslasciure/おが屑の中の12のシャンソン」は多少注目された程度。81年の「Poemesrock」に収められて「Commeunavionsansaile/翼のない飛行機のように」がヒットし、PalaisdesSportsOlympiaに出演。83年にはクロード・ベリClaudeBerri監督の映画「Tchaopantin/チャオ パンタン」の音楽を担当。94年には評判のよかった「Jacobimarchait/ジャコビは歩いた」を収めたアルバム「Lesnaïves/ナイーヴな女性たち」をリリース、11月にはOédonオデオン座で「Concertnaifaupaysdesanges/天使の国でのナイーヴなコンサート」を行う。その後も定期的にアルバムをリリース、フランス国内外でのコンサートは常に満員。98年のヤウンデコンサートの前座はヤニック・ノアYannickNoahであった。2001年にはデビュー20周年をOlympiaで。04年からアメリカに住み、アメリカでは画家として活動していて、その分野で有名。06年にはアルバム「NewYor-Cœur/ニューヨークのハート」、2011年アルバム「FortRêveur/強い夢想家」、2016年アルバム「Lafayette」をリリースしている。

今回のアルバムには「Les chevaux froids/凍えた馬たち」、「Meme pas someil」、「Another Man」、「Seul et unique/唯一で独特な」、「Ode a l’Est/東方への叙情詩」、「Toi, ma descendance/お前、私の子孫」、「A Paris je peris/パリでは僕は?」、「Les heureuses caniculaires/猛暑の時間」など13曲収録。Coutureは3月14日から国内ツアーを開始4月12日ParisLe Trianonに出演。

Comme un avion sans aile1981https://www.youtube.com/watch?v=068G1r0hP28

Seul et uniqueclip officiel https://www.youtube.com/watch?v=qsTbaSKwBbg

 


3.  エマニュエル・モワールEmmanuel Moire、「Odyssee/オデュッセイア」

Emmabuel Moireが2018年2月25日にリリースした新しいアルバムは「Odyssee」。Moire1979Le Mans生まれの歌手、作曲家(最近は、作詞も行う)、俳優。Le MansConservatoireや個人講師について声楽を学んだ後、2000年にFrancis CabrelAstaffortで主宰する音楽講座で学び、その後地元の各種の催しものに出演。いくつかのオーディションに失敗した後、04年ミュージカル「Le Roi Soleil/太陽王」のオーディソンに合格。05年9月から07年7月までパリのPalais des Sportsなどで上演されたこのミュージカルでルイ14世役を演じ、「Etre à la hauteur/高見へ」、「Pour arriver à moi/私の許に来るために」、「Je fais de toi mon essentiel/私は私にとって不可欠なことを行う」、「Tant quon rêve encore/まだ夢みている限りは」などを歌い人気に。06年11月最初のアルバム「La où je pars/僕が出発した場所」をリリース、そこに収められた「Le sourir/微笑み」は特に好評、アルバムは12万枚以上売り上げた。07年9月にはポーランドのSopotで行われた「Festival de Sopot」で、「Ça me fait du bien/それは気持ちがいい」を歌い「Chanteurs internatinaux/国際歌手」部門で優勝。09年4月には2枚目のアルバム「Léquilibre/均衡」をリリース。11年にはミュージカル「Cabaret」に出演。12年Jean-Jacques Goldmanへのオマージュアルバム「nération Goldman」では「Au bout de mes rêves/夢の終わりに」をAmandine Bourgeoisとデュオで歌っている。13年4月には3枚目のアルバム「Le Chemin/道」(「Beau Malheur/美しい不幸」、「Ne saimer que la nuit/愛し合うのは夜だけ」などが好評で、30万枚以上の売り上げ)を、2015年4枚目のアルバムのアルバム「La Rencontre/出会い」をリリースしている。今回のアルバムには13曲収録されている。そのうち5曲は(「Le grand saut/大いなる救済」、「La femme au milieu/真ん中に写っている女性」、「La quete/探求」、「La promesse/約束」、「Mon odyssee」)はMoire自身の作詞/作曲によるもの。「Des mots a t’offrir/君に捧げる言葉」はJean-Jacques Goldmanの詩に曲を付けたもの、他に作詞/作曲でJean Pham Huu TriEric Langloisらの協力を得た「Et si on parlait d’amour/愛について語れば」、「Qui es tu ?/君は誰?」、「Le hero/一人のヒーロー」、「Le plan du monde/世界地図」など。

Moireは2019年のEurovisionのフランス代表を決めるコンクール「Destination Eurovision」に「La promesse」で出場したが、代表にはなれなかった。現在国内およびベルギーでの13回のコンサートが予定されていて、12月10日ParisSalle Pleyelに出演。

Le sourir2007https://www.youtube.com/watch?v=gI4rmVnGLa8

La femme au milieuhttps://www.youtube.com/watch?v=OjYSYOrr9c8

 

                        
4.  コルネイユ Corneille、「Parce qu’on aime/愛しているから」

Corneilleが2019年2月15日にリリースした新しいアルバムは「Parce qu’on aime」。Corneilleは1977年生まれ、本名CorneliusNyungura、カナダ国籍のACI。ルワンダ人の両親が留学中のドイツで生まれ、幼少期をルワンダで過ごす。94年ルワンダにおける種族対立による虐殺で家族を失ったが、自身は両親の友人のドイツ人の許に逃れた。97年勉学のためカナダ、Montrealへ。そこで友人とRnBグループを結成、2001年からはソロで歌うように。2003年ファーストアルバム「Parce quon vient de loin/遠くから来たから」は「Seul au monde/世界でたった一人」など自身の体験を歌った曲も収められていてカナダ、フランスで大ヒット。2004年にはカナダ国籍を取得。2005年アルバム「Les Marhands de reves/夢を売る人たち」、2007年アルバム「The Birth of Cornelius」(日本でも発売され、それを記念して2007年6月26日来日しカナダ大使館でコンサートを開いたとの資料あり)。その後も定期的にアルバムをリリーししている。また2012年の「Generation Goldman vol 1」には「Quand tu denses」、2013年の「vol 2」には「Bonne idee」で参加している。Coeneilleは対エイズ活動などの人道的支援活動に積極的に関わっている。今回の8枚目のアルバム「Parce qu’on aime」には夫人のSofia de Medeirosとの共作による12曲が収録されている。それらは:「Le chant des cygnes/白鳥の歌」、「Tout le monde/みんな」、「Manque de someil/睡眠不足」、「Mona Lisa」、「Le bonheur/幸福」「Un autre moi/もう一人の僕」など。4月3日ParisL’Alhambraに出演。

Seul au monde」2004年https://www.youtube.com/watch?v=hojorMMVKYA

Tout le mondeclip officielhttps://www.youtube.com/watch?v=gJlodw4w1BA

 


5.  ララ・ファビアン Lara Fabian、「Papillon/蝶々」

Lara Fabianが2019年2月15日にリリースした新しいアルバムは「Papillon」。

Fabian、本名Lara Sophie Katy Crokaertは190年ベルギー、BruxellesEtterbeek生まれのACI。14歳からベルギーで歌手として活動。88年Luxembourg代表でEurovisionに出場4位。89年にリリースしたシングル「Je suis/私は」のプロモーションで訪れたカナダが気に入り90年代数年間Canadaで活動。97年シングル「Tout/全て」がヨーロッパでヒット、この曲を収録したアルバム「Pure/純粋な」は100万枚以上の売り上げ、98年VdM新人歌手賞を受賞。99年全曲英語で歌った「Lara Fabian」によりアメリカでも人気に。2002年に同じベルギー出身の女性歌手Maurane(1960-2018 ACI)とデュオで歌った「Tu es mon autre/あなたはもう一人の私」はシングルが30万枚以上売上げのヒットに。2009年のアルバム「Toutes les femmes en moi/私の中の全ての女性」はBarbaraの「Göttingen/ゲッティンゲン」、Dalidaの「Il venait d’avoir 18 ans/18歳の彼」などをカバーした先輩女性歌手へのオマージュ。10年30曲収録のベスト盤をだしている。10年9月には仏、英、伊、露、西語で歌った11曲を収録したアルバム「Mademoiselle Zhivago」をロシアとウクライナでリリース(フランス、ベルギーでのリリースは12年6月)、その後10年から12年にかけて東欧諸国、ロシアツアーを行っている。13年4月アルバム「Le secret/秘密」をリリース後聴覚の不調により活動を休止していたが、回復。2015年11月「Ma vie dans la tienne/あなたの人生の中の私の人生」をリリースしている。2016年7月に予定されていた来日公演は中止。前作は2017年10月リリースの「Camouflage」、英語で歌われているPop-Rockの12曲収録。今回のアルバム「Papillon」にはMon DenebiSharon Vaughnの協力を得て作詞・作曲した11曲が収録されている。11曲は「Papillon」、「Je suis a toi/私はあなたのもの」、「Changer le jeu/遊びを変える」、「Par amour/愛で」、「Je ne t’aime plus/もうあなたを愛してはいない」、「Pardonne/許して」、「Superman」、「Sans ton amour/あなたの愛なしでは」など。Fabianは2019年9月にはアメリカ、シカゴなどでのコンサートの予定。2020年1月から「50 World Tour」を計画していて、2020年3月24日Paris Olympia出演。

Tu es mon autre」2009年https://www.youtube.com/watch?v=h_RTXeOTcXc

PapillonOfficial Video https://www.youtube.com/watch?v=dzWit_mevK0

No.1530  2019.4.3. 

No. 1531    2019. 4. 3



第34回 2019年VdM授賞式が2月8日Daphné Burkiiの司会でLa Seine MusicaleParis郊外Boulogne-Billancourt
を会場に行われた。TVFrance 2が21:00~01:30実況中継。

式ではまず2018年に死去したMaurane(1960.12.12-2018.5.7 ベルギー出身のACI)、Charles Aznavour(1924.5.22-2018.10.1 ACI)、Jacques Hijelin(1940.10.18-2-18.4.6 ACI)への追悼が行われた。

Mauraneの追悼では、Mauraneが1994年(第9回)VdMでフランス語圏歌手賞を受けた場面、2002年Lara Fabianとデュオで「Tu es mon autre/あなたはもう一人の私」を歌っている場面の映像などが流された。Aznavour追悼ではヒット曲「For me formidable」をCamélia JordanaJeanne AddedClara Lucianiが歌い、Hijelin追悼では息子のArthur Hと娘のIziaがヒット曲「Je ne peux plus dire je t’aime/もう君を愛しているとは言えない」をデュオで歌った。

For me formidablehttps://www.youtube.com/watch?v=vB0c4JiicBw

Je ne peux plus dire je t’aimehttps://www.youtube.com/watch?v=LdVat2NNeqk

 

今回の各賞受賞者は以下の通り:

・男性歌手賞:

ビッグフロ エ オリBigflo et Oli(他の候補者はEtienne DahoEddy de Pretto

Bigflo & Oliは、Bigflo(本名Florian Ordonez 1993.1.22-)とOli(本名 Olivio Ordonez 1996.4.19-)のToulouse生まれの兄弟によるラップデュオ。2005年最初の曲「Château de carte/カードの城」をYouTubeに投稿している。その後もYouTubeへの投稿、あるいはToulouseにおけるラップバトルへの参加などにより知られるようになり、Sexion d’AssautCaliなどの前座で歌う。2015年9月ファーストアルバム「La our des grands/偉人たちの中庭」をリリース。2016年6月24日のreedition版に追加された「Je suis/僕は・・」でSACEMRolf Marbot賞(楽曲賞)を受賞。2017年NRJ音楽賞でグループ/デュオ賞を受賞。2017年6月23日セカンドアルバム「La vraie vie/真の人生」をリリース、収録されたDommage残念」で2018年VdMのオリジナルシャンソン賞を受賞している。2018年11月3枚目のアルバム「La vie de rêve/夢の人生」をリリースしている。式ではそのアルバムの中から「Rentrez chez vous/君の家へ帰れ」を歌った。今回のVMではアルバム「La vie de rêve」で「アーバンミュージックアルバム賞」も受賞している。

Rentrez chez voushttps://www.youtube.com/watch?v=RJpsbUGGTCI

 

・女性歌手賞

ジャンヌ・アデッドJeanne Added他の候補者は Christine and the QueensVanessa Paradis

Jeannne Addedは1980年9月25日Reims生まれのジャズ、ロック系ACI。主として英語で歌う。2001年からConservatoire national supérieur de musique et de danse de Paris/パリ国立高等音楽・ダンス学院で学び、ジャズクラスを主席で卒業。その後ロンドンのRoyal Academy of Musicでも学んでいる。2006年から主としてチェロ、ベース奏者として多くの分野のミュージシャンと組んで演奏活動。2008年から自作を歌うように。2011年にはEPを、2015年6月にはファーストアルバム「Be Sensational」をリリース。アルバムは2016年VdMで新人アルバム賞にノミネートされた。

2018年9月4日セカンドアルバム「Radiate」をリリース。これには「Radiate」、「Both Sides」、「Falling Hearts」、「Mutate」、「Enemy」など10曲収録。2018年10月TV番組「C à vous」に出演「Both Sides」を歌い、また11月24日同「On n’est pas couché」に出演「Mutate」を歌うなどして一般に知られるように。2018年10月からツアーを行っていて、2019年4月3日 ParisZénith に出演予定。式では「Radiate」を歌った。今回のVdMではアルバム「Radiate」で「ロックアルバム賞」も受賞している。

Radiatehttps://www.youtube.com/watch?v=BYbVtMdRoH8

・シャンソンアルバム賞

アラン・バッシュングAlain Bashungの「En amont/川上に」(他の候補はAlain Chamfortの「Le désordre des choses」、Christine ande the Queensの「Chris」)

Alain Bashungは1947年12月1日Paris生まれ、2009年3月14日Parisで死去したACI、俳優。1962年友人たちとグループ「Hill Billy」を結成、フォークやロカビリーを歌い、地方のホテルやレストランあるいはドイツ駐留米軍キャンプなどを回る。1966年からソロで活動を開始、アルバムを出すが成功せず、1980年「Gaby,oh Gaby/ガビー、オー ガビー」が最初のヒット。1981年ParisOlympiaに出演。1986年のアルバム「Passé le Rio Grande/リオ・グランデを通過」VdMでロックアルバム賞を受賞。1998年1月アルバム「Fantasie militaire/軍隊のファンタジー」リリース。アルバムは2005年第20回記念のVdMで特別賞「過去20年の最優秀アルバム」に。またその中に収められた「La nuit je mens/夜僕は嘘をつく」は2013年「歌手が選ぶトップ100曲」の2位に。2008年3月生前最後のアルバム「Bleu pétrole/青い石油」をリリース。このアルバムによりBashungは2009年VdMで男性歌手賞、シャンソンアルバム賞を受賞。Bashungは「Roi des Victoires/ヴィクトワールの王」あるいは「Recordman des Victoires/ヴィクトワールの記録保持者」と呼ばれていて男性歌手賞を3回受賞するなど生前すでに12個のVictoireを受賞。2009年3月14日ParisSaint-Josph病院で肺ガンのため死去、享年61歳。Père-Lachaise墓地に埋葬された。2012年6月、住んでいたParis18区Goutte-d’Or地区16、rue de JessaintSquare Alain Bashungが誕生した。

今回受賞の対象となったアルバム「En amont」は没後10年になるのを記念して2018年11月23日にリリースされたもので、アルバム「Fantaisie militaire」からの協力者であるEdith Fambuenaのプロデュースによる。収められている11曲は主としてアルバム「Bleu pétrole」製作の段階で収録されなかった曲などからBashungの未亡人Chloé Monsが選定、当時活躍していたACIなどから詩や曲を提供されたもの。11曲は:「Immortels/不滅の人々」(Dominique A作詞/作曲)、「Seul le chien」(dito)、「La mariée des roseaux」(Doriand作詞/Bashung作曲)、「Nos âmes à l’abri」(dito)、「Elle me dit les mêmes mots」(Daniel Darc作詞/Bashung作曲)、「Montevideo」(Mickey 3DMickaël Fumon作詞/作曲)、「Les Salines」(Raphaël作詞/作曲)など。

授賞式ではFambuenaMonsvictoireを受け取った。この受賞によりBashungvictoireは13個となりMMathieu Chedidと並び最多となった。

Immortelshttps://www.youtube.com/watch?v=E5rIb1t6Ukw

 

・オリジナルシャンソン賞

ブルヴァール・デ・ゼールBoulevard des Airsの「Je me dis que toi aussi/僕は君も同じだと思う」(他の候補LouaneJulien Doréのデュオによる「Midi sur novembre」、Aya Nakanuraの「Djadja」、OrelsanDamsoのデュオによる「Rêves bizarres」)

Bourlevard des AirsBDA)は2004年TarbesHautes-Pyrenées県)の高校生Dasque兄弟を中心に結成されたグループで、メンバーが作詞作曲した「ホームメイド」のポップ、ロック、エレクトロなど多彩な楽曲をレパートリーにしている。2011年ファーストアルバム「Paris-Buenos Aires」リリース後、国内、スペイン、スイス、カナダなどを回るツアーを行い、ステージでのパフォーマンスが評判になり2013年のVdMでは新人ステージ賞の候補に。2015年にリリースしたアルバム「Bruxelles」は20万枚以上の売り上げ。2018年8月31日今回の受賞曲「Je me dis que toi aussi」、「Tout le temps」、「Si la vie avance」など11曲収録のアルバム「Je me dis que toi aussi」をリリース。その週チャートの3位に。2018年6月Institut français横浜主宰ののフランス月間の際来日公演。

Je me dis que toi aussihttps://www.youtube.com/watch?v=z2Q3LYG881c

 

 

・新人アルバム賞:

アンジェルAngèleの「Brol/ブロル」(他の候補はFoéの「Il」、Roni Alterの「Roni Alter」)

Angéle、本名Angèle Van Laeken、は1995年12月3日ベルギー、Uccle生まれのACI.父親はフランスでもよく知られている現役のACIMarka、母親は女優・劇作家Laurence Bibot、3歳年長の兄はラップ歌手のRoméo Elvis.Bruxelles郊外で育ち、5歳からピアノを習い、高校卒業後Anversでジャズピアノを学び、父親のバックバンドを務め、友人の勧めもあってACIに。最初はBruxellesのカフェなどで歌い、2017年にはベルギー出身のラップ歌手Damsoの前座で歌う。2017年10月30日最初のシングル「La loi de Murphy/マーフィーの法則」をリリース、そのオフィシャルクリップは現在まで2000万回の再生。2018年5月にはParisに登場、TrianonMC Solaarと出演、その後各地のフェスティヴァルに出演、10月31日にはTV番組「C à vous」に出演するなどしてフランスでも人気に。Angèleはまたベルギー出身のラップ歌手Damsoが2018年6月15日にリリースし、フランスでもチャート1位になったアルバムで今回のVdMでラップアルバム賞を受賞した「Lithopédion」には「Silence」を提供、デュオで歌っている。

今回受賞の対象となった「Brol」(ブリュッセル地方の俗語で「désordre/無秩序、混乱」の意のよう)は2018年10月5日にリリースされたAngèleのファーストアルバムで「La loi de Murphy」、「Tout oublier/すべて忘れる」(Roméo Elvisとのデュオ)、「La Thune」、「Je veux tes yeux」、「Jalousie」、「Victime des reseaux」、「Les matins」、「Balance ton quoi」など12曲収録。今回のVMでは「Tout oublier」のclipが「オーディオ・ビジュアル創作賞」を受賞。

  「Tout oublierRoméo Elvishttps://www.youtube.com/watch?v=kYxpICQJtj0

 

・新人ステージ賞

クララ・ルシアニClara Luciani他の候補者Tim DupTherapie Taxi

Clara Luciani1992MartiguesBouches-du Rhône生まれ、一家はコルシカ出身、Marseille郊外育ちのACI、エレキギター奏者。2011年からグループで音楽活動。その後ソロに。2015年から2016年に掛けてはRaphaëlの、2017年にはBenjamin Biorayの前座でツアーに同道。2018年4月ファーストアルバム「Sainte-Victoire/サント=ヴィクトワール」をリリース。これには「Sainte-Victoire」、「La grenade/手榴弾」、「On ne meurt pas d’amour」、「Les fleurs」、「Comme toi」など11曲収録。アルバムはマスコミの高い評価を受けた。

La gernadehttps://www.youtube.com/watch?v=33-1PEvKIwA

 

 

その他の賞の受賞者

・アーバンミュージックアルバム賞:

  Bigflo et Oliの「La vie de rêve

・ラップアルバム賞

ダムソDamsoの「Lithopedion

・ロックアルバム賞

  Jeanne Addedの「Radiate

・ワールドミュージックアルバム賞

 Camelia Jordanaの「Lost

・エレキミュージックアルバム賞

  The Blazeの「Dancehall

・コンサート賞

  オレルサンOrelsan

・オーディオ・ビジュアル創作賞

  AngeleRoméo Elvisの「Tout oublier

 
 No.1530 2019.3.5   

No.1530      2019.3.5



87歳の女性歌手 フランセスカ・ソルヴィルFrancesca SollevillecompilationアルバムMes amours/我が愛」リリース

フランセスカ・ソルヴィルFrancesca SollevillecompilationMes amours/我が愛」リリースFrancesca SollevilleCD2枚組み50曲集録のcompilationMes amours」が2019年1月16日リリースされた。

 

Sollevilleは1932年3月2日Dordogne県、Perigueux生まれの歌手。ソルボンヌで文学を専攻した後、声楽を学び、ラジオ局のコーラスのメンバーに。1958年クラシック歌手としてのキャリアを放棄、ParisRive-Gauche/左岸のキャバレで歌うことを選択。その後Germaine Montero(1909-2000、歌手)の影響を受け、またこの若い歌手の転向を応援したLéo Ferré(1916-1993、ACI)の激励を受け多くのキャバレで歌うように。「L’Ecluse」ではBarbaraBrigitte Fontaineらと出演、「La Contrescarpe」にはSollevilleを聞くためにLouis AragonElsa Trioletが来店、「La Colombe」ではPierre Perretと出演、「Port du Salut」ではPia ColomboMaurice Fanonと出演するなどRive-Gaucheを代表する歌手に。1959年最初のSPレコード「Francesca Solleville chante Aragon et Mac Oran/フランセスカ・ソルヴィル、アラゴンとマッコルランを歌う」(Aragonの詩によるLa rose du premier de l’an/元旦のばら))、Mac Oranの詩による「Le pont du Nord/北の橋」など収録」)をリリースしている。1962年には「Le Tourbillon/つむじ風」(2019年1月の「今月の顔」参照)、「Vingt an/二十歳」(Léo Ferré)などを収録した最初のLPを出している。1964年には「Le Condamné à mort/死刑囚」(Jean Genetの詩にHélène Martinが曲を付けたもの)などを収録した2枚目のLPRécital №2」でACC大賞を受賞。その後もAragon(1976年「Francesca Solleville chante Louis Aragon」をリリース)、Mac OranGenetPaul FortCharles BaudelaireGuiaume Apollinaireらの詩に曲を付けたシャンソンを歌い、また、Allain Leprest(1994年アルバム「Francesca chante Allain Leprest」をリリース)、Jean FerratFerréMartinらのシャンソンを歌い続け、「詩的シャンソンを歌う」歌手として活躍。2001年7月日本(名古屋)公演、2002年1月22日アルバム「En tournée au Japon」をリリース。2017年24枚目のアルバム「Dolce vita」をリリース、5月5日にはParisCafé de la Danseに出演してアルバム収録曲を披露している。「60 ans de luttesde combats et d’amour/60年の闘争、戦闘、愛」との副題がある今回のcompilationMes amours」に収録されているのは:Elle et lui/彼女と彼」、「Mes amours」、「Vingt ans」、「Amsterdam/アムステルダム」、「Le tourbillon」、「Al dente/アル ダンテ」、「Un jour un jour/戦いの日々」、「Nuit et brouillard/夜と霧」、「Potemkine/ポテムキン」、「Est-ce aisi que les hommes vivent/男の生き方」、「Camarade/同志」、「L’affiche roge/赤いポスター」、「Le temps de vivre/生きる時代」、「Le comdamné à mort」、「La vague/波」、「Les instants volés/盗まれた一瞬」、「Robert le diable/ロベール、悪魔」、「Maitenant que la jeunesse/時こそ今は青春」、「L!ami d’un soir/ある夜の友だち」、「On s’ra jamais vieux/決して老いることはない」、「Sous le marronnier du jardin/公園のマロニエの下で」、「Je démènage/私は引っ越す」、「Un homme passe sous la fenêtre et chante窓の下の歌」、「Je chante, excuse-moi/私は歌う、許して」など。

 

Le condamné à morthttps://www.ina.fr/video/I13203977/francesca-solleville-le-condamne-a-mort-video.html

Le tourbillon」 https://www.youtube.com/watch?v=D4I1BiCHJOo

Camarade」 https://www.youtube.com/watch?v=FHUVmk-zp9M

Nuit et brouillardhttps://www.dailymotion.com/video/xfpcah

Je chante, excuse-moi」 https://www.youtube.com/watch?v=7tZSXpKD8LM

 No.1529  2019.2.10   KCN 1529     2019.2.10


ジルベール・ベコーGilbert Bécaud、ベストアルバム「At his BestVol 1、2」リリース 

Gilbert Bécaud(1927-2001 ACI)のベストアルバムが2019年1月9日(Vol 1)及び12日(Vol 2)にリリースされた。

今回のベストアルバムに収録されているのは:
Vol 1」・・「Mes mains」、「Le marchand de ballons/風船売り」、「Je veux te dire adieu/君にさよならを言いたい」「Marianne de ma jeunesse/我が青春のマリアンヌ」、「Les marches de Provence」、「Le pays d’où je viens」、「Le jour où la pluie viendra/雨の降る日」、「Salut les copains/やあ仲間たち」、「C’esr merveilleux l’amour」、「Viens danser/さあ踊ろう」、「Marie, Marie/マリー、マリー」など20曲

Vol 2 」 ・・「Tête des bois/頑固者」、「L’absent/いない人」、「Je te promets」、「Quand l’amour est mort/愛が死んだ時」、「Et maintenant」、「Le bateau blanc/白い船」、「Sur la plus haute coline/一番高い丘で」、「Le judgement/判決」、「Nous, les copains/我々仲間」、「L’entant a l’etoile/星を持つ子供」、「Quand tu danse/君が踊る時」、「Les croix」、「Viens」、「Donne-moi/僕におくれ」など20曲

Les marches de Provence1957https://www.youtube.com/watch?v=ZLt_LT-TYTo

Les croix1966年 https://www.youtube.com/watch?v=vDJuvD3eqhc

Le jour où la pluie viendra1976 https://www.youtube.com/watch?v=_eTYUC_vWTM

Et maintenant1987https://www.youtube.com/watch?v=TW6QiI7hHGA

Mes mains」1988年 https://www.youtube.com/watch?v=TpW-yWeGOmQ

 

Bécaud本名François Gilbert Léopold Silly、は19271024Toulon生まれのACI歳でConservatoire de Niceのピアノ科に入り、パリ解放と同時にパリへ、ピアニストとしてバーやキャバレで演奏。1950年人気歌手Jacques Pillsの伴奏者に。PillsEdith Piafと結婚。Piaf宅でCharles Aznavourと知り合い、Aznavour作詞、Bécaud作曲で「Viens/お出で」、(「Méque, méque/メケ メケ」、「Je t’attends/君を待つ」)、「C’est merveilleux l’amour/愛は素晴らしい」(4曲ともBécaudAznavour両者が録音している)などのヒットを。BécaudPiafに勧められて歌手に。1953年「Mes mains/メ マン:僕の両手」、「Les croix/十字架」を収録した最初のレコードを出している。54年2月5日にはLucienne Delyleの前座でOlympia初出演。この日はミュージックホールとして新生したOlympiaのこけら落としであった。55年2月17日vedetteとしてOlympia初出演。 この公演の際熱狂した若者がホールの一部を破壊、翌日新聞はBécaudに「Monsieur 100Mille Volts/ムッシュー 10万ボルト」の名を。その後「Le pays d'où je viens/はるかなる国から来た男」(56年)、「Les Marchés de Provence/プロヴァンスの市場」(57年)、「Et maintenant/エ マントナン」(61年)、「Nathalie/ナタリー」(64年)、「Quand il est mort le poète/詩人が死んだ時」(65年)、「Seul sur son étoile/一人星の上で」(66年)、「L'important c'est la rose/バラは憧れ」(67年)、「Je reviens te chercher/君を迎えに」(67年)、「C'est en septembre/故郷の9月」(77年)などのヒットを世に出す。

 

1982年SACEMそれまでの功績に対してMedaille d’or/金メダルを贈る。1997年11月70歳の誕生日を改装なったOlympiaのこけら落としで祝う。(Olympiaは95年地域開発のため解体の危機にあったがアーティストたちの抗議、Jacques Langらの支援により改装、存続した)。

1999年生前最後のアルバム『Faut faire avec/一緒にやることが必要』をリリース:「Faut faire avec」、「Les gens delIle/島の人々」、「L’arbre/樹木」、「La fille au tableau/絵の中の少女」など12曲収録。1999年11月33回目、最後のOlympia出演。2000年7月15日スイス Fribourgでの公演が最後のコンサート。

 

2001年12月18日肺癌のため死去、21日Paris Madeleine寺院で葬儀、Père Lachaiseに埋葬。2002年3月遺作アルバム『Je partirai/僕は立ち去る』リリース:「Je parirai」、「Le Cap de Bonne-Espérance/喜望峰」、「Le train d’amour/希望の列車」(Serge Lamaとのデュオ)、「Viens nous aider/我々を助けに来て」など13曲。2011年には後輩の歌手によるトリビュート・アルバム『Bécaud, Et maintenant』がリリースされた:「Alors raconte/さあ話して」(Alain Souchon)、「C’est en septembre」(Julien Clerc)、「Natalie」(Patrick Bruel)、「Et maintenant」(Johhny Hallyday)など15曲収録。1963年日本初公演。その後 1970年、71、72、75、76、78、81、87、89年にも来日公演を行っている

No.1528  2019.1.29
 
KCN 1528   2019.1.29

ミシェル・ルグラン Michel Legrand、死去     
    ※ 記事の最後に載せました ピアノの即興演奏 是非お聞きください。
                                                        






Michel Legrand201926日午前時妻で俳優のMacha Mérilに看取られて死去、享年86歳。重い肺感染症で2週間前からNeuillyのアメリカ病院に入院していた。Legrandは延命治療は行わないよう病院に要請していた由。

Michel Legrand は193224Paris 20区、Menilmontant生まれのピアニスト、作曲家、指揮者、映画監督、脚本家、歌手、俳優、父親Rymond Legrandはオーケストラの指揮者、映画音楽の作曲家。姉は歌手のクリスチャンヌChristiane
パリ国立高等音楽院で学び、20歳で、主席で卒業。在学中よりアレンジャー、伴奏者として活躍。22歳でシャンソンをムード音楽に編曲したLPI love Paris」を出す。ピアニストとしても活動、Miles DavisBill Evansなどと共演したアルバム「Legrand Jazz」(58年)を出している。50年代にはJuliette GrécoMaurice ChevalierHenri Salvadorらの伴奏ピアニストとして活動。60年代から映画音楽の作曲もするようになり、Jacques Demyと組んだ最初が「Lola/ローラ」(60年)、次いで「Les parapluies de Cherboug/シェルブールの雨傘」(64年)、「Les Demoiselles de Rochefort/ロシュフォールの恋人たち」(67年)。更に、Jean-Luc Godard(「Une femme est une femme/女は女である」61年)、Claude Lelouch(「Les uns et les autres/愛と哀しみのボレロ」81年)、Agnes Varda(「Cléo de 5 à 7/5時から7時までのクレオ」(61年、Legrandは俳優としてピアニスト役で出演)、Joséph LoseyEva/エヴァの匂い」(62年)、 DemyPaue d’âne/ロバと王女」(70年)にも協力している。Legrandは3つのオスカーを受賞。即ち:Norman Jewison監督の「L'affaire Thomas Crown/華麗なる賭け」(68年主題曲「The Windmills of your mind」で「Best original song」)、Robert MuliganUn été 42/想い出の夏」(71年「Best original score」)及びBarbara Streisand監督・主演「Yentl/愛のイエントル」(84年「dito」)。 88年にはAnnie Girardot主演の半自伝的映画「Cinq jours en juin/6月の6日間」の脚本と監督。 2000年代に入ってからも:2002年Lelouch監督、Patricia Kaas主演映画「And Now・・・Ladies and Gentlemen」、2009年Eric-Emmanuel Schmitt監督映画「Oscar et la Dame rose/オスカーとマダム・ローズ」、2015年公開Xavier Beauvois監督映画「La rançon de la gloire/栄光の代価」、最後の音楽担当は2017年公開Xavier Beauvois監督の「Les Gardiennes/女たちの戦争:ガーディアンズ」(2017年東京国際映画祭で上映)。映画・TV音楽を200曲以上作曲している。

歌手としては「L'été 42」、「Les moulins de mon cœur/風のささやき」(映画「「L'affaire Thomas Crown」の主題歌のフランス語版)、「La valse des lilas/リラのワルツ」、「Et si demain/そして、もし明日」(Nana Moukouriとのデュオ)などを歌いヒットした。また
2015年1127日にリリースしたアルバムは「Michel Legrand e ses amisミシェル・ルグランとその友人たち」にはLegrandの作曲による13曲を、現在のシャンソンフランセーズを代表する若手及びヴェテラン歌手などがLegrand指揮のオーケストラ、あるいはLegrandのピアノ伴奏で、歌っていて、それらは、「La valse des lilas」(Hélène Ségara)、「Les moulins de mon cœur」(Charles Aznavour)、「Et si demain」(Mario Pelchat)、「Un parfum de fin du monde/世界の終わりの香り」(Vincent Niclo)、「Alcatraz/アルカトラーズ」(Thomas Dutronc)など。

Legrand
71年世界音楽祭で初来日以来度々来日、2007年には生誕75周年記念ジャパンツアーを行い、2018年7月には日仏交流160周年記念行事の一つとして来日公演を行っている。2015年12月L égion d’honneur Commandeur勲章受章。

死去に立ち会った女優Macha Mérilとは1964年に知り合い2014年、Legrand82歳で正式に結婚。知り合ってから結婚まで50年を要したのは、2人とも他の配偶者と結婚していて、その解消のために長い時間が必要だったためだと言われている。

各界からの哀悼の辞

Emmanuel Macron大統領:彼の独特なメロディーは我々の脳裏に焼き付いているし、街中で口ずさまれていて、我々の人生の主題歌のようだ。今日では時代を象徴するメロディーになっている・・

François Hollande 前大統領:彼と共に偉大な作曲家が世を去った。彼はすべての音楽を愛し、音楽も彼を愛していた。彼はその才能によって世界中の人々を魅了した。今日RochefortからCherbourgまでフランスが喪に服している・・

Vladimir Cosma 作曲家:彼はアレンジに高尚さをもたらした。その点ではアメリカ人のアレンジャーよりも数段進んでいた・・

Costa-Gavras映画監督:彼はジャズマン。ジャズと共に新しい音を持ち込んできた。Legrand以降、音楽家と映画監督との共同作業はそれまでとは違うものになった・・

Vincent Niclo歌手:あなたの側で私は多くのことを学んだ。あなたのピアノ伴奏でリハーサルを行った数時間は私にとって夢のような時間だった。あなたのお陰で「Ces moulins dans nos cœurs/私たちの心の中のこの風車」はいつまでも回り続けることでしょう・・

Thomas Dutronc ACIStingStreisandSinatraなど偉大な歌手が歌った彼の曲は、これからも長い間我々を感動させることだろう・・

Hélène Ségara 歌手:あなたと知り合ってから20年、本当に素晴らしい時間だった。あなたが私に示してくれた才能と優しさに感謝します・・

Michele Laroque 俳優:偉大な作曲家Michel Legrandに敬意を捧げます。不滅の名曲をありがとうございます。私たちは映画「Doggy Bag」(1999年公開 Frederic Comtet監督映画)の中で一緒にラップしましたね・・

Tony Bennett 歌手:彼は私にとって宝物のような曲「How Do You Keep The Music Playing」を作ってくれた。彼の音楽はこれからも生き続けるし我々はそれを歌い続けるだろう。彼は優れた作曲家であり、素晴らしい人間だった。彼がいなくなって寂しくなるだろう・・

<葬儀
 葬儀は2月1日午前ロシア正教会Cathédrale Saint-Alexandre-NevbkyParis 8区)で行われ、
 遺体はPère-Lschaiseに埋葬される。

 Les moulins de mon cœur 1976年https://www.youtube.com/watch?v=fy5jsvF7H3E

Michel Legrand en six musiques de film /ミシェル・ルグラン、6本の映画音楽
Lora」→「Cléo de 5 à 7Les parapluies de Cherboug」→Les Demoiselles de RochefortL'affaire Thomas Crown」→Peau d’âne」 https://www.youtube.com/watch?v=DK81gpf64iI

Les moulins de mon cœur」ピアノ演奏 2012年 https://www.youtube.com/watch?v=csTe1e3WZvQ

ピアノの即興演奏 2017年https://www.youtube.com/results?search_query=michel+legrand+piano&sp=mAEB

 
No.1527  2019.1.25 

KCN 1527   2019.1.25

最近の話題  3題           


1. Jonny Hallydayの息子 ダヴィッド・アリディDavid Hallydayのアルバム、
J’ai quelque chose à vous dire/あなた言いたいことがある」評判に

David Hallydayが2018年12月7日にリリースしたアルバム「J’ai quelque chose à vous dire」が好評で、リリースの週アルバム売り上げチャートでは、Johhny Hallydayの「Mon pays c’est l’amour」、Sopranoの「Phoenix」に次いで3位。

 David Hallydayは1966年8月14日Paris 郊外Boulogne-Billancourt生まれ、ACI、ミュージシャン、レーシングドライバー。父親はJohnny Hallyday(1943-2017)、母親はSylvie Vartan(1944-)。両親は1965年に結婚、81年離婚。両親の離婚後Davidは母親とともにLos Angelesに居住、同地で高校の同級生とグループをつくり音楽活動も始めた。1986年には母親Vartanのために「Virage/カーブ」などの作曲を行っている。88年にはファーストアルバム「True Cool」をリリース。その中に収録されシングルカットされた「Higt」は5週間フランスのシングルチャートの1位に。99年にリリースしたアルバム「Un paradisUn enfer/天国/地獄」は30万枚以上の売り上げになり、その中に収録されシングルカットされた「Tu ne m’a pas laissé le temps/あなたは僕に時間を残してくれなかった」(母方の祖父を歌ったもの)は100万枚以上の売り上げで、SACEMVincenr Scotto賞(楽曲賞)を受賞し、Davidは2000年にはNRJ音楽賞でフランス語圏男性歌手賞を受賞。また、1999年9月にリリースされた父Johnnyのアルバム「Sang pour sang/サン プール サン」では収録された12曲全曲の作曲を行っている。アルバムは大ヒットで250万枚以上の売り上げと言われ、VdMでアルバム賞を受賞した。

 今回のアルバム「J’ai quelque chose à vous dire」はDavid13枚目のアルバム。それが話題になっている一つの理由は2018年11月12日NRJ音楽賞授賞式で、Johnny追悼のためDavidがこのアルバムに収録された「Ma dernière letrre/私の最後の手紙」を歌いTV視聴者に感銘を与えたこと(1522参照)。他の理由としてはリリースの日が父親Johhnyの没後1年目に当たったことがある。Jonny没後、その最期や遺産を巡って、様々は情報が入り乱れている。例えばJohnny死亡時の妻Laeticia Johhnyの2人の子(DavidLaura Smet<1983-母親はNathalie BayeSmetHallydayの本名>)がJohnnyの最期に立ち会うことを許さなかった。遺産に関しては、DavidLauraには相続されなかったと報道され、二人とLaeticiaとの間で相続を関して係争中であることが喧伝されている。そのような時期にあって、このアルバムに収められた曲の中にはDavidの父親への追憶の気持ちばかりではなく、継母Laeticiaに対する不満(あるいは攻撃)を暗示するものがある。Davidは父親の死後かなり早い時期から(2018年2月からとの報道がある)曲作りを始めている。「私は悲しみから早く立ち直る必要があった。このアルバムの収められた曲は服喪の気持ちからのものでもあり、自分の立場を守るための救命ブイでもある」。収録されているのは11曲、詩はLionel FlorenceAmo Santasmariaらに提供され、作曲は全曲David自身。11曲は:「J’ai quelque chose à vous dire」、「Ma dernière letrre」(2018年11月12日にシングルで先行リリースされている)、「A toi je pardonne/私はあなたを許す」、「Le nerf de la guerre/軍資金」、「En vie/生きている」、「Seul au monde/世界で一人」、「Eternel/永遠の」、「Mauvais choix/悪い選択」、「Jamis dire jamais/決してとは決して言わない:あきらめてはだめ」、「My reflexion」など。

Sang pour sang」2013年6月15日 Bercyで https://www.youtube.com/watch?v=1KPZQVM2_Sc

Eternel」(clip officiel) https://www.youtube.com/watch?v=DvzFH6rRefY

・・私はあなたの涙の中に清純な気持ちが流れているのを見た。しかし、黒いヴェールの下に隠されたあなたの気持ちがどうなのか私は推し量りかねている。あなたは私が彼の傷ついた体に手を置くことを許さなかった。あなたはすべてを壊すことができる、すべてを消すことができる。しかし愛し合っていた者たちを抹殺するために天を切り裂く必要があるはずだ。愛は永遠だから、愛は永遠だから・・


2.
ジャン=ジャック・ゴールドマンJean-Jacques Goldman、「フランス人が好きな人物」1位

2018年11月に行われた「好きなアーティスト」アンケート(1524)で1位になったJean-Jacques Goldman、2019年1月2日に発表された「好きな人物」アンケートでも1位に。この「好きな人物」アンケートは2018年12月6日~10日にかけて、各界を代表する人物として予めノミネートされた50人につき、年齢、性別、職業などから割当標本抽出で選ばれた15歳以上の1004人を対象に、「あなたが今日のフランスで重要だと思われる人物、あるいは好きな人物10人を選んで下さい」と質問する方法で行われた。その結果上位3人は、1位は35.3%が選んだGoldman、第2位は俳優のOmar Sy(32.5%)、3位は俳優のDany Boon(25.7%)。今回のアンケートにノミネートされた歌手では:Soprano(10位)、Michel Sardou(13位)、Renaud(19位)、Francis Cabrel(21位)、Patrick Bruel(27位)、Florent Pagny(30位)、Louane(32位)、Alain Souchon(34位)、Mylene Farmer(39位)、Zazie(45位)、Nolwenn Leroy(46位)、Line Renaud(47位)。Goldmanは2017年12月のアンケートでも1位、それ以前にも2013年から2015年まで1位、2016年には2位だった。

Goldman1951Paris生まれのACI、音楽プロデューサー。グループ活動後79年からソロ。81年の「Il suffira d’un signe/一つの兆候で十分」、82年「Quand la musique est bonne/音楽が良ければ」、84年「Envole-moi/僕を飛び立たせて」などが大ヒット。86年VdMで男性歌手賞。 プロデューサーとしては、ほぼ全曲作詞作曲したCéine Dionの95年アルバム「D’eux/彼らについて」は、フランス国内で440万枚売り上げるなど、フランス語で歌われたアルバムの歴代最多売上げだと言われている。2001年11月、現在までのところ最新となるアルバム「Chansons pour les pieds/足(ダンス)のためのシャンソン」をリリース。同年10月に再婚した夫人との間の3人の女児との生活を大事にしたいと2004年無期限の活動休止を宣言、夫人の出身地Marseilleに転居、さらに2017年からはロンドンに移住。特別の場合(2017年までディレクターをつとめていたLes Enfoirésのコンサート及びいくつかの慈善コンサート)を除きステージに立つことはない。ただし、作詞作曲は続けていて、活動休止を宣言後も多くの歌手にヒット曲を提供している。

そのGoldmanは2018年4月、Les Enfoirésを立ち上げたColucheの未亡人Véroniqueの葬儀に参列。さらに全く思わぬ形で、突然姿を現した。Patrick Fiori(1969-ACI)は2017年9月29日アルバム「Promesse/約束」をリリース。その中に収録されていた「Les gens qu’on aime/愛する人々」(JJ Goldman 作詞/作曲)を2018年8月28日シングルカットしてリリース。Goldmanは2018年12月から視聴可能なそのclip officielに一瞬顔を見せている。(Goldmanに関してはこの程度のことでもニュースになるんですねー)。

Envole-moi」 clip officiel https://www.youtube.com/watch?v=oltptNDHocw

Tournent les violons」アルバム「Chanson pour pieds」から2002年 https://www.dailymotion.com/video/x18nya

Les gens qu’on aimePatrick FioriGoldmanの登場は0.57から0.59まで)
https://www.youtube.com/watch?v=DFsCU8ckap4

 3.La même/同じこと」(Maître Gims Vianneyのデュオ)、2018年にラジオで最も流された曲

民間の調査機関「Yacast」によると「La même」(作詞Vianney & Maître Gims/作曲Renaud RebillaudVianney & Maître Gims/歌 Vianney & Maître Gims)が2018年フランスの全ラジオ局から最も頻繁に流された曲になった。2位はTom Walkerの「Leave a Light On」、3位はDavid Guette & Siaによる「Flames」。

La même」はMaître Gimsのアルバム「La ceinture noire/黒帯」(2018年3月23日リリース、50万枚以上の売り上げでdiamant disque)に収録、2018年3月9日には先行シングルリリースされている、リリースから4ヶ月でSNEPdiamant disqueと認定されている。

・・Maître Gimsアーバンミュージックの新しい旗手と呼ばれている。本名Gandhi Djuna、1986年コンゴ民主共和国Kinshasa生まれのラップ系ACI。一家は1988年フランスへ。2002年友人らとラップグループSexion ‘Assautwo結成。このグループは2013年NRJ音楽賞でグループ賞を、また「Avant qu’elle parte/彼女が出発する前に」でシャンソン賞を受賞。12年からソロ活動、13年5月最初のソロアルバム「Subliminal」をリリース、50万枚以上の売上げでdisque de diamant/ダイヤモンドディスク。13年5月31日ソロでOlympiaに初出演、11月の「Fête de la chanson française」でParis Match誌新人賞を受賞。2015年8月リリースのMon cœur avait raison僕のハートは正しかった」はCD2枚組。そこの収録された「Sapés comme jamais/今まで以上にめかし込んで」により、2016年VdMでラップとしては初めてオリジナルシャンソン賞の受賞。「La ceinture noire」は3枚目のアルバム。

・・Vianney本名Vianney Bureau1991Pau生まれのACI。2014年10月20日ファァーストアルバム「Idées blanches/実効のない考え」をリリース(2017年9月「君へのラヴソング/Idées blanches」のタイトルで日本発売)。2015年SACEMFrancis Lemarque賞(最優秀新人賞)及びRFM―ParisMatch作詞家大賞新人賞を受賞。2016年のVdMで男性歌手賞を受賞している。 2016年8月にリリースされたCêline Dionのアルバム「Encore un soir」には「Ma force/私の力」を作詞・作曲して提供している。2016年11月25日リリースしたセカンドアルバム「Vianney」に収録された「Je m’en vais/僕は立ち去る」は2017年VdMでシャンソン賞を受賞している。2017年9月来日渋谷Clesea Hotelでコンサート。

Yacastによれば「La même」は2018年中に合計で75000回ラジオから流された。特にSkylockM.Radioはそれぞれ900回以上流している。

この調査でフランスの曲が1位になったのは実に15年振りで。前回は2002年の「Tu trouveras/あなたには分かるだろう」(歌Natasha St-Pier & Pascal Obispoのデュオ)

La même」 2018.11.10 NRJ音楽賞授賞式で 
https://www.youtube.com/watch?v=OLy-X6wKT2U

Tu trouveras」2003.6.19 Fête de la musiquehttps://www.youtube.com/watch?v=GBCCMjDglPM

 
 .1526  2019.1.   No.1526    2019.1.


ルノーRenaud2018SACEM大賞特別賞受賞

Grands Prix SACEM 2018/2018SACEM大賞」の授賞式が昨年12月10日Salle Pleylで行われ、Renaudが「Prix spécial de la SACEMSACEM特別賞」を授賞した。SACEMSociété des auteurs, compositeurs et éditeurs de musique作詞家、作曲家、楽譜出版者協会1851年に設立された、音楽関係の著作権の管理などを行う協会。大賞受賞者は作詞家、作曲家、楽譜出版者20人からなるSACEM理事会によって選ばれる。Prix spécial de la SACEM」はACI、作詞家、作曲家を対象に長年の功績に対して授与される。最近ではSerge Lama (2013年)、Johnny Hallyday

(2014年)、Véronique Sanson(2015年)、Michel Jonasz(2017年)、Salvatore Adamo(2018年)が受賞している。

 

Renaud、本名Renaud Séchan、1952年パリ14区生まれのACI。16歳の誕生日を68年のいわゆる「5月革命」のバリケードの中で迎えた頃から曲を作り始め、75年最初のアルバム「Amoureux de Paname/パナム(パリ)の恋人」は38万枚の売上げ。 77年「Laisse béton/ほっとけ:laisse tomberの逆さ言葉」などを収めた同タイトルのアルバムは55万枚。83年「Morgane de toi/モルガン ド トワ」150万枚の売り上げ。85年「Mistral agnant/ミストラル ガニャン」などを収めた同タイトルのアルバムは200万枚以上。この頃からトレードマークの赤いバンダナを首の周りに巻いた反逆歌手と言われるように。91年のアルバム「Marchand de cailloux/砂売り」(65万枚)でACC大賞。Georges Brassensを尊敬し、師と仰ぎ96年には「Renaud chante Brassens/ルノー、ブラッサンスを歌う」(30万枚)を出している。しかし、50歳になる前から数年間パリのビストロでアニス酒浸りになりながら孤独な生活を送っていた。回復し、シャンソンに戻り、2002年8年振りのアルバム「Boucan d'enfer/地獄の大騒音」をリリース、220万枚の売上げ。これによって翌年03年のVdMでアルバム賞、男性歌手賞及びその中に収められていたAxelle Redとのデユオ「Manhattan-Kaboul/マンハッタン=カブール」でオリジナルシャンソン賞の3賞を獲得した。04年にはAcadémie FrançaiseGrande Médaille受賞。06年アルバム「Rouge sang/赤い血」(「Les Bobos/ボボたち:bourgeoisbohèmeの人たち」、「Malone」などを収録70万枚)。09年アルバム「Molly Malone-Balade irlandaise/モリー・マロン=アイルランドのバラード」をリリース、20万枚以上の売上げ。その後11年に離婚したことなどもあり「インスピレーションが枯渇した」と活動を休止していたが、12年CD18枚組の「Intégrale/全集」がリリースされ、13年には「Arts et Lettres/芸術・文学」勲章Commandeur章を受けている。14年には後輩の歌手たちがRenaudのヒット曲をカバーしたアルバム「Bande à Renaud/ルノー軍団 Vol 1Vol 2」をリリース。16年には最新で16枚目のスタジオ録音アルバム「Renaud」をリリース。「Les mots/言葉たち」などを収録したこのアルバムはdisque de diamant(50万枚以上の売り上げ)。Renaudフランスでは人気が高く、06年にはPetit Larousse辞典人名欄には記載があり、「好きな歌手」のアンケートでは常に上位。また1985年に出した「Mistral gagnant」は「好きなシャンソン」の上位(前項参照)。 

Renaudに特別賞を授与したのはDavid Séchan.DavidRenaudと双子の兄(弟)で、楽譜出版者の代表としてSACEMの理事を務めている。2018年9月からアルコール依存症の治療を受けていて体力が弱っていたRenaudは極短い感謝の挨拶だけで歌を披露することはなかった。Renaudに代わってVincent Dedienne(1987-俳優)とAlex Beaupain(1974-ACI)が「Les mots」を歌った。Renaudは今後Dave(1944年Amsterdam生まれ、1960年代末からフランスで活躍している歌手)が2019年春リリース予定している新しいアルバムのプロデュースを担当することになっている。

Renaud 授賞式でhttps://www.youtube.com/watch?v=4-dOTAA22XQ

Laisse beton1978https://www.youtube.com/watch?v=gbD_x34hKWs

Manhattan-Kaboul2003年 https://www.youtube.com/watch?v=YH1CfGlOfrc

Les mots」2016年https://www.youtube.com/watch?v=PJmyIpCB-Ro

 

2018年のRenaua以外の主な受賞者は次の通り

Prix Rolf MarbotRolf Marbot楽曲賞: Orelsanの「Basique」 

Prix Francis LemarqueFrancis Lemarque新人賞: Angèleアンジェル

Grand Prix de la chanson française (créateur)/シャンソンフランセーズ大賞(クリエーター):Pierre-Dominique Burgaud

Grand Prixde la chanson françaiseCréateur-interprète)/シャンソンフランセーズ大賞(クリエーター・歌手):Nicolas Sirkis(グループIndochineのリーダー) 

Grand Prix des musiques urbaines/アーバンミュージック大賞:MC Solaar 

 No.1525 2019.1.1   

No. 1525    2019.1.

フランス人が好きなシャンソン  フランス人が好きなアーテイスト 発表        

世論調査機関「YouGov」が行った「Les chansons préférées des Français/フランス人の好きなシャンソン」アンケートで「Ne me quite pas」が1位になった。アンケートは2018年11月12、13日、18歳以上の1004人を対象に「あなたの好きな曲を10曲まであげて下さい」と言う方式で行われた。その結果が100位まで発表された。上位20曲は次の通り。

1.「Ne me quite pas/行かないで」(1959年 Jacques Brel)10%

2.「Mistral gagnant/ミストラル ガニャン」(1985年 Renaud)8.9%

3.「Non,je ne regrette rien/水に流して」(1960年Edith Piaf)7.4%

4.「L’aigle noir/黒いワシ」(1970年Barbara)7%

5.「Je te promets/君に約束する」(1987年Johnny Hallyday)6.3%

6.「Papaoutai/パパウテ(お父さん、あなたはどこに)」(2013年Stromae)6.2%

7.「Mon vieux/モン ヴユ―」(1974年Daniel Guichard)5.9%

8.「Formidable/素晴らしい」(2013年Stromae)5.6%

9.「La montagne/ふるさとの山」(1964年Jean Ferrat)5.6%

10.「L’Hymne à l’amour/愛の賛歌」(1950年 Piaf)5.4%

以下20位までは得票率5%で「Le Sud/南フランス」(1975年 Nino Ferrer)、「Mon fils ma bataille/我が息子、我が戦い」(1980年Daniel Balavoine)、「Tous les cris les SOS/すべての叫び、SOS」(1985年Balavoine)、「Marie/マリー」(2002年Hallyday)、「J’ai demandé à la lune/月に願った」(2002年Indochine)、「Savoir aimer/愛する術」(1997年Florent Pagny)、「Amsterdam/アムステルダム」(1964年 Brel)、「La vie en rose/バラ色の人生」(1945年Piaf)、「Alors on danse/さあ 踊ろう」(2009年Stromae)、「Le déserteur/脱走兵」(1954年Boris Vian

アンケートの結果は年齢によって大きな差が見られた。すなわち18-24歳までの対象者では:1位にBigflo & Oliの「Dommage/残念なこと」(総合順位では52位)、2位に「Papaoutai」、3位にKyoの「Le chemin/道」(総合順位では80位)。25~55歳では:1位に「Mistral gagnant」、2位に「Formidable」、3位に「Papaoutai」。55歳以上では:1位「Ne me quite pas」、2位「Non,je ne regrette rien」、3位「La montagne」であった。また男女間でも差があり、男性では「La montagne」、「Mon vieux」、「Le Sud」、「Amsterdam」、「Emmenez-moi/世界の果てまで」(1967年 Charles Aznavour 総合順位25位)が上位。女性では「Je m’en vais/僕は行ってしまう」(2016年 Vianney総合順位38位)、「Ecris l’histoire/物語を書いて下さい」(2005年Grégory Lemarchal 総合順位21位)、「Je te promets」、「Pour que tu m’aimes encore/あなたがまだ私を愛してくれるように」(1995年 Céline Dion 総合順位24位)が上位を占めた。

1.「Ne me quite pas/行かないで」 https://www.youtube.com/watch?v=0k63grkip5I

2.「Mistral gagnant/ミストラル ガニャン」1986年 https://www.youtube.com/watch?v=gAjzHp5jzjg

3.Non,je ne regrette rien水に流して」https://www.youtube.com/watch?v=JKPvx38D4GM

4.L’aigle noir黒いワシ」1987年 https://www.youtube.com/watch?v=rtkb2gwj-xA

5.Je te promets君に約束する」https://www.youtube.com/watch?v=VDCkDyaZhMI

6.Papaoutaiパパウテお父さん、あなたはどこにhttps://www.youtube.com/watch?v=XSO1EvDdadY

7.Mon vieuxモン ヴユ」 https://www.youtube.com/watch?v=QfX0WNjnmmk

8.Formidable素晴らしい」 https://www.youtube.com/watch?v=S_xH7noaqTA

9.La montagneふるさとの山」 https://www.youtube.com/watch?v=cR1HNrjKwYg

10.L’Hymne à l’amour愛の賛歌」https://www.youtube.com/watch?v=zDWzVLRSPSI

 

また同時に「好きなアーティスト」アンケートも行われた。これは「あなたの好きなアーティストを3人まであげて下さい」という方式で行われた。その結果上位20人は:

1.Jean-Jacques Goldman 15.6%

2. Stromae 7.1%

3. Telephone 6.6%

4. Francis Cabrel 6.3%

5. Eddy Mitchell 6.3%

6. Renaud 6.2%

7. Indochine 6%

8. Céline Dion 5.9%

9. Michel Sardou 5.6%

10.Maître Gims 5.4%

以下11Florent Pagny12位 Soprano13位 Mylène Farmer14位 Patrick Bruel15Calogero16Vianney

17位 Alain Souchon18David Guetta、 19Kendji Girc20Bigflo & Oli

 

なお「好きなシャンソン」のアンケートでは過去には次のような結果もある。 

・2015年5月・・世論調査機関BVAの1028人のアンケートでは

1位「Mistral gagnant」、2位「Ne me quite pas」、3位「L’aigle noir」、4位「Les Lacs du Connemara/コネマラの湖」(1981年Michel Sardou)、5位「Là-bas/あちらで」(1987年 Jean-Jacques Goldman)、6位「La montagne」、7位「Je te donne/君にあげる」(1985年Goldman)、8位「Petite Marie/可愛いマリー」(1977年Francis Cabrel)、9位「L’Hymne à l’amour」、10位「Comme toi/君のように」(1982年Goldman

No.1524  2018.12. 29

No.1524  2018. 12 .29 

引き続き、11月の新譜情報お届けします。

 以下8人の歌手の新譜です。

1.ノルウェン・ルロワNolwenn Leroy、「Folk/フォークソング」

2.パトリック・ブリュエルPatrick BruelCe soir on sort今夜外出しよう
3.ミレイユ・マテューMireille Mathieu、「Mes classiques/私のクラシック」

4.ザーズZaz、「Effet miroir/鏡効果」

5.ヴァネッサ・パラディVanessa Paradis、「Les sources/泉」

6.ヴェロニク・サンソンVéronique Sanson、「Duovolatils/揮発性のデュオ」

7.ビッグフロ エ オリ Bigflo & Oli 、「La vie de rêve/夢の人生」

8.ミシェル・ポルナレフ Michel Polnareff、「Enfin !/とうとう!」

 

 



1.ノルウェン・ルロワNolwenn Leroy、「Folk/フォークソング」

Nolwenn Leroyが2018年11月2日にリリースした新しいアルバムは「Folk」。Leroyは1982Bretagne地方Brest近郊生まれのACI。TVTF1のスター誕生番組Star Academy回優勝者。Pascal Obispoらの協力を得た2003年のファーストアルバム「Nolwenn」をリリース。2010年の4枚目のアルバム「Bretonne/ブルターニュ女性」ブルターニュ地方の伝統的な曲、スタンダード曲あるいはケルト文化が生んだ名曲である「Tri MartolodTrois marins/3人の水夫」、「La jument de Michao/ミチャオの雌馬」などをカバーして、120万枚以上の売上げ。 2012年10月にMusée Grévin入り。2015年11月27日には、11月13日のParis同時テロの犠牲者の政府主催追悼式でCamelia JordanaYaël NaïmJacques Brelの「Quand on n’a que l’amour」を歌っている。2017年7月には、2008年からのパートナーで、テニスプレイヤーArnaud Clément(1977- 2001年全豪シングルス準優勝、2007年全英ダブルス優勝)との間に男児が誕生している。今回の7枚目のアルバムFolk」は主として70年代にフランスでヒットした曲のカバーアルバムで、ある年代以上のファンにはノスタルジーを呼び起こす「madeleine de Proust/プルーストのマドレーヌ」だろう。録音はParisStudios Ferberで、live形式で行われた。収録されているのは13曲(原曲を歌っている歌手):Je ne peux plus dire que je t’aime/もう君を愛しているとは言えない」(Jacques Hirelin)、「Sor far away from LANicolas Peyrac、「Diabolo menthe/ハッカ入りレモネードYves Simon、「Suzanne(Leonard Cohen )Virages/カーブYves Deteil、「Ma petite fille de rêve/夢の少女Jean-Michel Caradec、「Je t’aimais, je t’aime, je t’aimerai/君を愛していた、愛している、愛するだろうFrancis Cabrel、「La Rua MadureiraNino Ferrer、「Jolie Louise/可愛いルイーズDaniel Lanois、「Sacré géranium/素晴らしいゼラニウム」(Dick AnnegarnAnnegarnとのデュオ)など。

Quand on n’a que l’amour https://www.youtube.com/watch?v=4_wgg6pcCVQ

Diabolo mentheLolwenn Leroy https://www.youtube.com/watch?v=e2ZaMhhfpcg

Diabolo mentheYves Simon 1978 https://www.youtube.com/watch?v=2tZJh8fuggw

Leroyは11月29日にツアーを開始、3月26、27日ParisTrianonに出演。

 

2.パトリック・ブリュエルPatrick BruelCe soir on sort/今夜外出しよう

Patrick Bruel201811日にリリースした新しいアルバムは「Ce soir on sort」。Bruelは1959年5月 アルジェリア Tlemcen生まれ ACI、俳優。1962年フランスへ。80年代以降映画・TV俳優、舞台俳優として活躍、50本以上の映画に出演している。1983年シングル「Marre de cette nana-là/あの女の子にはうんざり」が20万枚以上の売上げのヒット、歌手としてキャリアが本格的に始まる。87年5月Olympiaに初出演。89年10月セカンドアルバム「Alors regarde/さあ、ご覧」は「Casser la voix/声をつぶす」などを収録300万枚売り上げで、92年VdM男性歌手賞受賞。2002年にはCD2枚組みコンピレーション「Entre deux/2つの間」をリリース。これには主に第次世界大戦(1914-18と第次世界大戦(1939-45の間のヒットをBruel自身のソロ、Charles AznavourJohnny Hallydayなどなど都合12人とのデュオ、トリオで歌った24曲が収録されていて200万枚以上の売り上げ。BruelLes Enfoirésには1993年から連続して22回出演、主宰者であるJean-Jacques Goldmanに次ぐ出演回数。

 

 今回のアルバム収録曲の15曲の大半は自身の作詞・作曲による曲だが、Bruelは作詞・作曲・プロデュースで、Vianney(若手ACI)、Pierre LapointeQuebec出身のACI)、Michaël Fumon(グループMichy 3dのリーダー)、Félix Gray(ヴェテランACI)らの協力を得ている。15曲は:「Tout recommencer/すべては再び始まる」(FumonBruel作詞、Fumon作曲)、「Rue Mouffetard/ムフタール通り」(Vianney作詞・作曲)、「On partira/出て行くだろう」(dito)、「Arrête de sourire/笑うのをやめて」(Lapointe作詞・作曲)、「L’amour est fantôme/愛は幽霊」(dito)、「Pas eu le temps/時間がなかった」(Gray作詞・作曲)、「Ce soir on sort」(Bruel作詞、Gérard Presgurvic作曲)、「J’ai croise ton fils/君の息子に出会った」(Bruel作詞・作曲 離婚した父親の息子に対する思い)、「Je suis fait pour elle/僕は彼女のために作られた」(dito)など。

Casser la voix」 1990年https://www.youtube.com/watch?v=mQah5RJe0Sw

Pas eu le tempshttps://www.youtube.com/watch?v=_D30WATM6vc

 

3.ミレイユ・マテューMireille Mathieu、「Mes classiques/私のクラシック」

Mireille Mathieuが2018年11月9にリリースした新しいアルバムは「Mes classiques」。Demoiselle d’Avignonアヴィニョンのお嬢」と呼ばれているMathieu194622Avignon生まれの歌手。1964年6月28日Avignon市主催の歌謡コンクールで「La vie en rose」を歌って優勝。1965年11月21日TVの「Le Jeu de la chance/チャンスに賭ける」に出場、フランス中に名が知られる。1965年12月にはSacha Distelの前座で、1966年9月にはvedetteとしてOlympiaに出演、1966年、最初のSPレコード(A面に「Mon Crédo/私の信条」収録)、最初のLPEn direct de l’Olympia/オランピアからダイレクトで」 (タイトルとは異なり完全なスタジオ録音アルバムで「Mon crédo」、「Un homme une femme/男と女」、「Qu’elle est belle/何と彼女は美しい」など12曲収録)を出している。そして現在まで、1200曲以上を12カ国語で録音。フランスだけではなく、ドイツ、スペインなどでリリースされたものも含めスタジオ録音アルバム73枚、liveアルバム7枚、compilation(今回のものを含め)50枚、シングル120枚をリリース、売上げ枚数はアルバム1億3000万枚、シングル5500万枚と言われている。1971年TV出演のため初来日。その後74年、76年、78年に来日公演を行っている。13年振りとなる今回のアルバム「Mes classiques」はブラームス、フォーレ、シューベルト、オッフェンバッパ、モーツアルト、ヴェルディ、ハイドン、フランクなどの曲にClaude Lemesleがフランス語の歌詞を付けた曲など18曲を7カ国語(仏、英、独、西、伊、露、ラテン)で歌っている。「母はクラシック音楽が好きでよく聞いていた。父はオペラファンでテノール。家でよくオペラのアリアを歌っていた。それらを聞いて私は育った。だからこんなアルバムを作ってみたかった」。90人編成のプラハ交響楽団をバックにチェコで録音された。18曲は「Le premier regard d’amour/愛の最初の眼差し」(原曲はチャイコフスキーのピアノコンツエルト第1番)、「Après un rêve/夢の後で」、「Ave Maria」(シューベルトの)、「La chanson d’Espagne/スペインの歌」、「Barcarole/舟歌」、「Comme une larme/一粒の涙のように」、「Dank sei dir Herr/主よ、あなたに感謝します」(ヘンデル)、「Panis Angelicus/天使の糧」(フランク)、「Romance de Maître Pathelin/パトラン先生のロマンス」(Tino RossiNana Moukouriらも歌っている)、「Meine RoseLetzte Rose)」(「The Last Rose of Summer」のドイツ語)、「Lascia ch‘io pianga/私を泣かせて下さい」(ヘンデルの歌劇「リナルド」から)、「Le premier regarde d’amour」(ロシア語)、「La valse des regrets/悔恨のワルツ」(ブラームス、オーバス39、№15)、「Voi che sapete/恋とはどんなものかしら」(モーツアルト、「フィガロの結婚」から)、「Amazing Grace」など

Mon crédo1966年 https://www.youtube.com/watch?v=MBm8zTRHsRM

Le premier regard d’amourhttps://www.youtube.com/watch?v=sT2VMxE-N_M

2019年3月からロシア、ウクライナ、レバノンを回るツアーを予定。フランス国内での公演については未定。

 

4.ザーズZaz、「Effet miroir/鏡効果」

Zazが2018年11月16日にリリースした新しいアルバムは「Effet miroir」。Zaz1980年5月1日Tours生まれのACI。地元の音楽学校でヴァイオリン、ギター、ピアノなどを学んだ後、94年から住んでいたBordeauでブルースグループ、ラテン・ロックグループに加わる。06年Parisに、ピアノバーやMontmartreの路上で歌う。特にSaint-Michelの「Aux 3 Maillets」では毎夜マイクなしで夜11時から朝5時まで歌っていた。09年1月新人発掘コンテストで優勝。09年夏にはFuji Rock Festivalに出演。10年5月10日ファーストアルバム「Zaz」、シングルカット「Je veux/私の欲しいもの」をリリース。アルバムは100万枚以上の売上げ。「Je veux」は11年3月VdMでオリジナルシャンソン賞を受賞。11年4月5、6日にはOlympiaに初出演している。Zazの強みはフランス国外での売上げが多いことでファーストアルバムは54カ国でリリースされ、また、セカンドアルバム「Recto Verso」は国外でも国内とほぼ同数の売り上げと言われている。4枚目のスタジオ録音アルバム「Effet moroir」には15曲収録:「Demain c’est toi/明日はあなたの番」、「Qué vendrá」(タイトルはスペイン語、歌詞はスペイン語のルフラン部分を除きフランス語)、「On s’en remet jamais/決して回復しない」、「Je t’aime, je t’aime/あなたを愛している、愛している」、「Mes souvenirs de toi/あなたの思い出」、「Toute ma vie/一生」、「Je parle/私は話す」、「Ma valise/私の旅行鞄」、「Si c’était à refaire/やり直すべきだったのなら」、「Plume/筆」、「Nos vies/私たちの人生」、「Saint-Valentin/セント・ヴァレンタイン」など。

Je veux2011年 https://www.youtube.com/watch?v=_Q3cF6ai--w

Demain c’est toihttps://www.youtube.com/watch?v=9g-6y1yWlPA

Zaz2019月からワールドツアー、22ParisAccorHotels Arenaに出演

 

5.ヴァネッサ・パラディVanessa Paradis、「Les sources/泉」

Vanessa Paradisが2018年11月16日にリリースした新しいアルバムは「Les sources」。Paradis19721222日パリの南の郊外Saint-Maur-des-Fossés生まれの歌手作詞、作曲も・俳優。10歳で最初のレコードを出し、14歳で出した「Joe le taxi/タクシー運転手ジョー:夢みるジョー」は世界中で300万枚以上売上げた。90年にはJan-Claude Brisseau監督の映画「Noce Blanche/白い婚礼」に出演しPrix Romy Schneiderロミー・シュナイダー賞とCésarの新人女優賞を受賞するなど、女優としても活躍。 Mの全面的な協力を得て07年9月3日リリースしたアルバム「Divinidylle/神々しき純愛は60万枚以上売り上げたと言われる。これにより08年のVdMで女性歌手賞とアルバム賞を受賞。その後

09年11月23日34曲収録(うち1曲は新曲)CD2枚組み「Best of」をリリース。10年7月11、12日にはVersailles宮殿でのコンサートを行い、その模様などを収めたライヴアルバム「Une nuit à Versailles」を10年11月リリース。11年10月公開のミュージカルアニメ映画「Un monster à Paris/パリの怪物」で主人公Lucilleの声を演じ、挿入歌「La Seine」などを歌う。 私生活では12年6月、14年間の伴侶で、2人の子供(99年生まれの長女LilyRose、02年生まれの長男Jack)の父親でもあるJohnny Deppとの仲に終止符を。そして2018年6月30日、2016年11月から交際を続けている作家、映画監督、演出家、俳優のSamuel Benchetrit(1973-)と結婚。2013年5月にリリースされた「Love songs」から5年振りとなる7枚目のスタジオ録音アルバム「Les sources」には12曲収録されている。その半数以上はBenchetritの作詞(合作も含め)による。作詞では他にBB BrunesAdrien Galloが協力している、作曲はアメリカのサイケグループThe BeesのメンバーPaul Butlerが協力。12曲は「Les sources」、「Kiev/キエフ」、「La plage/浜辺」、「Ces mots simples/これらの単純な言葉」、「On oubliera/人は忘れるだろう」、「Dans notre monde/この世の中で」、「Si loin si proche/こんなに遠く、こんなに近い」、「A la hauteur de mes bras/私の腕の高さで」、「Cheri/愛しい人など。

Paradis1127Maison de la Radio104スタジオでコンサート、その模様はラジオ局France Inter21時から実況中継された。

Joe le taxi1987年 https://www.youtube.com/watch?v=Ulay2FvUEd8

Ces mots simpleshttps://www.youtube.com/watch?v=uIUEqSjIJBE

2019年5月3日からツアーを開始、6月22日~25日Paris Olympiaに出演。

 

6.ヴェロニク・サンソンVéronique Sanson、「Duovolatils/揮発性のデュオ」

 Véronique Sansonが2018年11月23日にリリースした新しいアルバムは「Duo volatils」。 Sansonは1949年Paris郊外Boulogne-Billancourt生まれのACI。父親が1970年大阪万博フランス責任者で、Véroniqueも7ヶ月日本に滞在。1972年公私ともにパートナーであったMichel Bergerのプロデュースでファースト及びセカンドアルバムをリリース。73年アメリカのミュージシャンStephan Stilsと結婚、渡米、離婚後83年に帰国。滞米中及び帰仏後も定期的にアルバムをリリース。VdMでは1993年と96年女性歌手賞、2013年特別賞を受賞。2015年にはSACEM特別賞を受賞。「Duo volatils」には自身のヒット曲を現在のシャンソンフランセーズを代表する歌手とのデュオなどでカバーした15曲が収められている。15曲及び一緒に歌っているのは:「Chanson sur ma drôle de vie/私のおかしな人生のシャンソン」(Vianney)、「Besoin de personne/誰も必要じゃない」(Christophe Maé)、「Bahia/バイア」(Alain Souchon)、「Vols d’horizons/水平飛行」(Bernard Laviriers)、「C’est long, c’est cort/それは長く、それは短い」(Zaz)、「Visiteur et voyageur/訪問者と旅行者」(Patric Bruel)、「Une nuit sur ton épaule/一晩あなたの肩で」(Juliette Armanet)、「Amoureuse/恋する女性」(Julien Doré)、「Tu sais que je t’aime bien/あなたは分かっている、私があなたを愛していると」(Jeanne Cherhal)、「Toute une vie sans te voir/あなたに会わない人生」(Tim Dup)、「Redoutable/恐るべき人」(Hubert-Félix Thiéfaine)、「Doux dehors, fou dedans/外では優しく、内では常軌を逸した人」(Michel Jonasz)、「Celui qui n’essaie pas ne se trompe qu’une seule fois/試みない人は一度しか失敗しない」(Luois ChedidMatieu ChedidJoseph ChedidAnna Chedid)、「Alias Souza/アリアス スーザ」(Tryo)、「Avec un homme comme toi/あなたのような男性と」(Eddy Mitchel)。

Sansonは2018年9月11日扁桃腺に腫瘍が見つかったことを公表し、11月及び12月に予定されていた11回のコンサートのキャンセルを発表。その後主に放射線治療を受けている。Sansonは12月16日F2の「日曜 20時30分」に出演(Paris郊外の自宅での録画は13日の由)治療は順調で、声帯には損傷はなく「『nickel/ニッケルのようにピカピカで非常に綺麗』だから2019年4月に予定されているParisPalais des Sportsのステージには立つ」と語った。SansonPalais des Sports出演は70歳の誕生日に当たる4月24日及び4月26日の予定。

Chanson sur ma drôle de vie」1976年 https://www.youtube.com/watch?v=Xq50OxVHce4

Chanson sur ma drôle de viehttps://www.youtube.com/watch?v=vF1zk38YxKQ

 
7.ビッグフロ エ オリ Bigflo & Oli 、「La vie de rêve/夢の人生」

Bigflo & Oli が2018年11月23日リリースした新しいアルバムは「La vie de rêve」。Bigflo & Oliは、Bigflo(本名Florian Ordonez 1993.1.22-)とOli(本名 Olivio Ordonez 1996.4.19-)のToulouse生まれの兄弟によるラップデュオ。「Les bons élèves du rap françaisフランスラップの優等生」と呼ばれている。2005年まだ二人とも子供の頃に最初の曲「Château de carte/トランプの城」をYouTubeに投稿している。その後もYouTubeへの投稿、あるいはToulouseにおけるラップバトルへの参加などにより知られるようになり、Sexion d’AssautCaliなどの前座で歌う。2013年Polydorと契約、2015年9月11日ファーストアルバム「La our des grands/偉人たちの中庭」をリリース。2016年6月24日のréédition版に追加された「Je suis/僕は・・」でSACEMRolf Marbot賞(楽曲賞)を授賞。2017年6月23日セカンドアルバム「La vraie vie/真の人生」をリリース、収録されたDommage残念」で2018年VdMのオリジナルシャンソン賞を受賞している。Bigflo & Oliは2017年NRJ音楽賞でグループ/デュオ賞を授賞している。3枚目のアルバム「La vie de rêve」には15曲収録。それらは:「Nous aussi 2我々も二人」、「Plus tard/後で」、「Demain/明日」(Petit Biscuiと)、「Rentrez chez vous!/君の家に帰れ!」、「Bienvunue chez moi/我が家へようこそ」、「Maman/ママ」、「La seule/一人の女性」、「Ferme les yeux/目を閉じろ」(Tryoと)、「Sur la lune/月の上で」、「Château de sable/砂の城」、「Il est ou ton frère/君の兄弟はどこに」、「La vie de rêve」など。

「若者たちに人気のBigflo & Oliはこのアルバムによって年長者たちの心を捕らえた」との評価があり、アルバムはリリース後3週間ででdisque de platine(10万枚の売り上げ)。

Je suis・・」2017年 https://www.youtube.com/watch?v=RZZs2CdcxiE

Plus tardhttps://www.youtube.com/watch?v=_UgsqtaXiwI

 Bigflo & Oliが通ったToulouseの小学校を主な舞台に撮影されたclip officiel

 

8.ミシェル・ポルナレフ Michel Polnareff、「Enfin !/とうとう!」

Michel Polmareffが2018年11月30日にリリースした新しいアルバムは「Enfin !」。Polnareffは1944年Lot-et-Garonne県 Nétac生まれのACI。戦後直ちにParisに。父はロシア出身のピアニスト、作曲家。幼少の頃から父についてピアノを習い優秀な成績。1964年からMontmartreの路上で歌う。1966年ロックコンクールで優勝、同年「La poupée qui fait non/ノンノン人形」が最初のヒット。1966年前座で、70年vedetteとしてOlympiaに出演。1972年のOlympia公演の際には自身の裸の臀部を露出したポスターが物議を醸した。1973年税務当局との確執などからアメリカに移住し、カリフォルニアに居住している。2007年34年振りにフランスでコンサートを行った。2016年にもフランス国内ツアーを行っている。2017年430曲収録の全集リリース。1972年初来日、その後79年まで3回の来日公演を行っている。前回のアルバムは1990年2月にリリースした「Kama Sutra/カマ スートラ」で、これは89年9月からParis8区のRoyal Monceauホテルに800日間籠もり、室内に最新スタジオ設備を据え付け録音したと言われている。今回のアルバムは28年振りで10枚目。新しいアルバムについては、2010年から「新しいアルバムの録音に取りかかった」などと喧伝されていたので、そのリリースはPonareffにとっても、ファンにとっても「Enfin !」。収録されているのは11曲、演奏時間は1時間6分と最近のアルバムとしては長尺。4曲の作詞でDoriand(1972-ACI)の協力を得ていて、その他の曲の作詞及び作曲はPolnareff。インストロメンタルが3曲ある。11曲は:「Phantom/悪魔」(11分近いインストロメンタル)、「Sumi/スミ」(・・日本のFukuokaでの私のアヴァンテュールを語りましょう。スミは私についてくれたgeisha。・・Sumi m’a soumis/スミは私を服従させた・・)、「Grandis pas/大きくならないで」(「息子のLoukaに対する父親の身勝手な望み」)、「Louka’s song」(インストロメンタル、Loukaの声が聞こえる)、「Ophélie flagrant des lits/オフェリー、ベッドの現行犯」(2006年シングルでリリースされている、新しい編曲で)、「Longtime」、「Positions/姿勢」、「Terre happy」、「L’homme en rouge/赤い衣裳の男」(2015年シングルでリリースされている、新しい編曲で。「赤い衣裳の男」はサンタクロース)、「Dans ta playlist(C’est ta chanson)/君のプレイリストには(それは君のシャンソン)」、「Agua caliente/温かい水」(10分近いインストロメンタル)。

La poupée qui fait non」1966年https://www.youtube.com/watch?v=JDkVjrYNyLo

L’homme en rouge」2016年 https://www.youtube.com/watch?v=GbGud_fGelQ

 
 No.1523 2018.12.27 

No. 1523    2018.12.27     

大変遅ればせながら、下記6人の歌手の10月の新譜情報お伝えいたします。

1.ジョイス・ジョナタンJoyce Jonathan、「On/オン」
                                        

2.アレックシス・アッシュカAlexis HK、「Comme un ours/熊のように」

3.カリCaliCali chante Léo Ferréカリ、レオ・フェレを歌う

4.パスカル・オビスポPascal ObispoObispo

5.モラーヌMaurane、遺作アルバムBrel/ブレル


6.ジェニフェールJeniferNouvelle page新しいページ



1.ジョイス・ジョナタンJoyce Jonathan、「On/オン」

Joyce Jonathanが2018年10月5日にリリースした新しいアルバムは「On/人は」。

Jonathanは1989年パリ郊外Lavallois-Perret生まれのACI。幼少の頃からシンガーソングライターになりたいという希望を持ち、18歳ですでに100曲ほどの自作があった。2007年12月My Major CompanyMMC:注)にデモを送って登録。08年5月には486人から7万ユーロ以上の出資を得て、10年1月にはファーストアルバム「Sur mes gardes/用心している」をリリース。製作にはLouis Bertgnacが全面的に協力。シングルカットされた「Je ne sais pas/私は知らない」(Jonathan作詞、Fabien Nataf作曲)、「Pas besoin de toi/あなたは必要じゃない」(Jonatha作詞・作曲)がヒット。アルバムは15万枚以上の売り上げになり、11年のラジオ局NRJの音楽賞でフランス語部門新人歌手賞を受賞。11年4月にはvedetteとしてOlympiaに初出演している。 「On」は16年2月5日リリースの「Une place pour moi/私に一つの場所を」に次ぐ4枚目のアルバムで16曲収められていて、全曲Jonathanの作詞・作曲(作曲でMathiue Mendèsの協力を得ている)。16曲は:On」、「Je te deteste pas du tout/私は決してあなたが嫌いではない」、「Une parenthèse/括弧」、「Ne me brule pas/私を燃やさないで」、「Tu es si grand et je suis toute petite/あなたはとても大きく、私はとても小さい」、「Tic tac/チク タク」、「Donner/与えること」、「Les blondes/金髪の女性たち」、「Rouler sur lor/大金持ち」、「Que veux-tu de moi ?/私にどうしろと言うの?」、「Revivre pour exister/生存するために生き続ける」、「Nos secrets/私たちの秘密」、「Je suis une tortue/私はひねくれ女」など。

Pas besoin de toiClip officiel https://www.youtube.com/watch?v=rNc-ONPvohU

Onhttps://www.youtube.com/watch?v=dg0acRgoo0Q

Jonathanは2019年春からのツアーに先立ち2018年12月18日にはParisNew Morningに出演

MMC:07年にJean-Jacques Goldmanの長男Michaelらが設立。登録されたアーティストにつき、インターネットで出資者を募集。出資が一定の金額(10万ユーロ)に達したら、そのアーティストのアルバムの製作や、そのPRのためのクリップ製作を行う。そしてアルバム売上げの30%を出資額に応じ出資者に配当する。Jonathanについては出資額の4倍の配当があったと言われている。

 



2.アレックシス・アッシュカAlexis HK、「Comme un ours/熊のように」

Alex HKが2018年10月5日にリリースした新しいアルバムは「Comme un oursAlexis HK:本名Alexis Djoshkouian1974年4月2日VersaillesYvelines県)生まれのACINanterreで哲学を学びながらギターで曲を作り、1997年最初のアルバム「Anti-heros notoire/札付きのアンチヒーロー」。2002年には、歩き回っていたParis20区、Belleville地区へのオマージュのアルバム「Belle Ville/ベル・ヴィル:美しい街」をリリース。その中の「C'que t'es belle/君は何て綺麗」などが好評でPrintemps de BourgesFrancofolies de la Rochelleに出演。2009年リリースのアルバム「Les affranchis/アウトロー」に収められていた「Les affranchis」のクリップにはCharles AznavourYves DuteilJulietteOlivia RuizMichel Fugainなど多くの歌手が顔を見せていて話題になった。2010年12月6日Olympia出演。2011年SACEMPrix Francis Lemarque(フランシス・レマルク賞・・若いクリエーターに与えられる)を受賞。2011年にはRenan LuceBenoit Doremusとユニット「Seuls à trios/3人だけ」を結成、10、11月2ヶ月間30箇所を回るツアーを行っている。前回のアルバムは2017年の「Georges et moi/ジョルジュと僕」、Georges Brassensへのオマージュ、2014年から143回の公演で4万人の観客を集めたBrassensのヒット曲などをカバーコンサートのライヴアルバム。今回のアルバム「Comme un ours」には時代の空気を反映するテーマ、日常生活での恐怖、孤独、愚かな行為、人間性の欠如などを語る12曲が収録されている。それらは:Comme un ours」、「Les pieds dans la boue/ぬかるみにはまった足」、「Je me suis assoupi/うとうとした」、「Sucré/甘い」、「La chasse/狩り」、「Je veux un chien/犬が欲しい」、「La fille à Pierrot/ピエロの娘」、「Marianne/マリアンヌ」、「Le cerisier/桜の木」、「Un beau jour/素晴らしい一日」など。

Les affranchishttps://www.youtube.com/watch?v=8IHxebKK-VQ

Comme un ourshttps://www.youtube.com/watch?v=J5wmOhMSD-o

Alexis HK、は11月22日Paris Tianonに出演

 

3.カリCaliCali chante Léo Ferréカリ、レオ・フェレを歌う

Caliが10月5日にリリースした新しいアルバムは「Cali chante Léo Ferré。Cali、本名Bruno Caliciuriは1968年南仏Perpignon生まれのACI。ラグビーに興味を持っていたCaliは84年ToulouseU 2のコンサートを聞いて衝撃を受け、歌の道に。独学でギターを学び、Perpignonで活動しているいくつかのグループで歌う。また、BénabarBrigitte Fontaineの前座で歌い、口コミで評判に。2002年にはFrancofolies de La Rochelleに出演、それが転機となってレコード会社と契約。03年リリースのファーストアルバム「Lamour parfait/完璧な愛」は60万枚売上げのヒットで、04年第3回Prix Constintinを受賞(主として優れたファーストアルバムに与えられる)。アルバムに収められた「C’est quand le bonheur/幸福はいつ」は優れた楽曲に与えられるSACEMVincent Scotto賞を受賞。また、04年VdM新人賞の候補に。受賞はしなかったが授賞式の模様がTV放送され、多くの視聴者がCaliのステージに興味を持った。その後もVdMでは何度か候補者になったが受賞はしていない。05年1月にはOlympiaに出演している。比較的多産なCali、今回のアルバムは前作16年の「Les choses défendues/禁止事項」に続く8枚目のアルバムでLéo Ferré(1916-1993 ACI)の曲16曲カバー。「父がFerréのファンで、Ferréの歌を聞きながら大きくなった。私はFerréの家族とは親交があり、この企画を話したらOKしてくれた。ずっと私の心に響いていた曲、あるいは思い出の曲を選んだ。既にコンサートでは収録された曲のうちいくつかを歌った。それを聞いた若いファンからFerréについてもっと知りたいという感想があった。それがこのアルバムの目的でもある」。収められているのは:C’est extra/それは極上」、「L’enfance/子供時代」、「Vingt ans/二十歳」、「La mélancolie/メランコリー」、「Ils ont voté/彼らは投票した」、「Ni dieu ni maître/神でもなく、師でもなく」、「Les anarchistes/アナーキスト」、「Les étrangers/異邦人」、「Thank you Satan/サンキュー サタン」、「Jolie Mome/ジョリ モーム」、「Les poètes/詩人たち」、「La mémoire et la mer/記憶と海」、「Paris je ne t’aime plus/パリ、お前がもう好きじゃない」、「Le flamenco de Paris/パリのフラメンコ」、「Avec le temps/時の流れに」など。

Avec le tempsCali https://www.youtube.com/watch?v=G2OCX8bwkSA

Avec le tempsFerre https://www.youtube.com/watch?v=ZH7dG0qyzyg

Caliは国内ツアーを行っていて、11月16日Paris 3区Théâtre Dejazetに出演。

 

4.パスカル・オビスポPascal ObispoObispo

Pascal Obispoが2018年1012日にリリースした新しいアルバムは「Obispo」。Pascal Obispoは1965年1月8日 西フランスAquitaine地方Dordogne県、Bergerac生まれのACI。13歳から離婚した母親とBretagne地方のRennesに住む。当時Rennesは音楽活動が盛んで、バスケットボールの選手を目指していたObispoも音楽に進み、1983年高校の友人たちとグループを結成。兵役の後88年にはグループSensoを結成、その後単独Parisに上り、90年最初のアルバム『Le long du fleuve/川に沿って』をリリースしたが話題にならず。1992年セカンドアルバム『Plus que tout au mond/世界で何よりも』:「Plus que tout au monde」、「La moitié de moi/僕の半分」などが好評でヒット、最終的には25万枚以上の売り上げに。1994年アルバム『Un jour comme aujourdhui/今日のようなある日』が37万以上の売り上げで、人気が確実なものに。1995年に作詞家Lionel Florence(1958-)と知り合い、コンビを組み、その後数々のヒットを。1996年アルバム『Superflu/余分なもの』:「Superflu」(自身の作詞作曲)、「Les meilleurs ennemis/最良の敵」(Zazieに提供され、デュオで歌っている)、「Lucie」(FlorenceObispo)など。150万枚以上売り上げObispoの最大のヒットに。1998年シングル「Sa raison dêtre/彼女の存在理由」はFlorenceObispoコンビによる「Sidaction/エイズのために行動を」のために作った曲で40人余りの歌手が参加した。2000年ミュージカル「Les dix commandements/十戒」(詩Florence、曲Obispo)10月4日からParisPalais de Congrèsで上演。その中で歌われた「Lenvie daimer/愛するという欲望」は01年VdMでシャンソン賞。その後も定期的にアルバムをリリースしている。

黄金の指を持つと言われているObispoが他の歌手にヒット曲を提供している。その中には:Zen禅」(1995年歌・作詩Zazie、作曲ObispoSavoir aimer愛する術」(97年歌Florent Pagny、作詞Florence、作曲ObispoMa liberté de penser僕の考える自由」(2003ditoAllumer le feu火を付けろ」(97年歌Johnny Halyday、作詞Zazie、作曲ObispoLe mot de passeパスワード」(99年歌Patricia Kaas、作詞Didier Golemanas、作曲Obispo)、「Tu trouveras あなたには分かるだろう」(2002年歌Natasha St.Piere 作詞Florence、作曲Obispo、「Blondeブロンドの女性」(2014年歌Alizée、作詞 Florence、作曲Obispoなどがある。Obispoの前作は2016年2月5日にリリースした「Billet de emme/女性からの短信」で、これには19世紀の女流詩人Marceline Desbordes-Valmore(1786-1859)の詩にObispoが曲を付けた12曲が収められている。

今回のアルバムのタイトルは若手歌手が最初のアルバムを出す時のように名前から「Obispo」としているが、これは27年属していたレコード会社を変え新たな第1歩を踏み出したからか。アルバムには「私の音楽のDNAであるロックに立ち返った」18曲が収録されている。その中にはBebjamin Biolayに詩を提供されたもの、Obispo自身の作詞になる曲もある。また他の歌手とのデュオも6曲。18曲は「Et bleu・・/そして青い・・」(2015年9月に結婚したJulie夫人とのデュオ)、「Rien ne dure/何も長続きしない」、「A Forthlin Road」(The Beatlesへのオマージュ、Calogeroとのデュオ)、「Chante la rue chante/通りよ歌え」、「Les chansons de Voulzy et Souchon/ヴルジーとスーションのシャンソン」(Laurent VoulzyAlain Souchonへのオマージュ)、「On n’a rien fait de mieux/それ以上うまくはできなかった」、「D’accord/了解」(Isabelle Adjani及びYousou N’dourとのトリオ)、「Je rentre/僕は戻る」(Rennesで活躍しているACIPhilippe Pascaとのデュオ)、「Poète maudit/のろわれた詩人」(Christopheとのデュオ)、「Universelle solitude/誰にでもある孤独」、「Amy」(Amy Winehouseへのオマージュ)、「Toxicomanes/麻薬中毒者」(Benjamin Biolayとのデュオ)、「On n’est pas seul sur la terre/地球上では誰も一人ではない」、「Vincent pleure/泣いているヴァンサン」、「La société de consomation/消費社会」、「L’eclaricie/雲の切れ間」、「Saudade/孤独」など。

LucieClip officiel https://www.youtube.com/watch?v=2GZxqT7o8jc

Rien ne durehttps://www.youtube.com/watch?v=hjO_iuHgKnE

Obispoは2019年1月25日からツアーを開始、2月12、13日ParisSalle Pleyelに出演。

 

5.モラーヌMaurane、遺作アルバムBrel/ブレル

Mauraneの遺作となったアルバム「Bre」が2018年10月12日にリリースされた。Maurane、本名ClaudineLuypaerts、1960年ベルギーIxelles生まれのACI。両親ともミュージシャンで幼少の頃からヴァイオリンを習い、16~7歳の頃には各地のフェスティヴァルののど自慢に出場。1980年Saravahレーヴェルから最初のEP、その後も数枚出すが成功せず、レストランやバックコーラスで歌う。1986年ジャズ調の「Danser/踊る」を出してから徐々に人気に。1991年45万枚売り上げたアルバム「Ami ou enimmi/友だちそれとも敵」で1994年VdM女性歌手賞を受賞。2002年Lara Fabianとのデュオでシングルリリースした「Tu es mon autre/あなたはもう一人の私」が最大のヒット。2014年アルバム「Ouvre/明けて下さい」をリリース後、のどの不調を訴え2年ほど活動を休止していた。その後回復し活動を再開したが、2018年5月7日夕Bruxelles近郊の自宅で心臓発作のため亡くなった。享年57歳。 Mauraneは次のアルバムを、ベルギーが生んだ偉大な先輩歌手Jacques BrelBruxelles 1929- Bobigny1978 ACI)の曲をカバーしたものにする予定。MauraneBrelを尊敬していてステージやTV番組では何度もBrelの曲を歌っていた。アルバムのための録音は2017年12月から2018年4月までの間に既に14曲済ませていた。遺児Lou は「Brelの曲を歌ってのど自慢に出ていたと聞いている。このアルバムを完成させるのが私の義務」。Louは長年Mauraneの伴奏ピアニストを務めていたPhilippe Decockと共にこの録音を編集、Mauraneが生前に予定していた時期でのアルバムのリリースとなった。した。今回リリースしたアルバムには14曲のうちの12曲が収録されている。アルバムは「卓越した」との評価がある。12曲は「Je ne sais pas/私は知らない」、「La chanson des vieux amants/懐かしき恋人の歌」、「La quête/見果てぬ夢」、「La ville s’endormait眠れる街」、「Fils de・・/・・の息子」、「Quand on n’a que l’amour/愛しかない時」、「Voir un ami pleurer/泣く友を見る」、「Une  île/島」、「Ne me quitte pas/行かないで」(Lou「私が最後に母に会ったのはこの曲を録音しているスタジオで」)など。

La chanson des vieux amantsMaurane https://www.youtube.com/watch?v=c3YXlPxJKz4

La chanson des vieux amantsBrel https://www.youtube.com/watch?v=dU-OD5_Dxrs

 

6.ジェニフェールJeniferNouvelle page新しいページ

Jenifer201810月26日にリリースした新しいアルバムは「Nouvelle pageJenifer(本名Jenifer Bartoli 1982- 歌手、俳優)は、Nice生まれ。幼少の頃から歌が好きで得意。14歳から年齢を偽ってコートダジュールのピアノバーで歌う、16歳でパリに出てバーなどで歌う。2001年TVTF1のスター誕生番組「Star Academy」の第1シーズンに出場し、優勝。優勝者は賞金のほか、ユニヴァーサルミュージックと契約を結びアルバムを出すことができことになっていた。そして2002年3月25日ファーストアルバム「Jenifer」をリリース。これにはDonne-moi le temps/私に時間をください」、「J’attends l’amour/私は愛を待っている」など11曲収録されていて100万枚以上の売り上げに。2002年オランピアに出演。2003年Johnny Hallydayのフランススタジアム公演に出演「Je te promets」をデュオで歌う。その後2016年の「Paradis secret/秘密のパラダイス」まで6枚のアルバムをリリース。07年12月Museé Grévin/グレヴァン博物館に蝋人形が展示された。Jeniferラジオ局NRJ賞受賞の常連で、2003年のフランス語圏新人歌手賞を含めすでに8回受賞している。2017年3月6日BruxellesParadis secretツアー」の公演を終え、LilleからParisに向かっていたJeniferminibusが高速道のOiseChamant付近で、他の車に追突、2人が死亡するという事故に遭遇。Jenifer自身は向こう脛の切り傷程度で軽傷だった。「この事故以降、私の歌に対する情熱を失ってしまった。しかし子供たちのおかげで立ち直ることができた」(Jeniferは2003年当時のパートナーACI Maxim Nicciとの間に男児、2014年当時のパートナー俳優Thierry Neuvicとの間に男児をもうけている)。2018年Jeniferは活動を再開。まず1月16-21日にStrasbourgで行われたLes Enfoirésに出演(2003年から連続16回)、その後、俳優として5月にTVTF1で放送された「Traqués/追われる人」でTVドラマに初出演、ついで映画「Maya l’abeille 2/蜜蜂マーヤ2」では声優として。10月1日にはOlympiaで行われた慈善コンサート「Leurs voix pour l’espor/彼らの声を希望にために」に出演。そして10月26日、8枚目のアルバムのリリース。タイトルは再出発にふさわしく「Nouvelle page」。アルバムには候補曲80曲の中から19曲を収録。「このアルバムは私が受けた傷を癒すもの。この傷から立ち直るのには新しいページをめくることが必要だった。所属しているコード会社を変え、マネジャーを変え、プロデューサーを変えて」。 19曲は:「Notre idylle/私たちの純愛」、「Les choses simples/単純なこと」(詩、曲ともSlimaneに提供されデュオで歌っている)、「Comme c’est bon/何とすてき」(詩、曲ともChristiphe Maéに提供された)、「Encore et encore/もう一度 もう一度」(2017年12月5日コルシカで殺された叔父を追悼した曲)、「Des je t’aime qui se perdent/消えて行くje t’aimeという言葉」、「Respire/ほっとして」、「Hey Jen/ヘイ ジェン」、「Reste/そのままで」、「Pour nous retrouver/再び会うために」、「Nostalgique d’hier/昨日のホームシック」、「Derière le solei/太陽の後ろに」、「Mystère/神秘」(詩はPaul Ecole、曲はMaéに提供された)、「Baby bleus/ベビー ブルース」、「L’éé qui s‘en va/過ぎ去って行く夏」、「Ton absence/あなたがいない時」など。

Donne-moi le temps」2004年https://www.youtube.com/watch?v=leOIHZeM0uo

Notre IdylleTVFrance 3で2018年11月放送https://www.youtube.com/watch?v=XFdSMA-epw8

アルバムはリリースの週Johnny Hallydayの「Mon pays, c’est l’amour」に次いでアルバムチャート2位。

Jeniferは2019年3月8日からツアー。5月18日Paris近郊Boulogne BillancourtLa Seine Musicaleに出演。

 
No.1522  2018.12.1 

No. 1522   2018.12.1

 2018年NRJ音楽賞、受賞者         

音楽専門のラジオ局NRJNouvelle Radio Jeune 1984年放送開始)がTVTFと共同で毎年贈るNRJ音楽賞の2018年授賞式が行われた。NRJ音楽賞は2000年に設けられたもので、今回は20回目に当たる(当初は1月に開催されていたが、2013年から通常11月第土曜日に行われるようになり、2013年は2度開催された)。授賞はFrancophone/フランス語圏部門とInternational/インターナショナル部門に分けて行われる。

2018年の授賞式は11月10日CannesPalais des Festivalsで、Nikos Aliagasの司会により行われた。今回の授賞式では最近没した2人の偉大な歌手が追悼された。すなわち、2017年12月に没したJohnny Hallydaを追悼してDavid HallydayJohnnyの男児:1956-ACI、母親はSylvie Vartan、2000年第1回NRJ音楽賞で男性歌手賞を受賞している)は父親に捧げる新曲「Ma dernière lettre/私の最後の手紙」(「Davidから父へ」ではなく「Johnnyから子供たちへ」の形式をとっている)を歌い、2018年10月に没したCharles Aznavourを追悼してPatrick BruelVianney &LouaneAznavourの1964年のヒット「Hier encore/帰り来ぬ青春」を歌った。

Ma dernière lettrehttps://www.youtube.com/watch?v=lIvOsvnnerI

・・朝になったら私は旅立つ。私の名で何を、どんな言葉を残したら良いのだろう。多くの曲を歌ってきた。それは確か。しかし逃げよう、歌をやめようとしたこともあった。私は犯したいくつかの過ちを消したいと思う、私がどんな人間であったか隠す気はないが。明日になれば私は笑うことができない、この世から遠く離れたところにいて。季節を感じることができるように最後の息が欲しい。私が目を閉じる時には静けさが欲しい。私がお前たちに残すもの、それは最後の叫び、最後の手紙、私が決して口にしなかったことを書いた。これが天国を前にした私の最後の手紙、最後の叫び・・

Hier encorehttps://www.youtube.com/watch?v=1OZCWZJWgI4

 

2018年のフランス語圏部門の各賞受賞者は次の通り

・男性歌手賞Soprano 他の候補者はKenji GiracAmirMaître GimsOrelsanSlimane

Soprano本名Said M’Roumbaba、両親はComoresコモロ諸島出身、197914Marseille生まれのラップ系歌手、作曲家。1995年からグループで活動の後、ソロに。2007年最初のソロアルバム「Puisqu’il faut vivre/生きなければならないので」をリリース、チャート最高位は2位、20万枚の売上げで注目される。2014年リリースの4枚目のアルバム「Cosmopolitanie」はフランス国内でdisque de diamant(50万枚以上)になり、国外も含め70万枚の売上げに。2016年10月リリースの5枚目のアルバ「L’Everest」は11ヶ月でdisque de diamant。2018年11月9日6枚目のアルバム「Phœnix/フェニックス」をリリース。これには「A la vie, à l’amour/生に、愛に」、「La voisine/女性の隣人」、「Ninja」など16曲収録。Sopranoはすでに2016年及び2017年NRJ Music Awardsのフランス語圏男性歌手賞を受賞していて、3年連続の受賞。

A la vie, à la mort https://www.youtube.com/watch?v=qNZXylVDU9U

  

女性歌手賞Jain 他の候補者はChristine and The QueensJeniferLouaneVitaaZazie

Jain本名 Jeanne Galice1992日、Toulouse生まれの女性ACI。石油関連企業に勤務していた父親について、幼少の頃から各地を回り、16歳Congo-Brazzaville在住の頃から曲作りを始め、数曲の自作をMyspaceに投稿。bacの後Parisに住みグラフィックデザイナーを目指して勉強中、Myspace上でJainの曲に注目していたYodelice(1979- ACI、プロデューサー)の勧めにより音楽の道に。YodeliceChristine and the Queensらの前座で歌う。2015年11月6日Yodeliceのプロデュースによりファーストアルバム「Zanaka」をリリース。「zanaka」はマダガスカル語で「enfant/子供」の意。アルバムには初期の作品「Come」(「アルバムリリースの7年前に作った」)、比較的新しい「Makeba/マケバ」(南アフリカの人気女性歌手Miriam Makeba 1932年-2008年 讃歌)など英語で歌った10曲が収録されている。「子供の頃から色々な都市で生活していて、やはり英語はどこでも通用する言語だという印象をもったので」。アルバムは30万枚以上の売り上げ。このヒットにより2017年のVdMでは女性歌手賞及び「Makeba」のヴィデオ・クリップでヴィデオ・クリップ賞の2部門でvictoiresを獲得。2018年8月24日セカンドアルバム「Souldier」(「Soldier」の古語)をリリース。アルバムには「Alright」、「On my way」、「Oh Man」、「Dream」、「Star」、「Souldier」など10曲収録。リリースの週アルバムチャートのトップ。

Alrighthttps://www.youtube.com/watch?v=8zHa1AhVHbQ

 

・新人賞:Dadju 他の候補は:Eddy de PrettoHoshiMarva LoudAya MakanuraVergedream

Dadju、本名Dadju Djuna Nsungula、は1991Paris郊外Bobigny生まれのRnBACI、両親はコンゴ出身のミュージシャン。ラップ系ACI Maître Gims(1986.5.5-)の弟。2012年デュオ「The Shin Sekai/新世界」(尾田栄一郎の漫画「One Piece」から)で音楽活動を開始、2016年3月アルバム「Indefini/無際限の」をリリースしている。2016年末からソロに。2017年5月5日シングル「Reine/女王」をリリース。11月24日には「Reine」、「Lionne/雌ライオン」、「Oublie-le/彼を忘れろ」など19曲集録のファーストアルバム「Gentleman 2.0」をリリース。リリース後5ヶ月でdisque de triple platine(30万枚以上の売り上げ)に。

Reinehttps://www.youtube.com/watch?v=Y3Vhrmd3gAo

 

なお候補者のうち

・・Aya Makanuraは、本名Aya Danioko、1995年5月10日マリ共和国Bamako生まれの歌手、作詞作曲も。幼少の頃一家でParis郊外のAulnay-sous-Boisに移住。芸名のNakamuraはアメリカNBCで放送されたTVドラマ「Heroes Reborn」の主人公「Hiro Nakamura」からの由。Danioko家はgriot(西アフリカの口承伝承者)の一家で、Ayaは音楽的雰囲気の中で育ち、2014年恋の破綻を歌った自作の「J’ai mal/私は辛い」をYou Tubeに投稿したところ100万回以上の視聴。2015年に投稿した「Brise/打ちのめした」は1200万回の視聴という大人気。さらにラップ歌手Fababyとのデュオで投稿した「Love d’un voyou」はそれ以上の人気に。その後女児を出産したことなどもありファーストアルバム「Journal intime/私的な日記」のリリースは2017年8月25日。「Brisé」、「Angela」、「Debout/立っている」、「Je n’ai pas besoin de toi/私にはあなたが必要ではない」、「Soirée parisienne/パリの夕べ」、「Jalouse/嫉妬する女」、「J’ai mal」など19曲を収録したこのアルバムはdisque d’or/ゴールデンディスク(5万枚以上の売り上げに)。2018年11月2日にはセカンドアルバム「Nakamura」をリリース、これには「Djadja」、「Copine/女友達」、「Ça fait mal/痛い」など13曲収録。「Djadja」は2018年4月先行シングルカットされ2週間シングルチャートの1位になり、tube d’été/夏のヒットに。ベルギー、オランダ(シングルのチャート1位になり、それはフランス人歌手としては1961年Edith Paifの「Non,je ne regrette rien/水に流して」以来との報道もある)、スイス、スウェーデンなどでもヒットした。「Djadja」は「一般的に男の子」を意味し、親しい仲間、兄弟などを言う(らしい)。

  「DjadjaClip officiel https://www.youtube.com/watch?v=iPGgnzc34tY

 

・グループ/デュオ賞:Bigflo & Oli 他の候補は:Hyphen HyphenNaestroMaître GimsVitaaSlimane et DadjuMaitre Gims & VianneyOrelsan et StromaeVitaa & Claude Capéo

Bigflo & OliBigflo本名Florian Ordonez 1993.1.22-Oli本名 Olivio Ordonez 1996.4.19-Toulouse生まれの兄弟によるラップグループ。「Les bons élèves du rap françaisフランスラップの優等生」と呼ばれている。2005年まだ二人とも子供の頃に最初の曲「Château de carte/トランプの城」をYouTubeに投稿している。その後もYouTubeへの投稿、あるいはToulouseにおけるラップバトルへの参加などにより知られるようになり、Sexion d’AssautCaliなどの前座で歌う。2013年Polydorと契約、2015年9月11日ファーストアルバム「La our des grands/偉人たちの中庭」をリリース。2016年6月24日のreedition版に追加された「Je suis/僕は・・」でSACEMRolf Marbot賞(楽曲賞)を授賞。2017年6月23日セカンドアルバム「La vraie vie/真の人生」をリリース、収録されたDommage残念」で2018年VdMのオリジナルシャンソン賞を受賞している。Bigflo & Oliは2017年NRJ音楽賞でグループ/デュオ賞を授賞している。

Demainhttps://www.youtube.com/watch?v=d-VE8vJwYEQ

 

・シャンソン賞:「Pour oublier/忘れるために」(Kendji Girac 他の候補は:「Djadja」(Aya Makanura)、「Kid」(Eddy de Pretto)、「La même」(Maître Gims et Vianney)、「Un peu de rêve」(Claudo Capeo & Vitaa) 「Reine」(Dadju

Kendji Girac(№1519参照)、NRJ音楽賞ではすでに3個の賞を受賞している。「Pour oublier」は2018年8月31日にリリースした3枚目のアルバム「Amigo」に収録されているが、7月10日には先行しングルカットされている。作詞はVianney、作曲はVianneyと Renaud Rebillaud

Pour oublierhttps://www.youtube.com/watch?v=tsydYcCN1vg

 

ちなみに、現在までこの賞を数多く(5個以上)受賞している歌手は:

M.Pokora 12個(2007年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年男性歌手賞など)

Mylène Farmer 8個(2000年、2001年、2002年、2003年に女性歌手賞など)

Jenifer 8個(2003年新人賞、2006年、2008年、2009年、2011年女性歌手賞など)

Christophe Maé 6個(2007年新人賞、2008年、2009年男性歌手賞など)

 

No. 1523    2018.12.27     ※年内にもう一件掲示の予定です。お早めにお読みください。 管理人

大変遅ればせながら、下記6人の歌手の10月の新譜情報お伝えいたします。

1.ジョイス・ジョナタンJoyce Jonathan、「On/オン」
                                        

2.アレックシス・アッシュカAlexis HK、「Comme un ours/熊のように」

3.カリCaliCali chante Léo Ferréカリ、レオ・フェレを歌う

4.パスカル・オビスポPascal ObispoObispo

5.モラーヌMaurane、遺作アルバムBrel/ブレル


6.ジェニフェールJeniferNouvelle page新しいページ



1.ジョイス・ジョナタンJoyce Jonathan、「On/オン」

Joyce Jonathanが2018年10月5日にリリースした新しいアルバムは「On/人は」。

Jonathanは1989年パリ郊外Lavallois-Perret生まれのACI。幼少の頃からシンガーソングライターになりたいという希望を持ち、18歳ですでに100曲ほどの自作があった。2007年12月My Major CompanyMMC:注)にデモを送って登録。08年5月には486人から7万ユーロ以上の出資を得て、10年1月にはファーストアルバム「Sur mes gardes/用心している」をリリース。製作にはLouis Bertgnacが全面的に協力。シングルカットされた「Je ne sais pas/私は知らない」(Jonathan作詞、Fabien Nataf作曲)、「Pas besoin de toi/あなたは必要じゃない」(Jonatha作詞・作曲)がヒット。アルバムは15万枚以上の売り上げになり、11年のラジオ局NRJの音楽賞でフランス語部門新人歌手賞を受賞。11年4月にはvedetteとしてOlympiaに初出演している。 「On」は16年2月5日リリースの「Une place pour moi/私に一つの場所を」に次ぐ4枚目のアルバムで16曲収められていて、全曲Jonathanの作詞・作曲(作曲でMathiue Mendèsの協力を得ている)。16曲は:On」、「Je te deteste pas du tout/私は決してあなたが嫌いではない」、「Une parenthèse/括弧」、「Ne me brule pas/私を燃やさないで」、「Tu es si grand et je suis toute petite/あなたはとても大きく、私はとても小さい」、「Tic tac/チク タク」、「Donner/与えること」、「Les blondes/金髪の女性たち」、「Rouler sur lor/大金持ち」、「Que veux-tu de moi ?/私にどうしろと言うの?」、「Revivre pour exister/生存するために生き続ける」、「Nos secrets/私たちの秘密」、「Je suis une tortue/私はひねくれ女」など。

Pas besoin de toiClip officiel https://www.youtube.com/watch?v=rNc-ONPvohU

Onhttps://www.youtube.com/watch?v=dg0acRgoo0Q

Jonathanは2019年春からのツアーに先立ち2018年12月18日にはParisNew Morningに出演

MMC:07年にJean-Jacques Goldmanの長男Michaelらが設立。登録されたアーティストにつき、インターネットで出資者を募集。出資が一定の金額(10万ユーロ)に達したら、そのアーティストのアルバムの製作や、そのPRのためのクリップ製作を行う。そしてアルバム売上げの30%を出資額に応じ出資者に配当する。Jonathanについては出資額の4倍の配当があったと言われている。

 



2.アレックシス・アッシュカAlexis HK、「Comme un ours/熊のように」

Alex HKが2018年10月5日にリリースした新しいアルバムは「Comme un oursAlexis HK:本名Alexis Djoshkouian1974年4月2日VersaillesYvelines県)生まれのACINanterreで哲学を学びながらギターで曲を作り、1997年最初のアルバム「Anti-heros notoire/札付きのアンチヒーロー」。2002年には、歩き回っていたParis20区、Belleville地区へのオマージュのアルバム「Belle Ville/ベル・ヴィル:美しい街」をリリース。その中の「C'que t'es belle/君は何て綺麗」などが好評でPrintemps de BourgesFrancofolies de la Rochelleに出演。2009年リリースのアルバム「Les affranchis/アウトロー」に収められていた「Les affranchis」のクリップにはCharles AznavourYves DuteilJulietteOlivia RuizMichel Fugainなど多くの歌手が顔を見せていて話題になった。2010年12月6日Olympia出演。2011年SACEMPrix Francis Lemarque(フランシス・レマルク賞・・若いクリエーターに与えられる)を受賞。2011年にはRenan LuceBenoit Doremusとユニット「Seuls à trios/3人だけ」を結成、10、11月2ヶ月間30箇所を回るツアーを行っている。前回のアルバムは2017年の「Georges et moi/ジョルジュと僕」、Georges Brassensへのオマージュ、2014年から143回の公演で4万人の観客を集めたBrassensのヒット曲などをカバーコンサートのライヴアルバム。今回のアルバム「Comme un ours」には時代の空気を反映するテーマ、日常生活での恐怖、孤独、愚かな行為、人間性の欠如などを語る12曲が収録されている。それらは:Comme un ours」、「Les pieds dans la boue/ぬかるみにはまった足」、「Je me suis assoupi/うとうとした」、「Sucré/甘い」、「La chasse/狩り」、「Je veux un chien/犬が欲しい」、「La fille à Pierrot/ピエロの娘」、「Marianne/マリアンヌ」、「Le cerisier/桜の木」、「Un beau jour/素晴らしい一日」など。

Les affranchishttps://www.youtube.com/watch?v=8IHxebKK-VQ

Comme un ourshttps://www.youtube.com/watch?v=J5wmOhMSD-o

Alexis HK、は11月22日Paris Tianonに出演

 

3.カリCaliCali chante Léo Ferréカリ、レオ・フェレを歌う

Caliが10月5日にリリースした新しいアルバムは「Cali chante Léo Ferré。Cali、本名Bruno Caliciuriは1968年南仏Perpignon生まれのACI。ラグビーに興味を持っていたCaliは84年ToulouseU 2のコンサートを聞いて衝撃を受け、歌の道に。独学でギターを学び、Perpignonで活動しているいくつかのグループで歌う。また、BénabarBrigitte Fontaineの前座で歌い、口コミで評判に。2002年にはFrancofolies de La Rochelleに出演、それが転機となってレコード会社と契約。03年リリースのファーストアルバム「Lamour parfait/完璧な愛」は60万枚売上げのヒットで、04年第3回Prix Constintinを受賞(主として優れたファーストアルバムに与えられる)。アルバムに収められた「C’est quand le bonheur/幸福はいつ」は優れた楽曲に与えられるSACEMVincent Scotto賞を受賞。また、04年VdM新人賞の候補に。受賞はしなかったが授賞式の模様がTV放送され、多くの視聴者がCaliのステージに興味を持った。その後もVdMでは何度か候補者になったが受賞はしていない。05年1月にはOlympiaに出演している。比較的多産なCali、今回のアルバムは前作16年の「Les choses défendues/禁止事項」に続く8枚目のアルバムでLéo Ferré(1916-1993 ACI)の曲16曲カバー。「父がFerréのファンで、Ferréの歌を聞きながら大きくなった。私はFerréの家族とは親交があり、この企画を話したらOKしてくれた。ずっと私の心に響いていた曲、あるいは思い出の曲を選んだ。既にコンサートでは収録された曲のうちいくつかを歌った。それを聞いた若いファンからFerréについてもっと知りたいという感想があった。それがこのアルバムの目的でもある」。収められているのは:C’est extra/それは極上」、「L’enfance/子供時代」、「Vingt ans/二十歳」、「La mélancolie/メランコリー」、「Ils ont voté/彼らは投票した」、「Ni dieu ni maître/神でもなく、師でもなく」、「Les anarchistes/アナーキスト」、「Les étrangers/異邦人」、「Thank you Satan/サンキュー サタン」、「Jolie Mome/ジョリ モーム」、「Les poètes/詩人たち」、「La mémoire et la mer/記憶と海」、「Paris je ne t’aime plus/パリ、お前がもう好きじゃない」、「Le flamenco de Paris/パリのフラメンコ」、「Avec le temps/時の流れに」など。

Avec le tempsCali https://www.youtube.com/watch?v=G2OCX8bwkSA

Avec le tempsFerre https://www.youtube.com/watch?v=ZH7dG0qyzyg

Caliは国内ツアーを行っていて、11月16日Paris 3区Théâtre Dejazetに出演。

 

4.パスカル・オビスポPascal ObispoObispo

Pascal Obispoが2018年1012日にリリースした新しいアルバムは「Obispo」。Pascal Obispoは1965年1月8日 西フランスAquitaine地方Dordogne県、Bergerac生まれのACI。13歳から離婚した母親とBretagne地方のRennesに住む。当時Rennesは音楽活動が盛んで、バスケットボールの選手を目指していたObispoも音楽に進み、1983年高校の友人たちとグループを結成。兵役の後88年にはグループSensoを結成、その後単独Parisに上り、90年最初のアルバム『Le long du fleuve/川に沿って』をリリースしたが話題にならず。1992年セカンドアルバム『Plus que tout au mond/世界で何よりも』:「Plus que tout au monde」、「La moitié de moi/僕の半分」などが好評でヒット、最終的には25万枚以上の売り上げに。1994年アルバム『Un jour comme aujourdhui/今日のようなある日』が37万以上の売り上げで、人気が確実なものに。1995年に作詞家Lionel Florence(1958-)と知り合い、コンビを組み、その後数々のヒットを。1996年アルバム『Superflu/余分なもの』:「Superflu」(自身の作詞作曲)、「Les meilleurs ennemis/最良の敵」(Zazieに提供され、デュオで歌っている)、「Lucie」(FlorenceObispo)など。150万枚以上売り上げObispoの最大のヒットに。1998年シングル「Sa raison dêtre/彼女の存在理由」はFlorenceObispoコンビによる「Sidaction/エイズのために行動を」のために作った曲で40人余りの歌手が参加した。2000年ミュージカル「Les dix commandements/十戒」(詩Florence、曲Obispo)10月4日からParisPalais de Congrèsで上演。その中で歌われた「Lenvie daimer/愛するという欲望」は01年VdMでシャンソン賞。その後も定期的にアルバムをリリースしている。

黄金の指を持つと言われているObispoが他の歌手にヒット曲を提供している。その中には:Zen禅」(1995年歌・作詩Zazie、作曲ObispoSavoir aimer愛する術」(97年歌Florent Pagny、作詞Florence、作曲ObispoMa liberté de penser僕の考える自由」(2003ditoAllumer le feu火を付けろ」(97年歌Johnny Halyday、作詞Zazie、作曲ObispoLe mot de passeパスワード」(99年歌Patricia Kaas、作詞Didier Golemanas、作曲Obispo)、「Tu trouveras あなたには分かるだろう」(2002年歌Natasha St.Piere 作詞Florence、作曲Obispo、「Blondeブロンドの女性」(2014年歌Alizée、作詞 Florence、作曲Obispoなどがある。Obispoの前作は2016年2月5日にリリースした「Billet de emme/女性からの短信」で、これには19世紀の女流詩人Marceline Desbordes-Valmore(1786-1859)の詩にObispoが曲を付けた12曲が収められている。

今回のアルバムのタイトルは若手歌手が最初のアルバムを出す時のように名前から「Obispo」としているが、これは27年属していたレコード会社を変え新たな第1歩を踏み出したからか。アルバムには「私の音楽のDNAであるロックに立ち返った」18曲が収録されている。その中にはBebjamin Biolayに詩を提供されたもの、Obispo自身の作詞になる曲もある。また他の歌手とのデュオも6曲。18曲は「Et bleu・・/そして青い・・」(2015年9月に結婚したJulie夫人とのデュオ)、「Rien ne dure/何も長続きしない」、「A Forthlin Road」(The Beatlesへのオマージュ、Calogeroとのデュオ)、「Chante la rue chante/通りよ歌え」、「Les chansons de Voulzy et Souchon/ヴルジーとスーションのシャンソン」(Laurent VoulzyAlain Souchonへのオマージュ)、「On n’a rien fait de mieux/それ以上うまくはできなかった」、「D’accord/了解」(Isabelle Adjani及びYousou N’dourとのトリオ)、「Je rentre/僕は戻る」(Rennesで活躍しているACIPhilippe Pascaとのデュオ)、「Poète maudit/のろわれた詩人」(Christopheとのデュオ)、「Universelle solitude/誰にでもある孤独」、「Amy」(Amy Winehouseへのオマージュ)、「Toxicomanes/麻薬中毒者」(Benjamin Biolayとのデュオ)、「On n’est pas seul sur la terre/地球上では誰も一人ではない」、「Vincent pleure/泣いているヴァンサン」、「La société de consomation/消費社会」、「L’eclaricie/雲の切れ間」、「Saudade/孤独」など。

LucieClip officiel https://www.youtube.com/watch?v=2GZxqT7o8jc

Rien ne durehttps://www.youtube.com/watch?v=hjO_iuHgKnE

Obispoは2019年1月25日からツアーを開始、2月12、13日ParisSalle Pleyelに出演。

 

5.モラーヌMaurane、遺作アルバムBrel/ブレル

Mauraneの遺作となったアルバム「Bre」が2018年10月12日にリリースされた。Maurane、本名ClaudineLuypaerts、1960年ベルギーIxelles生まれのACI。両親ともミュージシャンで幼少の頃からヴァイオリンを習い、16~7歳の頃には各地のフェスティヴァルののど自慢に出場。1980年Saravahレーヴェルから最初のEP、その後も数枚出すが成功せず、レストランやバックコーラスで歌う。1986年ジャズ調の「Danser/踊る」を出してから徐々に人気に。1991年45万枚売り上げたアルバム「Ami ou enimmi/友だちそれとも敵」で1994年VdM女性歌手賞を受賞。2002年Lara Fabianとのデュオでシングルリリースした「Tu es mon autre/あなたはもう一人の私」が最大のヒット。2014年アルバム「Ouvre/明けて下さい」をリリース後、のどの不調を訴え2年ほど活動を休止していた。その後回復し活動を再開したが、2018年5月7日夕Bruxelles近郊の自宅で心臓発作のため亡くなった。享年57歳。 Mauraneは次のアルバムを、ベルギーが生んだ偉大な先輩歌手Jacques BrelBruxelles 1929- Bobigny1978 ACI)の曲をカバーしたものにする予定。MauraneBrelを尊敬していてステージやTV番組では何度もBrelの曲を歌っていた。アルバムのための録音は2017年12月から2018年4月までの間に既に14曲済ませていた。遺児Lou は「Brelの曲を歌ってのど自慢に出ていたと聞いている。このアルバムを完成させるのが私の義務」。Louは長年Mauraneの伴奏ピアニストを務めていたPhilippe Decockと共にこの録音を編集、Mauraneが生前に予定していた時期でのアルバムのリリースとなった。した。今回リリースしたアルバムには14曲のうちの12曲が収録されている。アルバムは「卓越した」との評価がある。12曲は「Je ne sais pas/私は知らない」、「La chanson des vieux amants/懐かしき恋人の歌」、「La quête/見果てぬ夢」、「La ville s’endormait眠れる街」、「Fils de・・/・・の息子」、「Quand on n’a que l’amour/愛しかない時」、「Voir un ami pleurer/泣く友を見る」、「Une  île/島」、「Ne me quitte pas/行かないで」(Lou「私が最後に母に会ったのはこの曲を録音しているスタジオで」)など。

La chanson des vieux amantsMaurane https://www.youtube.com/watch?v=c3YXlPxJKz4

La chanson des vieux amantsBrel https://www.youtube.com/watch?v=dU-OD5_Dxrs

 

6.ジェニフェールJeniferNouvelle page新しいページ

Jenifer201810月26日にリリースした新しいアルバムは「Nouvelle pageJenifer(本名Jenifer Bartoli 1982- 歌手、俳優)は、Nice生まれ。幼少の頃から歌が好きで得意。14歳から年齢を偽ってコートダジュールのピアノバーで歌う、16歳でパリに出てバーなどで歌う。2001年TVTF1のスター誕生番組「Star Academy」の第1シーズンに出場し、優勝。優勝者は賞金のほか、ユニヴァーサルミュージックと契約を結びアルバムを出すことができことになっていた。そして2002年3月25日ファーストアルバム「Jenifer」をリリース。これにはDonne-moi le temps/私に時間をください」、「J’attends l’amour/私は愛を待っている」など11曲収録されていて100万枚以上の売り上げに。2002年オランピアに出演。2003年Johnny Hallydayのフランススタジアム公演に出演「Je te promets」をデュオで歌う。その後2016年の「Paradis secret/秘密のパラダイス」まで6枚のアルバムをリリース。07年12月Museé Grévin/グレヴァン博物館に蝋人形が展示された。Jeniferラジオ局NRJ賞受賞の常連で、2003年のフランス語圏新人歌手賞を含めすでに8回受賞している。2017年3月6日BruxellesParadis secretツアー」の公演を終え、LilleからParisに向かっていたJeniferminibusが高速道のOiseChamant付近で、他の車に追突、2人が死亡するという事故に遭遇。Jenifer自身は向こう脛の切り傷程度で軽傷だった。「この事故以降、私の歌に対する情熱を失ってしまった。しかし子供たちのおかげで立ち直ることができた」(Jeniferは2003年当時のパートナーACI Maxim Nicciとの間に男児、2014年当時のパートナー俳優Thierry Neuvicとの間に男児をもうけている)。2018年Jeniferは活動を再開。まず1月16-21日にStrasbourgで行われたLes Enfoirésに出演(2003年から連続16回)、その後、俳優として5月にTVTF1で放送された「Traqués/追われる人」でTVドラマに初出演、ついで映画「Maya l’abeille 2/蜜蜂マーヤ2」では声優として。10月1日にはOlympiaで行われた慈善コンサート「Leurs voix pour l’espor/彼らの声を希望にために」に出演。そして10月26日、8枚目のアルバムのリリース。タイトルは再出発にふさわしく「Nouvelle page」。アルバムには候補曲80曲の中から19曲を収録。「このアルバムは私が受けた傷を癒すもの。この傷から立ち直るのには新しいページをめくることが必要だった。所属しているコード会社を変え、マネジャーを変え、プロデューサーを変えて」。 19曲は:「Notre idylle/私たちの純愛」、「Les choses simples/単純なこと」(詩、曲ともSlimaneに提供されデュオで歌っている)、「Comme c’est bon/何とすてき」(詩、曲ともChristiphe Maéに提供された)、「Encore et encore/もう一度 もう一度」(2017年12月5日コルシカで殺された叔父を追悼した曲)、「Des je t’aime qui se perdent/消えて行くje t’aimeという言葉」、「Respire/ほっとして」、「Hey Jen/ヘイ ジェン」、「Reste/そのままで」、「Pour nous retrouver/再び会うために」、「Nostalgique d’hier/昨日のホームシック」、「Derière le solei/太陽の後ろに」、「Mystère/神秘」(詩はPaul Ecole、曲はMaéに提供された)、「Baby bleus/ベビー ブルース」、「L’éé qui s‘en va/過ぎ去って行く夏」、「Ton absence/あなたがいない時」など。

Donne-moi le temps」2004年https://www.youtube.com/watch?v=leOIHZeM0uo

Notre IdylleTVFrance 3で2018年11月放送https://www.youtube.com/watch?v=XFdSMA-epw8

アルバムはリリースの週Johnny Hallydayの「Mon pays, c’est l’amour」に次いでアルバムチャート2位。

Jeniferは2019年3月8日からツアー。5月18日Paris近郊Boulogne BillancourtLa Seine Musicaleに出演。

 
 No.1521 2018.11.15 

№1521     2018.11.15  

 
Fransisu Lai
 
フランシス・レイ(フランス語の発音はフランシス・レ) 死去

 

Fransisu Laiが死去したと2018年11月8日Niceの市長が発表した(11月7日Niceで死去、あるいは11月6日Parisで死去したとの報道もある)。享年86歳。

 

Francis Lai(フランス語の発音はフランシス・レ)は1932年4月26日Nice生まれ、作曲家(シャンソン及び映画音楽)・ミュージシャン(ピアニスト、アコーデオニスト)。若くして音楽に興味を持ち、ニースのオーケストラの一員として活躍の後マルセイユに。そこでジャズに触れ、50年代にキャバレの歌手として活躍した女性歌手Claude Goaty(「Mon 14 juillet/私のパリ祭」などを歌う)と知り合う。Goatyの招きに応じてParisに上り、Montmatreの質素なstudio/ワンルームマンションに住む。Place du Tertreの近くにあったレストラン「Pichet」で知り合った詩人のBernard Dimey(1931-81)と組んでシャンソンを作曲。Dimeyの詩にLaiが曲を付けGoatyが歌った「Le guilledou/女あさり」がLai作曲の最初の曲。このコンビの作品では「La Tavern d’Attilo/アッティロ食堂」、「Mais si je n’ai rien/もし僕が何も持っていなければ」、「Et tournent les années/そして年は過ぎて行く」、「Nos chères maisons/僕たちの懐かしい家」などが知られている。また、1962年にJuliette GrécoPierre Brasseurが朗読しているDimeyの詩「Le bestiaire de Paris/パリの動物誌」では、詩に合わせてLaiが作曲したバックミュージックを Lai自身がアコーデオンで演奏している。Lai はその後一時Henri Salvasdorのバックなどを務め、Michel Magneのオーケストラでも活動した。その後Edith Piafの伴奏者になり、Piafのために作曲も。PiafのレパートリーでLaiの作曲によるものとして:「Emporte-moi/私を連れて行って」(1962年 J.Pante作詞)、「L’homme de Berlin/ベルリンの男」(1963年MVendome作詞)、「C’était pas moi/それは私ではなかった」(63年 RGall作詞)、「Les mains/両手」(63年 Piaf作詞)などがある。Piafの1962年オランダNimegueのコンサートでは歌った曲の過半はLaiの作曲によるものだった。(後にLaiは1983年Claude Lelouch監督映画「Edith et Marcel/エディットとマルセル」で音楽を担当している。)

 

その後友人を通じてPierre Barouhと知り合い、1965年BarouhClaude Lelouchを紹介された。映画音楽の作曲者としての第一作がLelouch監督の1966年5月27日フランスで公開された映画「Un homme et une femme/男と女」。日本での公開は1966年10月15日。映画は1966年のカンヌ映画祭でPalme ‘Orを獲得した。映画にも出演していたBarouhの作詞により、BarouhNicole Croisilleが歌っている主題歌「Un homme et une femme」は「Da ba da ba da, ba da ba da ba」のスキャットで世界的にヒットした。Andy WilliamsElla Fitzgerardは「A man and a woman」のタイトルで、英語で歌っている。

 

その後Laiは100本以上の映画で音楽を担当。その中には:「Vivre pour vivre/パリのめぐり逢い」(1967年 Lelouch監督)、「La leçon particulière/個人授業」(1968年 Michel Boisrond監督)、「Mayerling/うたかたの恋」(1968年Trence Young監督)、「13 jours en France/白い恋人たち」(1968年 Lelouch監督)、「Le passager de la pluie/雨の訪問者」(1970年 René Clément監督)、「Love Story/ある愛の詩」(1970年Arthur Hiller監督。1970年アカデミーの作曲賞を受賞。Mireille Msthieuが「Une histoire d’amour」のタイトルで、フランス語で歌っている)、「Les uns et les autres/愛と哀しみのボレロ」(1980年 Lelouch監督)、「Trop belle pour toi/美しすぎて」(1989年 Bertrand Bilier監督)などがあり、最近のものでは「Salaud, on t’aime/げす野郎、お前が好きだ」(2014年Lelouch監督、Johnny HallydayEddy Mitchell出演)、「Chacun sa vie/誰にもそれぞれの人生が」(2017年 Lelouch監督)など。

 

また、Laiは600曲以上のシャンソンを作曲した。その中には上記の他:Nocole Croisille(「Vivre pour vivre」1967年、「Les clés du paradis/天国の鍵」1990年)、Yves Montand(「La bicyclette/自転車」 または 「A  bicyclette/自転車で」(1968年)、Dalida(「Pour qui, pour quoi/誰のために、何のために」1970年)、Serge Reggiani(「Le fruits de mer/海の幸」 1975年) Mireille Mathieu(「Je ne sais rien de toi/私はあなたのことを何も知らない」1972年、「Un peu d’espérance/少しの望み」2005年、Johnny hallyday(「L’aventure, c’est l’aventure/アヴァンテュールはアヴァンテュール」1972年)、Charles Aznavour(「Je n’attends que toi/待っているのは君だけ」1983年)、Patricia Kaas(「La chanson des misérables/貧しい人々のシャンソン」1995年)、Françoise Hardy(「Femme parmi les femmes/女の中の女」、Elton John(「From Denver to L.A」1970)などがある。

 

訃報に接したClaude Lelouchの思い出・・「男と女」の誕生秘話

 

Francis Laiは私の生涯の男だった。アコ-デオニストに姿を変えた天使だった。50年以上に渡る親交の中で35本の映画で協力した。彼は私にとってはフランス一の作曲家だった。私のどんな映画にも心をときめかせてくれた。私の映画がうまくいったらそれは彼のお陰だ。素晴らしい思い出しか残っていない。

 

Un homme et une femme」を作った時、彼はMontmartreに住んでいた。concierge/門番が住むような部屋に。最初に訪ねた時、彼が作った10曲ほどを聞かせてくれた。彼は隣室の人の迷惑にならないようにと、ベッドの中で布団をかぶってアコーデオンを弾いた。その10曲は素晴らしいものではあったが、私が求めていたものとは違っていた。帰ろうとした時「もう1曲ある」と言って「Un homme et une femme」の主旋律を弾き出した。「それだ、それを使おう」。一晩かかって二人でその主旋律からあのような曲を作った。一つ映画において音楽がしめる役割はとても大きい。台詞では表現できないことを語ってくれるから。「Un homme et une femme」には主役のJean-Louis TrintignantAnouk Aiméeが海岸を歩く場面がある。彼らを歩かせているのはFrancisの音楽だ。私は彼に自分の映画について最初に話した。私は常に映画に使う音楽をあらかじめ録音しておくから。だから私の作品について最初に知るのは彼だった。つい最近一緒に映画を作ったばかり。編集が終わったところ。これは多分2人が協力した作品では最高のものになるだろう。彼はそれを見ることができなかった。それが悲しい・・

 

Nicole Croisilleの哀悼の辞・・Francisは我々、Lelouchと私、にとっては牧神のような存在だった、その牧神が逝ってしまった。Francisは誠実な男性で、ごまかすことがない。彼の作曲は決して単純なものではなかった、「Un homme et une femme」の主旋律に見られるように。彼の音楽は常に優しく、感動的だった・・

 

Edith PiafEmporte-moi/私を連れて行って」1962年http://www.ina.fr/video/I00012856/edith-piaf-emporte-moi-video.html

 

映画「Un homme et une femme」のラストシーン https://www.youtube.com/watch?v=kFpSMr208iA

 

Un homme et une femmeBarouh  Croisille 19661020日 https://www.youtube.com/watch?v=M4yo58nTvhU

 

Un homme et une femmeLaiBarouh  Croisille 201111 https://www.dailymotion.com/video/xi94gi

Parisの「Theatre du Rond-Point」で行われた東日本大震災の被災者支援コンサート「Tsunami et demain」で

 

Fransic Lai1977年1月19日TVに出演 http://www.ina.fr/video/I07117133/francis-lai-pot-pourri-video.html

 電子ピアノで「U n homme et une femme」などを演奏

 

Une histoire d’amourMireille Mathieu 1971年 https://www.youtube.com/watch?v=9BDoS52NPeQ

 

A bycicletteYves Montand  1981年 Olympiahttps://www.youtube.com/watch?v=lOZPWpiNUWQ

 
No.1520  2018.11.3   
KCN 1520  2018.11.3  

  

ジョニー・アリディー Johnny Hallyday、遺作アルバム」空前の売り上げ   

 2018年9月19日にリリースされたJohnny Hallydayの遺作アルバム「Mon pays, c’est l’amour」がリリース後3日でdisque de diamant/ダイアモンドディスク(50万枚以上)になるという空前の売り上げを記録した。

 Johhny Hallyday、本名Jean-Philippe Smetは1943年6月15日Paris9区生まれの歌手・作曲家・俳優。フランスの最初のロック歌手、57年に及ぶキャリア、1000曲以上録音、100曲以上作曲、1億1000万枚以上のレコード売上げ。スタジオ録音50枚(1961年2月1日LPNous les garcons, nous les filles/僕たち男の子、私たち女の子』から、2015年11月3日『De l’amour/愛について』まで)、ライヴ29枚のアルバム、VdM10個(Alain Bashungの12個に次ぐ)。182回のツアー2800万人を集め、Parisでは693回のコンサート、Olympia266回、Palais des Sports144回、Bercy99回(Vieilles canaillesを含め)、Zenith78回、Parc des Princes(2回で7コンサート)、Stade de France(3回で9コンサート)、40ヵ国でコンサート。2500回以上雑誌の表紙を飾り、関連書籍は190冊を数える。2017年12月5日肺ガンのためMarnes-La-Coquetteの自宅で死去、享年74。別荘があるIle de Saint-Barthelmy(カリブ海のサン・バルテルミー島)のLorient墓地に埋葬された。

Mon pays, c’est l’amour」はHallydayの51枚目のスタジオ録音アルバムで、遺作となった。Hallydayliveアルバム「Rester vivant tour」がリリースされた2016年10月21日には、Yodeliceらの協力を得て次のアルバムの準備にかかっていると語っていた。Yodelice(本名Maxime Nouchy)は1979年生まれのACI、ギタリスト・ピアニスト、プロデューサー、Hallydayの50作目のアルバム「De l’amour/愛について」から、曲を提供し、また、プロデューサーを務め、今回のアルバムでも、共作も含め10曲を作曲している。「このアルバムのために多くの詩を集めた、50ほどになるだろうか。そのうち26について作曲した」。Hallydayは2017年3月8日には肺ガンに罹患していることを公表したが、その数日後にはLos AngelesHanson Recordingスタジオで、アルバムに収録予定の3曲の録音を開始。6月10日から7月5日までJacques DutroncEddy Mitchellと「Les vieilles canailles/年老いた悪戯っ子たち」コンサートを17回行った。9月からは抗ガン治療を受けながらParis郊外SuresnesGuillaume Tellスタジオ、ParisSpooklandスタジオで録音。当初の収録予定の12曲のうち10曲の収録を終えた。アルバムにはその10曲とinstrumental1曲の11曲が収録されている。

11曲は:「J’en parlerai au diable/それを悪魔に話すだろう」(Pierre Jouishomme作詞/Yodelice作曲、アルバムリリースと同時にシングルカット。このアルバムの中では最も優れた曲との評価が高い)、「Mon pays, c’est l’amour」(Katia LandreasYodelice)、「Made in Rock’nRollLet the good times roll)」(英語の詩はJD McPherson、仏語の詩はPierre-Dominique BurgaudJD McPherson)、「Pardonne-moi/僕を許して」(Yohann MaloryHerve Le SourdYodelice、夫人のLaeticiaに逝ってしまうことの赦しを求めているよう。この曲も最も優れた曲との評価がある)、「Interlude」(instrumental、指揮はYvan Cassar)、「4 ㎡」((Pierre-Yves LebertYodelice、4㎡は独房)、「Back in LA」(MiossecYodelice &Yarol Poupaud)」、「L’Amérique de William/ウイリアムのアメリカ」(Jerome AtalYodelice、ここでWilliamとは写真家William Egglestonのこと)、「Un enfant du siècle/世紀の子供」(Yohann Malory& Herve Le SourdYodelice &Yarol Poupaud)、「Tomber encore/もっと落ちる」(Boris LanneauYodelice &Yarol Poupaud)、「Je ne suis qu’un homme/僕は一人の男の過ぎない」(Yohhan Malory &Herve Le SourdYodelice &Yarol Poupaud

J’en parlerai au diable」のクリップはFrançois Goetghebeurによる。2016年9月に撮影されたもので、友人たちと共にNovelle OrélanLoa AngelesTexasNouveau MexiqueUtahを走行している。

ジャケットの白黒写真はDimitri Costeによる。2012年リリースのアルバム「L’attente/待つこと」用に撮影されたものの1枚。

 

アルバムは10月19日午前0時に発売開始。ParisChamps-ElyséesFNACはこの日特別に0時から4時まで開店することにし、22時に長蛇の列ができていた。通常のレコード店の他、食料品のスパーマーケットであるSimply MarketAtacの店頭にもCDが置かれた。予約が10万枚あったことから0時1分アルバムはdisque de platine/プラティナディスク(10万枚以上の売り上げ)に。同日中にこの予約を含め30万枚売り上げ、3日後には63万枚の売り上げでdisque de diamantに、1週間で78万枚の売り上げ。アルバムは通常のCD、28ページのブクレット付きの数限定コレクター版CD及びレコードでリリースされた。

 

アルバムのマスコミ関係者へのプレゼンは10月15日の午後に行われた。これには80人余のマスコミとHallydayの数人のファンも招待された。通行証には次のようなJohnnyの言葉が印刷されていた「皆さんのおかげで、私は素晴らしい時を過ごすことができた。皆さんは私の人生の一部であり、私は皆さんを決して忘れないでしょう」→マスコミの反応「もちろん我々もあなたを決して忘れないでしょう」

マスコミの評価は分かれていて・・

「力強い歌詞、素晴らしいギターのリフと華麗なバラードに裏打ちされた素晴らしいロック。闘病中とは思えない、力強い、はっきりした声。歌詞を通じて送られるメッセージで彼は自分が死に瀕していること自覚しているようだ」

「このアルバムはHallydayの遺言と言うには物足りない。また彼の最も優れたアルバムとも言えない。結局の所Johnnyのアルバムとしてはありきたりで、5段階評価の3。しかし、彼の闘病とステージに立とうとする強い意志を見ているファンにとっては、彼のロック歌手としての魂は期待通りのものだろう」

「最初に聞いた時から失望感を感じた。Johnnyの声は目立たない。声の不十分さを隠すためなのだろうか。作曲と編曲は文句の付けようがない、アメリカの道路を「Road trip」しているよう。歌詞は感心しない。Hallydayはこれらの歌詞のすべてについてOKを出したのだろうか?」

 

J’en parlerai au diable」: https://www.youtube.com/watch?v=CobeBZNlR8E

Johnnyはしっかりした、印象深い声でこの曲を歌う。アルバムのリーディングにふさわしい。聞く者に感動を与えるとの評価がある。

・・時が来て私が悪魔のテーブルに着き、真実を話す時になったら、私はそれを悪魔に話すだろう。悪魔は私の話を聞き、無罪か、有罪かを決めるだろう。私がどんな人間だったか判定を下すだろう・・

 発売日の様子 ParisLes hamps lyséesFNAChttps://www.youtube.com/watch?v=57tLumoY0As

インタヴューに答え涙ぐむLine Renaud リーヌ・ルノー    

 No.1519 2018.10.27   

No. 1519    2018.10.27

8月、9月の新譜5題 ご紹介いたします。                                                                    

 

1.ナターシャ・サン ピエールNatasha St-Pier

Thérèse de Lisieux, Aimer c’est tout donner/テレーズ・ド・リジュー、愛すること、それは全てを与えること」

Natasha St-Pierが2018年8月3日にリリースした新しいアルバムは「Thérèse de Lisiey, Aimer c’est tout donner」。

St-Pierは1981年 CanadaNouvelle-Brunswick州、Bathurst生まれの歌手、シャンソンフランセーズで最も美しい声を持つ女性歌手に一人と言われている。幼少の頃からピアノ、バレーを習い、1993年には地元テレビ局ののど自慢番組で最も若い決勝進出者になりカナダのフランス語圏で有名に。14歳で最初のアルバム「Emergence/突然の出現」をQuébecでリリース。

1999年ミュージカル「Notre-Dame de Paris」のQuébecとロンドン公演にFleur-de-Lys役で出演。2001年コペンハーゲンで行われたEurovisionのフランス代表に選ばれ「Je n’ai que mon âme」を歌い4位に。2002年9月にはvedetteしてOlympiaに出演。2003年Pascal Obispoに提供された曲(「Tu trouveras/あなたはきっと分かる」など)を中心にしたアルバム「De l'amour le mieux/最高の愛を」をリリース、VdM新人賞。2003年から2015年までの間に11回Les Enfoirésに出演している。

13枚目となる今回のアルバム「Thérèse de Lisieux, Aimer c’est tout donner」は、2013年リリースのアルバム「Thérèse,vivre damour/テレーズ、愛に生きる」の続編とも言うべきもの。

Sainte Thérèse de Lisieux(1873-1897)は16歳でLisieuxCalvados県)のカルメル会の修道院に入り24歳、結核で死去。死後自叙伝「Histoire d
une Ame/一つの魂の物語」が出版され、世界中でベストセラーに。1925年列聖された。主にThérèse de Lisieux の詩に曲を付けた今回のアルバムではSt-Pierは作曲では、カトリック教徒で構成されるロックグループGloriusThomas PouzinBenjamin Pouzinらの協力を得、またバックコーラスでもGloriusの協力を得ている。

収録されているのは
13曲で:「Aimer c’est tout donner」、「Enfant tu connais mon nom/我が子よ、お前は私の名を知っている」、「Mon ciel à moi !/私の空」、「Zelie」、「Moi si j’avais commis/もし私が過ちを犯したら」、「Vierge Marie/聖処女マリア」、「Elle s’appelait Thérèse/彼女の名はテレーズ」、「Ma vie n’est qu’un instant/私の人生は一瞬に過ぎない」、「Pour la première fois/初めて」、「Sur une fleur/一つの花の上に」、「Ave Maria/アヴェ マリア」、「La Cantique des Cantiques/ソロモンの雅歌」。

Tu trouverashttps://www.youtube.com/watch?v=uaWvBxWfkcs

Aimer c’est tout donnerhttps://www.youtube.com/watch?v=v7x9jqsmwf8

St-Pier28Lisieuxの教会で、29日にはParisSaint-Sulpice教会Parisでコンサート。その後2018年11及び12月、2019年3~6月国内ツアーで、各地のZénithなどのホールばかりではなく教会などでの40回のコンサートが予定されている。

 



2.ケンジ・ジラク Kendji Girac

Kendji Girac が8月31日にリリースした新しいアルバムは「Amigo/友だち(スペイン語)」。

Kendji Girac、本名Kendji Maille1996日フランス西部Aquitaine地方、DordognePerigueux生まれ、歌手、作曲も行う。ロマ(jジプシー)で家族と共にキャラヴァンでフランス国内を回る生活を送っていた。

TVTF1のスタ誕番組「The Voice」の2014年第3シーズン圧倒的な強さで優勝。14年9月リリースのファーストアルバム「Kendji」は、
Color Gitano」、「Mon univers/僕の世界」、「Viens chez nous/僕たちの家へお出で」、「Andalouse/アンダルシア女性」などを収録、2015年10月には100万枚を突破、現在までに130万枚の売上げと言われていて「le phenomène KendjiKendji現象」とも言えるほどの人気に。

20
15年5月12、13、14日にはParis Olympiaに初出演。2015年10月リリースのセカンドアルバムEnsemble/ともに」「Me quemo/(スペイン語)身を焦がす」など13曲収録で90万枚の売上げ。TVTF1局の視聴者の投票により「La chanson de l’année/その年のシャンソン」では、2015年には「Andalouse」、2016年には「Me quemo」とGiracの曲が2年連続して選ばれた。また音楽専門のラジオ局NRJMusic Awardsでは2014年にフランス語圏新人賞及び「Color Gitano」でシャンソン賞を受賞、2015年には「Conmigo」でシャンソン賞を受賞している。2017年3月(8日)には20歳の若さで、Musée GrévinParis 9区)に蝋人形が展示された。

2016年3月のBercy公演以降新しいアルバムの準備のため表舞台に立っていなかったKendjiが満を持して世に送った3枚目のアルバムが「Amigo」、50曲以上録音しその中から13曲を選び収録、タイトルがスペイン語の曲も
Yo antare/僕は歌うだろう」を除き、歌詞はフランス語。それらは:「Maria Maria/マリア、マリア」(4月20日には先行シングルリリース、2018年6月9日の放送でTVTF1の「La chanson de l’année 2018」に選ばれた)、「Pour oublier/忘れるために」(Vianneyが協力)、Tiago/ティアゴ」(人名、Vianneyが協力)、「Amigo」、「Laisse tomber/放っておけ」、「Que Dieu me pardonne/神よ我を許し給え」(Davide Esposito作詞・作曲、Claudio Capeoとのデュオ)、「Autour du feu/火の周りに」、「Ma folie/僕の愚かの行為」、「Tu vas manquer/君がいなくて寂しくなるだろう」(Vianneyが協力)、「Mi amor/僕の愛」、「Si je pars/僕が行ってしまえば」、「Ma bien aimee/僕の愛しい人」など。

リリースの週から3週間アルバムチャートの1位。

Color Gitanohttps://www.youtube.com/watch?v=KDOHfl5SR_A

Maria,Mariahttps://www.youtube.com/watch?v=cZx8UiBJd0o

Kendjiは2019年3月1日からツアーを開始、各地のZénithを中心に50回のコンサートが予定されている。Paris登場は11月30日BercyAccorhotes Arenaの予定。

 



3.ザジーZazie、「Essenciel/最も重要なこと」

Zazieが2018年9月30日にリリースした新しいアルバムは「Essenciel」。

Zazie、本名Isabelle Marie Anne de Truchis de Varennesは1964年パリ近郊Boulogne-Billancourt生まれ、モデルから1992ACIとしてデビューし25年以上のキャリアを誇る。

92年のファーストアルバム「Je, Tu, Ils/私、あなた、彼ら」は、売上げ3万枚程度で華々しいものではなかったが、ACIとして認められるには十分で、93年にはVdM女性新人賞を受賞。95年1月にリリースしたセカンドアルバム「Zen/ゼン」は50万枚以上の売り上げでZazieのシャンソンフランセーズにおける地位を確実なものにした。アルバムに収められている「Larsen/ハウリング」のクリップは96年VdMのクリップ賞受賞。98年VdMで女性歌手賞受賞。2001年のアルバム「La Zizanie/不和」で、02年2度目のVdM女性歌手賞受賞。04年11月アルバム「Rodéo/ロデオ」をリリース、その後に行った「Rodéo tour」で06年VdMツアー賞受賞。15年3月コンピレーション「
Zazie, Les 50 plus belles chansons/ザジー、最も美しいシャンソン50曲」をリリース。

Zazieは他の歌手にも優れた曲を提供していて、08年に作詞作曲しChristophe Willemに提供した「Double je/二重の僕」がオリジナルシャンソン賞を受賞している。ほかにJane Birkin(「C’est comme ça/そんなもの」Zazie作詞作曲)、Patricia Kaas(「J’attends de nous/私は私たちに期待する」Zazie & Obispo作詞作曲)、Johnny Halyday(「Allumer le feux/火を付ける」Zazie作詞、Obispo作曲、この曲はHallydayがコンサートの際よく歌った)、Isabelle Bouray(「L’amour dans l’âme/心からの愛」Zazie作詞作曲)など。またPascal Obispo(96年の「Les meillieurs  ennemis/最良の敵」)、Axel Bauer(2002年「A ma place/私の代わりに」はNRJでフランス語シャンソン賞を受賞)らとのデユオ曲もヒット。

Zazieは、Les Enfoirésの主要メンバーの一人で、1997年以降19回連続して出演している。「Essenciel」は10枚目のアルバムで
12曲収録。「Speed/いらいらした」、「Watrrtloo」、「Va chercher/探しに行きなさい」、「Nos âmes sont/我々の魂は」、「Ma story」、「On s’aima fort/強く愛し合っていた」、「L’essenciel」、「La source/泉」など。

Larsenhttps://www.youtube.com/watch?v=Cfh-6TECNCs

Speedhttps://www.youtube.com/watch?v=LA7T0GSjzg0

Zazieは2019年秋からツアーの予定

 



4.ヴァンサン・ニクロ
Vincent Niclo21日「Tango

Vincent Nicloが2018年921日にリリースした新しいアルバムは「Tango」。

Vincent Niclo1975年パリ生まれ、テノール歌手。父親は歌手。最初演劇に興味を持ちFrançois Florentの演劇学校に通い、モダンダンスのスクールにも通った後劇場劇やTVドラマに出演。その後パリOpéra座のThierry Dranの許で声楽を学び、ミュージカルに出演するように、特に03年パリのPalais des Sportsで上演された「Autant en emporte le vent/風と共に去りぬ」ではRhett Butlerを演じている。

その後06年からソロ歌手として活動を始め、同年最初のアルバム「Un nom sur mon visage/僕の顔の上の一つの名」をリリースするが、評判にならず。モスクワ公演の際ロシアの「Les Chœurs de l
Armée Rouge/赤軍コーラス隊」の隊長に、コーラス隊のフランス公演の際共演するよう要請され、12年3月から共演。12年9月24日にリリーしたアルバム「Opera rouge/赤いオペラ」は、このコーラスをバックに歌った「Ameno/アメノ」、「Funiculi Funicula/フニクリ フニクラ」、「Caruso/カルソ」、「La Marseillaise/ラ マルセイエーズ」など10曲を収録、5週間アルバムチャートの5位以内に入るヒットで、triple disque de platine(30万枚以上の売り上げ)。

13年11、12月にはCéline Dionのヨーロッパツアーの前座で歌い人気に拍車が。
13年12月Luis Mariano(スペイン1914-Paris1970 歌手)の生誕100年を記念して「La belle de Cadix/カディスの美女」などMarianoのヒット11曲を収録したアルバム「Luis」をリリース、25万枚以上の売り上げ。

14年12月アルバム「Ce que je suis/僕はこうだ」Serge Lamaに詩の提供を受けた「Jusqu’à l’ivresse/酔うまで」などを収録。

16年9月23日リリースの「5.0/5 ドット オー」で、Pascal ObispoBergerac 1965- ACIなどの協力を得た
収録12曲のうち11曲はObispoの作曲になるり、詩の多くはObispoとのコンビで多くのヒット曲を出しているLionel Florenceによる。収録曲はJe ne sais pas/僕には解らない」、「Aimer est un voyage/愛することは一つの旅」、「L’envie de vivre/生きるという欲望」など

今回のアルバム「Tango」はNicloが2015年TVTF1の人気番組「Danse avec les stars/スタート踊る」に出演してダンサーのKatrina Patchellと組んで華麗なダンス(特にタンゴ)を披露したこともあり、タイトルを思いついたようでアルバムには12
曲、「Mi amorLibertango)/(スペイン語)僕の恋(リベルタンゴ)」(Astor Piazzolaの「Libertango」から、Vincent Niclo作詞/Pascal Obispo編曲)、「El Fuego del Amor(スペイン語)愛の炎」(歌詞はフランス語とスペイン語)、「La Cumparsita/ラ クンパルシータ」(Gerardo Heman Matos Rodriguez作詞作曲、タンゴの古典)、「Elena/エレナ」、「Mon amour/僕の愛」(Jeremy Poligneほか作詞作曲)、「La histoiria de un amor/ある恋の物語」(Carlos Eleta Almaran作詞作曲、ラテンのスタンダード)、「Monsieur Gardel/ガルデル氏」(Lionel Florence作詞/Pascal Obispo作曲)、「Uno/一人が」(歌詞はスペイン語)、「Quizas,quizas,quizas/キサス キサス キサス」(Osvaldo Farres作詞作曲)、「Demain/明日」(Slimane作詞/Patrick Fioli作詞)など。アルバムはMuy caliente/(スペイン語で)とても熱い」との評価がついている。

Amenohttps://www.youtube.com/watch?v=seg24dAmiVc

Mi amotLibertango)」https://www.youtube.com/watch?v=iI2-MACQr9k

 



5.ミレーヌ・ファルメールMilène Farmer
Desobeissance/不服従

Milène Farmer が2018年928日リリースした新しいアルバムは「Desobeissance」。

Farmer本名Mylène Gautierは1961年カナダQuébec生まれのACI。芸名は1930年代に活躍したアメリカの女優Frances Farmerから。歳でフランスに。 演劇学校で学んでいるときLaurent Boutonnat(1961.6.14-AC、プロデューサー、演出家、写真家)と知り合い、その勧めで音楽の道に。 BoutonnatFarmerのデビューからのピグマリオン。

1984年3月リリースのSPMaman a tort/ママは間違っている」が10万枚以の売上げで一躍人気歌手に。1986年4月1日ファーストアルバム「Cendres de lune/月の灰」の収録された「Libertine/放蕩女」から「赤毛の放蕩女」とも呼ばれることも。80、90年代にリリースしたアルバム、「Ainsi soit-je・・/アンシ ソワ ジュ」(88年)、「L’autre/二重人格」(91年)、「Anamorphosée/アナモルフォーゼ」(95年)、「Innamoramento/イナモラメント」(99年)はいずれもダイヤモンドディスク。1988年VdM 「女性歌手賞」を受賞。2000年には Alizée(1984- 歌手)を発掘し、そのファーストアルバムをプロデュース。05年VdM 「過去20年の最優秀女性歌手賞」を受賞。その後も05年「Avant que l'ombre/影が迫りくる前に」、08年「Point de suture/縫合」、10年「Bleu noir/青黒い」。12年「Monkey me」、15年と
Interstellaires/星の間の」と定期的にアルバムをリリースしている。09年9月11、12日 Stade de Franceでのコンサート。

15年4月「好きな女性歌手」のアンケートで、Edith PiafBabaraCéline Dionに次いで第4位。ラジオ局NRJ音楽賞のフランス語圏歌手賞4回、フランス語圏アルバム賞3回など、数多くの音楽賞を受賞している。11枚目のスタジオ録音アルバム「Desobeissance」には12曲収録。1曲を除き詩はFarmer自身、曲はFederLéon Deutschmannらの協力を得ている。12曲は:「Rolling Stone」、「Sentimentaeロマンティックな」、「Desobeissance」、「N’oublie pas/忘れないで」(アメリカ人女性歌手Laura Pergolizziとのデュオ)、「Get up Girl」、「Prière/祈り」、「Des larmes/涙」、「Parler d’avenir/将来を語る」、「On a besoin d’y croire/それを信じることが必要」など。アルバムはリリース1週間でdisque de platine(10万枚以上の売り上げ)。

Maman a torhttps://www.youtube.com/watch?v=T8N9hvrklQg

Rolling stonehttps://www.youtube.com/watch?v=jpsmVEiBQNQ

Fermerは2019年6月Paris La Défense Arenaで8回のコンサートが予定されている。当初の予定は6月7、8、11、12、14、15日の6日間であったが、そのチケット12万枚が発売開始48時間で完売、18、19日の公演が追加された。

No.1518
(その2) 
2018.10.27   

 No. 1518(その2)  2018.1012

シャルル・アズナヴール Charles Aznavour、死去 (その2)(その1は上記「過去の記事を読む」 に)

マクロン大統領の弔辞 
  

・・・・・・これから先も長い間多くの男女が、恋の苦しみを、別れの辛さを、始めることの喜びを、明日への希望を知った男女が、記憶の奥にこの詩人が語る言葉を聞くことになるだろう。彼は決っして我々の許を去ることはない・・・・・・(全文の概要下方に)                        

 Ulla Aznavour et ses enfants Nicolas, Mischa et Katia, Brigitte et Emmanuel Macron - Arrivées à l'hommage national à Charles Aznavour à l'Hôtel des Invalides à Paris. Le 5 octobre 2018 © Jacovides-Moreau / Bestimage

各界からの哀悼の言葉など(続き)

・アルメニアの首都Erevan:多くの市民がCharles Aznavourの名を冠した広場に花を手向けた。

Nicolas Sarkozy元大統領:死去の報に接し驚くとともにショックを受けている。Charles Aznavourはその輝かしいキャリアによって、フランス人一人一人の生活の中に入り込んでいる。偉大なChalresは我々の許を去ったが、我々に残してくれた、彼の詩、彼のメロディー、彼の声を。それらはシャンソンフランセーズの天才が、詩人が残してくれたものだ。

Edouard Philippe首相:彼はいつまでも詩人の、人々を感動させた人物の名簿の一番上に名前をとどめるだろう。このアーティストに脱帽!

Pierre Laurent政治家、共産党書記長:素晴らしい歌手、素晴らしい作詞家、素晴らしい作曲家である偉大なCharlesが我々の許を去った。彼のシャンソンと彼の声はこれからも我々を世界の果てまで連れて行ってくれるだろう。

Jean-Pierre Foucault TV司会者Monsieur Aznavourありがとう、フランスの文化を世界中に広めてくれて。今日私たちは本当に悲しい。

Henrikh Mkhitaryan アルメニア出身のサッカー選手:我々が敬愛しているCharles Aznavourが今日亡くなったことを知りとても悲しい。偉大な人物が我々の許を去った、しかし彼の作品はいつまでも我々の心に刻まれることだろう。あなたはいつまでも「For us」、「For meFORMIDABLE.Reposez en paix/安らかにお休み下さい。

Flavie Flament ラジオ・TVの女性司会者:本当に信じられないような才能を持つアーティスト、スター、彼の周りに起こっていることに極めて感受性の強い人物。初めて会ったのは私が22歳の時、それからは「父親代わり」だと思っている。彼が80歳の頃にはこんな想い出がある。彼がホールを横切って私の方にやってきた。「お帰りですか」と声を掛けると「ええ。でもあなたに言いたいことがある。あなたには何か悲しげなところがある。悲しさを追い払い、幸せに生きるように、幸せになるように」。そう言って帰っていった。私にとってはこれは教訓。

Hugues Aufray ACI:個性的な声の持ち主だった。その声の中にはアルメニアがあった。彼は深い根を持つ樹木のようだった。

Sylvie Vartan歌手:胸が張り裂けそう。彼は私が大好きなシャンソン「La plus belle pour aller danser/アイドルを捜せ」を提供してくれた。この曲は特に日本ではよく知られている。Johnny Hallyday、Vartanの最初の夫)と彼の自宅へ行ったことがある。私は緊張していたが、彼は謙虚で、ざっくばらんだった。彼は彼の年代の人たちの中で唯一我々を応援してくれた。彼は生涯若者たちを身近に感じてくれていた。彼はフランス人ばかりでなく、世界中の人々の心をとらえた。アメリカでもよく知られていたので夫(現在のTny Scotti)は私を知る前にCharles Aznavourのことを知っていた。彼は彼のシャンソンを通して不滅だ。10月20日のMarseilleからフランス国内ツアーを始めるが尊敬の思いを込めて「La plus belle pour aller danser」は必ず歌うつもり。

Michel Polnareff ACI:私がクリエーターとしてまた友人として敬愛している人物の訃報に接し、どれほどの悲しみを抱いているか表現することはできない。最近は弱ったなあと感じていた。そして世界ツアーをやることに不安を感じていた。近々Los Angelesで会うことになっていたのに。さようならCharles。とても悲しい。

Sting イギリスの歌手、2009年のAznavourのアルバム「Duos」で「Lamour cest comme un jour」をデュオで歌っている:Charles Aznavourは歌手として、作詞・作曲家として、俳優としてフランスの文化を代表するアーティストで世界的なスパースター。彼と一緒に歌い、録音することができたことを幸運だったと思う。彼は去ってしまったが、彼が我々に残してくれたものは永遠だ。

Maxime Le Forestier ACI一つのページがめくられた。彼はシャンソンフランセーズの中に肉体と、エロティシズムを持ち込んだ。彼にとっては辻芸人でいることが重要だった。彼のレパーtりーの中で1番好きなのは「La Bohèe」、これは私にとっては「措くあたわざる」曲。

Alain Chamfort歌手・作曲家:彼は高齢ではあったが、ある日突然こんなことが起ころうとは思いもしなかった。まだショックが癒えない。彼は簡単に人々に認められたわけではない。多くの逆境を経験した。書いた詩においても、ステージでのパフォーマンスでも、彼の意図は物議を醸した。最初は受け入れなかった人々に認めさせ、最後にはその人々を魅了した。彼は分野を問わず長いキャリアの手本だ。

Patrick Bruel ACIQue cest triste sans toi/あなたがいなくなってなんて悲しいことか(Que cest triste Venise/悲しみのヴェニス)。多くのイメージ、多くの分かち合い、多くの愛情、Charles それらすべてにありがとう。

Julien Clerc ACI:フランスの偉大な作家、偉大な作曲家で歌手、感情という巨大なジャングルの探求者。Cher Charlesあなたを心から敬愛しています。

Mireille Mathieu歌手:私はとても悲しい。Charlesは王だった、シャンソンフランセーズの族長だった。彼は世界中でシャンソンフランセーズを代表していた。彼は天国にいる歌手たちの仲間に入ってしまった。フランス全体が、世界全体が喪に服している。Chrles Aznavourには国葬がふさわしい。

Régine歌手:私は彼は不滅だと信じていた。100歳まで生きると信じていた。彼のためにそう願っていた。彼のユーモアは賞賛に値する。とても人間味があり、エレガントだった。私がシャンソンの世界に入るのには彼の助けがあった。彼は私に「Nounours/ぬいぐるみの熊ちゃん」を作曲してくれた。これは傑作だ。

Brigitte Bardot俳優:彼は我々のAsエース。詩人のAsエース、シャンソンフランセーズのAsエース、人気のAsエース、世界中に才能を示したAsエース。彼はいつまでも我々のAs・・navour

 

 追悼式、葬儀・埋葬

・大統領府主催の追悼式

大統領府の主催による追悼式は10月5日10時からParis7区Les Invalidesの中庭で行われた。Emmanuel Macron大統領夫妻、アルメニアのArmen Sarkissian大統領、Nikol Pachinian首相、AznavourUlla夫人、4人の遺児(長男に当たるCharlesは欠席したが理由は明らかにされていない)、姉のAidaが参列。招待された参列者は約200人。その中には、芸能人・司会者ではJean-Paul BelmondoRobert HosseinLaurent GerraEnrino MacisaZazAntoine DuleryAmel BentGrand Corps MaradeMireille MathieuEddy MitchelDany BrillantMichel LeebAnggunStomy BugsyPascal ElbeMichel DruckerCyril Hanounaらの顔が、政治家では、Nicolas SalkozyFrançois HollandeMarie Bernard CazeneuveJack LangChristophe CastanerMichele Allio-MarieMarine Le Penらの顔が。一般参列者は500人に限定、8時にVauban広場側の門から会場に入った。10時20分、アルメニアの民族吹奏楽器dudukで「Dle Yaman」が演奏される中、三色旗の包まれたAznavourの棺は共和国親衛隊の10人の兵士によって入場、中庭の中央に安置された。棺の前にはアルメニアの国旗に因んだ3色の花束が置かれた。最初にアルメニアのPachinian首相がアルメニア語で弔辞を述べた。次いで

Macron大統領が次のような弔辞を述べた・・Charles Aznavourは、自分は1世紀生きると語っていた。それは彼の最後の挑戦だった。年齢は彼の生きること、創作すること、歌うこと、愛すること、笑うことへの欲望を減退させることはなかった。しかし死は音もなくやって来た。彼の死は突然のことであり、彼の伝説的な希望が叶えられることがなかったことは我々にとって非常に悲しい。彼は数十年に渡って、我々の生活をより穏やかのものにしてくれ、我々の涙の苦さをより軽くしてくれ、我々の喜びをより軽快なものにしてくれた。彼のシャンソンは多くの人々にとって、不安や心痛を癒してくれる芳香剤であり、薬であり、慰めであった。その同行者が我々の許を去ってしまった。我々が生きていることの真実を連帯感を持って語ってくれた語り手が。 もう一人のChrles、Charles Trenetは若きAznavourに助けの手を差し伸べた。Trenetは「人々は詩人の魂を何気なく歌う、時々歌詞を忘れて・・」と歌っている。Aznavourのシャンソンにはまず歌詞がある、まず我々の心にしみる言葉がある。彼のシャンソンのタイトルや歌詞の1部は多くのフランス人の共通の財産になっている。人々は口ずさむ「Je me voyais déà/僕にはもう解っていた・・」(「Je me voyais déà/希望に満ちて」の歌い出し)、「Je vous parle dun temps/あなた方にある時代について話しましょう・・」(La Bohème)の歌い出し)、「Jhabite seul avec mamon/僕はママと二人で住んでいる・・」(「Comme ils disent/人々が言うように」の歌い出し)、「Hier encore/昨日はまだ・・」(「Hier encore/帰りこぬ青春」の歌い出し)、「Jai travaillé des années/僕は長年働いた・・」(「Mes emmerdes/想い出を見つめて」の歌い出し)、「Que c‘est triste Venise/ヴェニスはないと悲しいんだ・・」(Que cest triste Venise/悲しみのヴェニス)の歌い出し)などと。このことこそ一人のアーティストの才能を示す証左。我々にはそれぞれにそれぞれのAznavourがいる。それぞれに大事にしている曲がある。彼の曲には違った面がある。たとえばタンゴのリズムで歌われる「Lindifférence/無関心」にはVerlaineの詩に似たところがあり、「Le palais de nos chimères/僕たちの空想の館」には昔の通りのシャンソンの趣がある。 このアルメニアからの移住者の子は、本能的にフランスには、何物にもまして神聖な聖域があることを理解した。フランス語という聖域が。 我が国におけるヒーローには、受け継いだ血からフランス人である者もいる。しかし話す言葉によって、愛した言葉によって、仕事で使う言葉によって、書く言葉によってフランス人になった者もいる。KesselJoseph Kessel Argentine1989―1979France Averres 小説家)やGaryApollinaireIonescoも、それにAznavourもフランス人だ。この言葉のニュアンスやひだ、色やアクセントを知り、Azunavourはフランス人になり、パリジェンヌなった。 彼の両親とは異なるアイデンティティを持った言葉で彼の世界を紡いだ。それによってTrenetPiaf、さらにはより先輩のFrehlDamiaの跡を継いだ。 彼は8カ国語で歌ったが、どこへ行っても観客の前では彼のシャンソンをフランス語で歌った。フランス語はただ単に一つの国民を結びつけるものではなく、自由を、希望を表す詩人の、小説家の、芸術家の、哲学者の言葉だからだ。 デビュー当時Aznavourは小柄で、男前でもなく、人に好まれるような声でもなく、持って行った詩も先輩たちの気に入られることもなかったことから歌手になることをあきらめろと忠告されたと言われている。しかし彼は決してあきらめなかった。勤勉さと意志の強さによって彼は自分の才能を認めさせた。それは決然とした意志を持っていたからばかりではなく、愛と情熱を持っていたからだ。言葉に対する情熱を、フランスに対する情熱を。 彼は来週私と一緒にErevanを訪問することになっていた。アルメニアで開催されるフランス語圏サミットに出席するために。彼がいないことは大きな穴が開いたようだがアルメニアとフランスの友好関係は彼が我々に認識させてくれたようにこれからも続くだろう・・

20分に及んだ弔辞をMacron大統領は次のように締めくくった・・私は確信している、これから先も長い間多くの男女が、恋の苦しみを、別れの辛さを、始めることの喜びを、明日への希望を知った男女が、記憶の奥にこの詩人が語る言葉を聞くことになるだろう。彼は決っして我々の許を去ることはない。なぜなら「En France, les poètes ne meurent jamais./フランスでは詩人は決して死なないものだから。 Vive la Republique, vive la France/共和国万歳、フランス万歳」。

その後Aznavourの棺は共和国親衛隊合唱隊がAznavourのヒット曲「Emmenez-moi」を歌う中、入場時と同様に10人の兵士によってかつがれ、Invaliddes中庭の北口から退場、遺族と大統領夫妻が付き従った。棺が出口に近づいた時参列者全員が拍手で見送った。

式の模様はTVFrance2などが中継した。Invalides前の広場には巨大スクリーンが置かれ多くの市民が式の模様を視聴することができた。

アルメニアのErevanではAznavour広場に大型のTVが置かれFrance2の放送が流され多くのアルメニア市民が視聴した。

棺の入場と安置 https://www.youtube.com/watch?v=kDwffiTgzKA

Macron大統領の弔辞 https://www.youtube.com/watch?v=O3qw1uUwz2g

棺の退場https://www.youtube.com/watch?v=stJ7wwTci_8

Ulla Aznavour et ses enfants Nicolas, Mischa et Katia, Brigitte et Emmanuel Macron - Arrivées à l'hommage national à Charles Aznavour à l'Hôtel des Invalides à Paris. Le 5 octobre 2018 © Jacovides-Moreau / Bestimage

追悼式で遺族に弔意を示すMacron大統領 握手しているのはUlla夫人、その右隣が娘Katia、さらに右隣りがMacron大統領のBrijitte夫人。Ulla夫人の左隣が息子Miha、さらに左隣が息子Nicolas

 ・葬儀・埋葬

葬儀は10月6日午前10時からからParis8区のアルメニア教会Saint-Jean-Baptisteで遺族、ごく近しい人々、教会及び公的機関当局者のみ約150人が参列して行われた。参列者として、Macron大統領、アルメニアのPachinian首相、Youri DjorkaeffAndre ManoukianMichel DruckerSerge LamaAlain TerzianGrand Corps Maradeらの名が報道されている。教会内でのマスコミの取材は許可されなかった。

その後葬列はParisから西方45km人口3000人弱の小村Montfort-l‘AmauryYvelines県)に向かい、遺体は10月6日午後1時から同地のRue Saint-Nicolasにあり、16世紀に設けられ、歴史的建造物に指定されている墓地のAznavourの家族の墓に埋葬された。この墓にはすでにAznavourの両親と息子のPatrickが眠っている。Montfort-l‘Amaury観光協会では10月10日まで記帳台を設け、記帳者名簿は遺族に届けられることになっている。

 

なおアルメニアではこの日を服喪の日とし、公共施設には半旗が掲げられたよし。    


1+%28Custom%29.JPG (850×616)


Paris 8区 アルメニア教会Saint-Jean-Baptiste


Résultat de recherche d'images pour "Une dernière fois, les fans ont chanté «Emmenez-moi» pour Charles Aznavour Obsèques de Charles Aznavour au cimetière de Montfort-l’Amaury"

墓地に入るAznavourの棺墓地に入るAznavourの棺

No.1518  2018.10.2 

No.1518     2018.10.2

 シャルル・アズナヴール Charles Aznavour、死去

                        

Charles Aznavourが2018年10月1日、30年以上前から住んでいるMourièsBouche-du-Rhones県)の自宅でで死去。享年94歳。Aznavourは9月30日(日曜日)にはMourièsのレストランLe Vieux Fourで夕食、いつものようにワインを飲み、特に変わったところはなかった。10月1日(月曜日)の朝、浴場で倒れているAznavourを庭師が発見した。検死の結果死因は心肺の機能不全による自然死。

9月12日には、ヴェルサイユ宮殿で行われたMacron大統領主催の皇太子殿下歓迎晩餐会 で、大統領夫人の隣席に顔を見せていた
*。9月には来日し、17日夜には東京で、19日には大阪で休憩なく2時間にわたり20数曲を歌い続けたばかりだった。60年以上のキャリアで1400曲以上を作詞・作曲、作詞、作曲し、1200曲以上を8カ国語で録音、1億枚以上のレコードを売上げ、110ヵ国でコンサート、80本以上の映画、TVドラマに出演。

(*アズナブールは 2018年4月日仏間の交流強化及び友好親善に寄与したとして、日本国政府から「旭日小綬章」を授与されている)

 

 各界からの哀悼の言葉など

La Tour Eiffel (エッフェル塔):1日夜9時30分Charles Aznavourを偲んで金色にライトアップされた

L’Assemblée Nationale(国民議会)Richard Ferrand議長が弔辞を述べ、出席議員全員はスタンディングオヴェイションで弔意を示した。

Emmanuel Macron大統領:根本的にはフランス人、奥深いところでルーツであるアルメニアに結びついており、世界中に知られていたCharles Aznavourは3世代の人々の喜びと、悲しみに寄り添っていた。彼の傑作、歌声、独特の輝きはこれからもずっと生き続けるだろう。私が出席するアルメニアErevanでのフランス語圏首脳会談(10月11、12日)に同道して、歌ってくれることになっていた。フランス国民の喪の気持ちをアルメニアの国民と分かち合いたい。

François Hollande前大統領Charles AznavourErevanからParisまで彼は世界中の都市で愛と自由のために歌った。彼は我々に別れを告げたが、我々にとっては彼はこれからもずっとステージに立ち続 けるだろう。

Françoise Nyssen文化大臣:動転している。彼がいなくなって多くの人が寂しい思いをすることだろう。彼は我々の心に、記憶に残り続けるだろう。彼は常に歌う続けることを望んでおり、引退することは考えていなかっただろう。彼は他人に注意を払う、寛大な人物だった。彼はその言葉で世界中の人々に感動を与えることができた。すべてのフランス人にとって身近な存在だった。抑圧された人々を思いやる人物だった。私は彼のレパートリーの中では「La Bohème」、「For me formidable」、「Emmenez-moi」が好きだ。

Anne Hidalgoパリ市長:シャンソンフランセーズの真のアイドルであり、パリジャンであり、アルメニアの世界大使であるCharles Aznavour死去の報に接しとても悲しい。ご家族と近しい方々に心からのお悔やみを申し上げます。数ヶ月前、彼がAccorHotels Arenaに出演する際、ステージに立つ前の数分間話をする機会があり私がどれほど敬愛しているか話ことができた。私は市会のメンバーに、Paris市内にAznavourの名を冠した場所を作るよう提案したい。

Jean-Marie Le Pen政治家、極右政党Fron Nationalの設立者Charles Aznavourが我々の許を去った。アルメニア出身のフランス人は何十年にわたって、最も偉大な歌手の一人だった。彼はおとぎ話のように人々を魅了した。

Alain Delon俳優:私は打ち砕かれている。Charlesはシャンソンフランセーズ唯一の偉人だった。私はデビュー当時から彼を知っている。ほぼ同じ時期のデビューだった。私と同じ時期に活躍していたスターのAznavourBécaudTrenetが亡くなってしまった。Charlesは長い間頂点に君臨していた。睡眠中に(注:最初の報道ではAznavourは9月30日かた10月1日に掛けての夜睡眠中に死亡したと伝えられた)、苦しむことなく亡くなったようで、それが唯一、多少とも私の心を慰めてくれる。

Line Renaud歌手Charles Aznavour死去の報に接し大変ショックを受けている。彼の年齢にも関わらず私はこんなことが起こるとは想像していなかった。彼の人生は挑戦の連続だった。Charlesは生きる力を体現していた。彼は数多くに作品を、不朽の作品を残した。彼は最も美しい愛のシャンソンを書いた。デビュー当時は大変な苦労をした。彼の声は批判されたけれどFrank Sinatraと並ぶ世界的なスターになった。最近では世界中で歌うためよく機中の人になった。ステージそれは彼の人生そのものだった。最後の旅で疲れたのだろう。私は本当に悲しい。

Nana Mouskouri歌手Charlesが我々の許を離れることは決してない。彼は他の星を見つけるために旅立った。多くの友人たちと彼の「Bohème」な生活を送ることでしょう。彼のシャンソンはどの国においても永遠の美しさを持っている、我々の側にいてくれる贈り物だ。

Michel Sardou ACI:大きな悲しみを感じている。Charles Aznavourは友人で、助言者で、父親だった。私たちは1度もコラボしたことはなかったが、私の動向を注視してくれていた。そして私の曲で彼の目から見ておかしなところがあるとそれを指摘してくれた。我々二人にはそれぞれに苦しい時期があった。アーティストだけが経験する不安の時期があった。これは私を勇気づけてくれた。思いだすのは私が初めてOlympiaに出演した時。批評家の評価は散々だった。彼は分厚い本を持って私の楽屋を訪ねてくれた。それには彼がかつて受けた批評家の悪評をまとめたものだった。そして私に言った「これを読んだらいい。明日になれば気分が良くなっているだろう」。彼にも大変な時期があったけれど、彼はその才能で打ち勝ってきた。彼は私にとってはシャンソンフランセーズの最も偉大な作者。詩句は正確で、無駄な表現は一切ない。シャンソンは一種の鏡だと言っていた。

Céline Dion歌手Monsieur Charlesあなたはいつまでも「For me Formidable」。ご家族の皆さんに心からの尊敬と哀悼の念を送ります。

Serge Lama ACI:父親のような存在だった。今日私は孤児になってしまった。

Hélène Ségara歌手(母親がアルメニア出身):Charles Aznavourがアルメニア人にとってどんな存在であるか語ることはできない。彼が偉大な存在であったこと、そして人々に大きなロス感を与えることは間違えない。彼と彼を愛する人々に私のすべての愛を捧げます。RIP(安らかにお眠り下さい)

Alain Souchon歌手Charles Aznavourは我々の人生の同伴者。彼が素晴らしいのは不滅の、世界中で人に喜ばれる、物語のある音楽を作ったこと。彼は巨匠であったが大衆に好かれた。彼の歌詞は聴いたら直ぐに理解できた。そしてその詩は我々に夢を見させてくれるような詩情を含んでいた。

Benjamin Biolay ACI:真のボスが我々の許を去った。我々の先達であり、師匠だった。Je vous aime Charles。涙をこらえることはできない。

Amel Bent 歌手:私は父とも、祖父とも言うべき人、私の生涯のアーティストを失った。何か言うことはできない。RIPと言うこともできない。

Louan歌手Cher Monsieur Aznavour!あなたにお目にかかる時はいつも素晴らしい時だった。あなたは常に思いやりがあり、親切だった。私はあこがれていたし、今もあこがれている。あなたは永遠 に私の心の中にいるでしょう。

Vianney ACI:全世界がフランスの大きな光を失った。それに詩情も。Aznavour先生、これからも永久にあなたのシャンソンで我々を包んで下さい。

Anggun歌手:2013年にTV番組で「Les feuilles mortes/枯葉」をデュオで歌ったことがあった。それは忘れられない、非常に名誉な時間だった。さようならCher Monsieur Aznavou。あなたは永遠です。

Laura Smet(Johnny Hallydayの娘)俳優Monsieur Charles Aznavour ! とても悲しい。あなたが私たちにしてくれたことに感謝します。最も偉大な人物がこの世を去った。あなたの精神上の息子(Johnny Hallydayのこと)が星の中であなたを迎えることでしょう。

 

 

 

Charles Aznavour略歴

・1924年5月22日Paris 6区 Tannier病院で出生

本名Shahnourh Vanenagh Aznavourian。両親はArménieから移住者

・1933年9歳で児童劇やシェイクスピア劇に出演

・・その後姉Aïda(1923-)とともにPrior劇団に入り、国内各地を巡る

・1942年-1950年の間 ピアニスト・作曲家のPierre Roche(1919-2001)とデュオ「Roche et Aznavour」を結成。「Tant de monnaie/お金が一杯」、「Le feutre taupé/フェルトの帽子」などを歌う

  「Tant de monnaiehttps://www.youtube.com/watch?v=QkPPdi8iO7Q

・・1946年「J'ai bu/酔いしれて」(AznavourRoche)をGeorges Ulmer(1919-1989)がレコーディング、ACC大賞

・・1950年「J'aime Paris au mois de mai/5月のパリが好き」(AznavourAznavour et Roche

・1947年Edith Piaf(1915-1963)と知り合い、8年間Piafの「l’homme à tout faire/何でも屋」を務める

1950年代作詞家として:「Il y avait/若者がいた」(50年 Edith Piaf、作曲 Roche et Aznavour)、「Plus bleu que tes yeux/あなたの目よりも青く」(51年Edith Piaf、作曲 Aznavour)、「Le noyé assassiné/殺された溺死人」(54年 Philippe Clay、作曲 Frorence Veran)、「Je hais les dimanches/日曜は嫌い」(52年Juliette Gréco、作曲Florence Veran)などを提供

・1952年ソロで歌い出す

・1952年Gilbert Bécaudと知り合う。Aznavour作詞、Bécaud 作曲の「Mé qué mé qué/メケ メケ」(53年)、「Viens/お出で」(53年)、「Je t'attends/君を待つ」(63年)などがヒット

  「Je t'attendshttps://www.youtube.com/watch?v=16snf9lfJhA

1955Sidney Bechetの前座でOlympia初出演。

1955年「Après l'amour愛の後で」AznavourAznavourが物議、ラジオでの放送禁止

1956年「Sa jeunasse青春という宝」AznavourAznavour

1957Olympiavedetteスターとして初出演前座はDalida

1958年「Ce sacré piano古いピアノ」AznavourAznavour

1950年代後半から映画に出演し成功Tirez sur le pianisteピアニストを撃て」(60年、Francois Truffaut監督、「Un taxi pour Tobrouk地獄の決死隊」(60年 Denys de Las Patelliere監督、「Le passage du Rhinラインの架橋」Andre Cayyatte監督など

1960年代数々のヒット、若手イェイェ歌手に曲を提供

・・数々のヒット曲:「Tu t'laisses aller/あきれたお前」(60年AznavourAznavour)、「Il faut savoir/それが分かれば」(61年、AznavourAznavour)、「Les Comédiens/コメディアン」(62年、Jacques PlanteAznavour))、「La mamma/ラ マンマ」(63年、Robert GallAznavour)、「Et pourtant/想い出の瞳」(63年、AznavourGeorges Garvarentz)、「For me, formidable/フォー ミ フォルミダブル」(64年、Jacques PlanteAznavour)、「Que c'est triste Venise/悲しみのヴェニス」(64年、Francçise DorinAznavour)、「Hier encore/帰り来ぬ青春」(64年、AznavourAznavour)「Emmenez-moi/世界の果てまで」(67年、AznavourAznavour)など

・・若手歌手にヒット曲を提供:「Retiens la nuit/夜を返して」(62年Johnny HallydayAznavourGarvarentz)、「La plus belle pour aller danser/アイドルを探せ」(63年 Sylvie VartanAznavourGarvarentz)など

・1960年Paris Alhambraで「Je m'voyais déjà/希望に満ちて」(AznavourAznavour)を斬新な演出で歌い、人気に

  「Je m'voyais déjàhttps://www.youtube.com/watch?v=_JXF8HMS-jk

196330日アメリカ NY Carnegie Hall公演

1965年オペレッタ「Monsieur Carnavalムッシュ カルナヴァル」Théâtre du Châteletで上演の全曲を作曲、詩はJacques Plante。劇中の「La Bohème/ラ ボエム」は世界中でヒット

  「La Bohèmehttps://www.youtube.com/watch?v=hWLc0J52b2I

・1968年日本初公演、東京、大阪、名古屋で

・1971年「Mourir d'aimer/炎の恋」(AznavourAznavour

・1972年「Comme ils disent/人々が言うように」(AznavourAznavour

・1972年税務当局と確執、スイスに居を移す

・1974年「She/忘れじの面影」、イギリスで「シルヴァー・ディスク」に

・1975年アルメニア人虐殺60周年記念に「Ils sont tombés/去りし人々」(AznavourGarvarentz

・1980年「Autobiographie/自叙伝」(AznavourAznavour

・1980年国際障害者年にちなむ「Mon émouvant amour/声のない恋」(AznavourAznavour

  Mon émouvant amourhttps://www.youtube.com/watch?v=qGZVobFHajE

・1988年末アルメニア大地震、被害者支援のため「Aznavour pour l'Arménie/アルメニアのためのアズナヴール基金」を設立、89人のアーティストが参加して「Pour toi Arménie/アルメニア、お前のために」(AznavourGarvarentz)

  Pour toi Arméniehttps://www.youtube.com/watch?v=kWgRH3S0-8Y

1990Palais des CongrèsLiza Minnelliとコンサート

1995Académie FrançaiseからGrande médaille de la chanson française

1997Victoires de la MusiqueVdM)で男性歌手賞

1997年「Plus bleu que tes yeuxあなたの目よりも青く」Edith Piaf とのvirtuelデュオで

・1997年7月デビュー50周年をスイスMontreuxのジャズフェスティヴァルで

・1998年アルバム『Jazznavour』自身の過去のヒット曲をJazzにアレンジしてカバー

・2000年全曲作詞・作曲のミュージカル「Lautrec/ロートレック」ロンドン公演

・2003年「Je voyage/僕は旅する」(Katiaとのデュオ)、

・2003年自叙伝「Le temps des avants/前の時代」刊行

・2004年Musée Grevinに蝋人形展示

・2004年「Légion d'Honneur」のCommandeur 受章

・2004年Palais des Congrèsでのロングリサイタル、楽日は80歳の誕生日

・2006年「Tournée des Adieux/さよならツアー」をNYからスタート

・2007年2月同上で来日公演

・2007年「Colore ma vie/我が人生に彩りを」(AznavourAznavour)、「La terre meurt/地球は死んで行く」(AznavourAznavour)

 La terre meurthttps://www.youtube.com/watch?v=VHadAHiWtf0

2008年アルバム『Duos二人の奇跡』(2枚組みCD):Céline DionNana MouskouriEdith PiafvirtuelJohnny HallydayJulio IglesiasStingElton JohnLiza MinnelliPaul AnkaDean Martin(virtuelらとのデュオで自身のヒット曲などをカバー

 「Toi et moi/君と僕」https://www.youtube.com/watch?v=70fQqllHNko

2010VdMで特別賞

2010年スラム歌手Grand Corps Maladeと「Tu es, donc j'apprendsあなたがいる、故に僕は学ぶ」Grand Corps Malade & AznavourGrand Corps Malade & Aznavourをデュオで

2011月「ElleThomas Dutroncとのデュオ

201311月自伝「Tant que battra mon cœur 私の心臓が脈打つ限り」刊行

・2014年11月17日CD51枚組、683曲収録「Aznavou, Anthologie/アズナヴール名曲集」リリース

・2014年11月24日若手歌手によるAznavourのヒットのカバーアルバム『Aznavour, sa jeunesse/アズナヴール、彼の青春』

・2015年5月4日51枚目、最新のスタジオ録音アルバム『Encores/アンコール』:「Avec un brin de nostalgie/少しのノスタルジーを感じて」、「Ma vie sans toi/君のいない人生」など12曲

  「Avec un brin de nostalgie https://www.youtube.com/watch?v=pCBQzZI4ZKw

・2017年8月24日ハリウッドの「Walk of Fame」に星が飾られた

・2018年4月25日ロシアSaint-Peterbourg公演の前にぎっくり腰、公演中止

・2018年4月日仏間の交流強化及び友好親善に寄与したとして、日本国政府から「旭日小綬章」を授与される

・2018年5月12日Mourièsの自宅で転倒、左上腕骨を骨折、その後療養

・2018年9月来日、17日東京、19日大阪公演

・2018年9月28日TVFrance5の「C à vous」に出演、最後のインタビュー

・2018年10月1日死去

 

私生活

・1946年3月16日歌手Micheline Rugelと結婚、1952年離婚。2児、PatriciaSéda1947-)、Charles(1952-)

・1951年7月ダンサーArletteとの間に男児Patrick誕生(1961年からPatrick独立時まで同居、1976年6月死去)

・1955年10月28日歌手Evelyne Plessisと結婚、60年に離婚 

・1967年スウエーデン女性、Ulla ThorsellLas Vegasで結婚、3児、Katia(1969-)、Misha(1971-)、Nicolas(1971-

 
No.1517   2018.7.27  No. 1517        2018.9.27



ニノ・フェレールNino Ferrer、没後20年  追悼アルバムリリース & 追悼コンサート

 2018年は1960、70年代に活躍したACI、Nino Ferrerの没後20年に当たり、8月3日に追悼アルバムがリリースされ、
命日の8月13日にはMontcuqで追悼コンサート「Soirée d’hommage à Nino Ferrer/ニノ・フェレールに捧げる夕べ」が
行われた。

Montcuqはフランス西南部のLot県の人口1000人余の小村、Ferrerは「Le Sud
(下記リンクあり)のヒットのおかげで、この村で15世紀に
建てられた城館風農家を購入、1977年9月から住んでいた。野外ステージで行われた今回のコンサートには、悪天候にもかかわらず、2000人以上の観客が来場した。

主な出演者は:

Mathieu Chedid(1971-ACI 通称M)は「私はshowbizの世界に背を向けていたNino Fererに親しみを感じる。彼はJacques HigelinAlain Bushungなどと同じ、シュールなクリエーター。私もその仲間だから」と語り、歌ったのは「Mirza」、「Je vends des robes」。

Sanseverino(1961-ACI)は「Nino Ferrerは、はやり歌には興味を持たなかった。リズム&ブルースの曲にユーモアのセンスと馬鹿馬鹿しさ、それに優しさを付け加えた」とかたり、歌ったのは「Les cornichons」、「Le téléfon」。
他に「Je veux être noir」を歌ったEric Lareine(1954-歌手)など。

コンサートの最後には出演した歌手、Ferrerの遺族(夫人と2人の男児)、観客が「Le Sud」を合唱。またMontcuqLion-d’OrギャラリーではFerrerの絵画10数点が展示された初めての個展が開かれた。

 

8月3日リリースされたCD3枚組の追悼アルバムは
Nino Ferrer・・Et toujours en été/ニノ・フェレール・・そして常に夏』
(「Et toujours en été」はヒット曲「Le Sud」の歌詞の最後)

 内容は・・

CD1Ferrerのベスト24曲で:「Les cornichons」、「Mirza」、「Je veux être noir」、「Le téléfon」、「Je vends des robes」、「La maison près de la fontaine」、「Pour oublier qu’on s’est aimé」、「Millionnaire/百万長者」、「Je cherche une petite fille/僕は少女を捜している」、「Mon copain Bismark/友人ビスマルク」など

CD2はFererがアングロサクソンの音楽から影響を受けて作ったロック系の曲13曲で:「Angleterre/英国」、「Cannabis/大麻」、「Looking for you」、「Little Lili」、「Moby Dick」、「Mashed Potatoes」など

CD3はかつての、あるいは現在の人気歌手によるFerreヒット曲のカバー23曲で:「Le Sud」(歌っているのはSebastien Tellier)、「Moses/モーゼ」(Arthur H)、「La maison près de la fontaine」(Nilda Fernandez)、「Milza」(Arnaud)、「Rondeau/ロンド」(Daniel Darc)、「Je veux être noir」(Manu Dibango)、「C’est irréparable」(Dalida)、「Le Sud」(英語で、Lola March)など

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Nino Ferrer、本名 Agostino Ferrariは1934年8月15日イタリアのジェノバ(フランス語ではGênesジェヌ)生まれ、父はイタリア人、母フランス人。父の仕事でNouvelle-Calédonieに居住。47年から一家はParisに。民族学と考古学を学んだ後「Musée de l'Homme/人類博物館」に入りオセアニアの考古学調査にも従事した。その後ニューオルリンズジャズに興味を持ち、Saint-German-des-Présの地下酒場でバンジョーやギターを弾き始めた。アメリカ出身で、フランスで活躍した女性ジャズ歌手Nancy Hollowayのバックなどをつとめ、彼女の勧めで、ソロで歌うように。63年最初のレコードを出した。それには、その後評価が上がった「Pour oublier qu'on s'est aimé/愛し合ったことを忘れるために」、「Un an d'amour/一年の愛」が収められていた。(「Un an d'amour」は「C'est irréparable /修復不可能」のタイトルもあり、Dalidaはこのタイトルで歌っている。Ferrer自身もこのタイトルでも歌っている。10カ国語以上のヴァージョンがあると言われている。1992年Pedro Almodovar監督の映画「Talons Aiguilles/スパイクヒール」では主題歌としてこの曲のスペイン語ヴァージョン「Un año de amor」が使われている。邦題「別離・わかれ」の原曲)。 当時10代のイェイェ歌手たちが活躍する中にあってすでに29歳になっていたフェレールのこのレコードは当時フランスでは話題にならなかった。しかし、ヨーロッパの他の国々、日本、中近東諸国ではこれらの曲は頻繁にラジオから流れた。

Un an d’amourC’est irréparablehttps://www.youtube.com/watch?v=r4Q1Zk_WpEc

65年にはリズム&ブルースの曲に滑稽な、馬鹿馬鹿しい歌詞の付いた「Mirza/ミルザ」、「Les cornichons/ピクルス」をリリース、大ヒットで人気歌手に。

Mirza」は犬の名、歌詞の最初の部分「Z'avez pas vu Mirza? Oh la la la la la/ミルザを見ませんでしたか?オー ラララララ」は当時誰もが口ずさんだ。彼がコート・ダジュールでダンスパーテイーの司会をしているとき、女性客の一人が愛犬を見失ったとき彼がマイクで「どなたかミルザを見ませんでしたか?ラララ」と即興で歌ってできた曲だといわれている。

Mirzahttps://www.youtube.com/watch?v=u5XwT6fc_Gg

Les cornichons」は「・・土曜日に大きな車で郊外にピクニックに出かけた、ワインと栓抜き、パン、バター、ビール、マスタード、トマト、オニオン、ピクルスを持って、着いたら雨が降り出し、傘を持っていかなかったので、持ち帰り、家で食べた・・」と歌っている。

Les cornichonshttps://www.youtube.com/watch?v=rfMDRJCqxc8

そして、66年には195回のコンサート、30回のテレビ出演、Jacques Dutroncと並んぶダンデイで挑発的な歌手に。「Je veux être noir/黒人になりたい」(66年)、「Le téléfon/電話」(67年)、「Je vends des robes /私はドレスを売る」(69年)などのヒット続いた。そして72年「La maison près de la fontaine/泉の近くの家」を収めたアルバムが50万枚以上売り上げ。75年には100万枚以上売り上げたといわれる最大のヒット曲「Le Sud/南フランス」を発表。「Le Sud」・・そこはルイジアナやイタリアに似ていてテラスには洗濯物が干してある。まるで南国、時間はゆっくり過ぎて行き、時間も人生も100万年続くだろう、そして常に夏だ。いつかきっと戦争があるだろう、誰も好きではないのに、それは運命みたいなもの。それは南仏にとっては不幸なこと、でも100万年以上も生きてきた、そして常に夏だ・・

Le Sudhttps://www.youtube.com/watch?v=Ahyzb47QwPA

1977年からフランス西南部のLotMontcuqに居を構え、自宅に録音スタジオを設けて、79年10枚目のアルバム「Blanat」(Ferrerのスタジオの名称)をリリースし、Jacques Higelinと国内ツアー。その後86年の「13e album/13枚目のアルバム」、93年の「La vie chez les automobiles/運転する人のいる家」まで6枚のアルバムをリリース、それらは商業的にはあまり成功しなかった。83年12月19日に1日だけOlympiaに出演。その後絵画や演劇の脚本などに活動の場を広げた。Ferrerのシャンソンは、ブルースの影響を受け、世の中の不条理を歌い、世間を嘲笑、独特のパーソナリテイを持っていた。98年8月13日64歳の誕生日を目前に銃より自殺。「Ninoはリズムを大切にする音楽家。美や芸術に貴族的な感性を持ち、純粋だった。」(死去の報に接した歌手Claude Nougaroの言)。

2008年ジャーナリストのOlivier Cachin伝記「Nino FerrerC'était pourtan bienニノ・フェレール:それでもすばらしかった」が刊行された。その中でCachinFerrerの為人は次のよう語っている。・・彼は自分自身では気に入ってはいないことで人気を得た。彼のヒット曲と言われている曲も彼には気に入らなかった。最大のヒット曲「Le Sud」も自身では未完成だと言っていた。そして自分自身では良い曲だと思っているものが商業的には成功しなかったことに失望していた。コンサートの際そうしたヒット曲ばかりをリクエストする観客にはうんざりし、だから「ミルザ」を殺し、「電話」を切ってしまいたいと思っていた。この不満足感が徐々に彼を閉じこもらせたのではないか。そして最後にはショービズの世界に身を置くことを嫌悪するようになった。彼の最終的な望みはたった一人の人物の気に入るようなアルバムを作ることだった。たった一人の人物、すなわち、彼自身の・・

No.1516   2018.9.1

KCN 1516  2018.9.1



Le meilleur de la Fête de la chanson française/シャンソンフランセーズの祭典 ハイライト」

8月11日及び18日、 TVMONDEJaponで、「Le meilleur de la Fête de la chanson française」が放送された。

これはフランスのテレビ歌謡番組La Fête de la chanson françaiseの過去の放送のベストシーンを編集したもので
次のような場面が見られた。

 Edith Piafを歌ったシーン。

・「Non je ne regette rien/水に流して」(Patricia Kaas & Garouhttps://www.youtube.com/watch?v=55UxrwX_S_k

・「Mon manège à moi/私の回転木馬」(Etienne Dahohttps://www.youtube.com/watch?v=SGC4jgiVgI4

・「L’accordeoniste/アコーデオニスト」(Zaz & Serge Lamahttps://www.youtube.com/watch?v=apDox3vA3Cg

・「La foule/群衆」(Florent Pagny)原曲及びPiafのカバーhttps://www.youtube.com/watch?v=6TeUM_uFj8Q

 

Charles Aznavourを歌ったシーン

・・「Emmenez-moi/世界の果てまで」
Patrick BruelHélène SégaraBénabar、Chimène BadiGérard Damon & Aznavour


https://www.youtube.com/watch?v=f2GovCl6o4E

・「Je me voyais déjà/希望に満ちて」(Chistophe Maé & Florent Pagnyhttps://www.youtube.com/watch?v=S5qQDl4ag-c

・「Les comédiens/コメディアン」(Pascal Obispo & MPokorahttps://www.youtube.com/watch?v=g9wEfNXkS8A

・「Sur ma vie/命をかけて」(Aznavour & Johhny Hallydayhttps://www.youtube.com/watch?v=Kt4Wqf_mce4

・「La Bohème/ラ ボエム」(Kendji Girac et Garouhttps://www.youtube.com/watch?v=Vqhldr3Egxs

 

Johnny Hallydayを歌ったシーン

・「L’envie/願望」(Patrick BruelPascal ObispoChristophe Maé & Hallyday)

https://www.youtube.com/watch?v=n7dRG-oDkek

・「L’envie/願望」(Vincent Niclo & Chimène Badihttps://www.youtube.com/watch?v=AChHRWXMtM8

・「Je ne suis pas un hero/僕はヒーローじゃない」(Patrick BruelPatricia KaasIsabelle BoulayGarouHallyday

https://www.youtube.com/watch?v=dNKw-_yX29M

 
 No.1515 2018.8.18   

No.1515     2018.8.18 

リーヌ・ルノーLine Renaud、7月2日 90歳の誕生日 

Exclusif - Les danseuses du Moulin Rouge, Michèle Laroque, Line Renaud, Stéphane Bern, Nana Mouskouri, Vincent Niclo, Muriel Robin, Iris Mittenaere - Enregistrement de l'émission "Bon anniversaire Line" à l'occasion des 90 ans de Line Renaud au Théâtre Bobino à Paris, le 25 juin 2018. L'émission, présentée par Stéphane Bern, est diffusée mardi 3 juillet 2018 à 20h55 sur France 2. © Coadic Guirec / Bestimage        

Line Renaudが2018年7月2日90歳の誕生日を迎えた

Line Renaud、本名Jacqueline Entéは1928年7月2日NordArmentières近郊生まれ、歌手、俳優。

(経歴詳細は、下部に記しました)

 2018年7月2日Seine川に浮かぶ「Pavillon–Seine」号の船上で誕生日を祝うパーティーが開催された。招待客約200人は、Jean-Paul Gaultierデザインの、Renaudの瞳の色と同じコバルト・ブルーの衣裳に身を包んだLine Renaudに迎えられ、Trocadéro公園の近く、エッフェル塔の対岸Debilly河岸で乗船した。招待客には:Brigitte Macron大統領夫人、Anne Hidalgoパリ市長(Line RenaudParis市のメダルを授与した)、Dany BoonMuriel RobinMichele LaroquePascal ObispoJulie Hantson夫人と)、Jean RénoPatricia Kaas(絹のkimonoで)、Catherine LaraAnnie Cordy(自身は6月90歳の誕生日を迎えた)など。グループChico et The GypsiesMagali RipollACIでアコーデオニスト)が演奏と伴奏を。「Ma cabane au Canada」は全員が歌い(「au Canada/カナダの」を「au Paname/パナム(パリ)の」に変えて歌った客も)。最後には全員「Joyeux anniversaire!/Happy Birthday」。https://www.youtube.com/watch?v=Yzxhzv4LcU4

Line RenaudMa cabane au Canada1966https://www.youtube.com/watch?v=rHYYX-sk8bw

 

TVFrance ではStéphane Bernの司会で特別番組「Bon nniversaire Line!/リーヌ、誕生日おめでとう」が放送された。これは6月25日Théâtre Bobinoでで行われた誕生祝賀会の模様を収録したもの。TVJaponでは7月21日19:20から3時間に渡って放送された。RenaudGarde Républiquaineの合唱隊の合唱の中、Renaudと同様に北フランス出身の人気俳優Dany Boomに迎えられBobinoに登場。番組ではRenaudの経歴を示す過去の映像が流され、最近のものでは2017年10月Las Vegasに「Line Renaud Road」誕生した際の命名式の模様が。多くのゲストが登場し祝辞を述べた。歌手ではSerge LamaNana MouskouriVincent NicloPascal ObispoEmmanuel MoireAmirPatricia KaasらがRenaudのヒット曲、あるいは縁の曲を歌った。その中には:

Mouskouri & NicloQue sera,seraEddy Marnayによるフランス語の歌詞https://www.youtube.com/watch?v=qdZmMcbBAZw

Line RenaudQue sera, serahttps://www.youtube.com/watch?v=SH3WU5DPxwA

ObispoPour toi君のために」Albrert Simonin作詞Loulou Gasté作曲、映画「Le feu aux poudres/大騒ぎ」から。 「Feelings」の原曲)https://www.youtube.com/watch?v=5KhIIdp7Ad8

 Line RenaudPour toihttps://www.youtube.com/watch?v=Rh0Q1CX9tkY

SlimaneSa raison être/彼女の存在理由」(Lionel Florence作詞/Pascal Obispo作曲。Renaudが副会長を務めるエイズ撲滅のための団体「Sidaction」協会の活動を支援するため、1998年Florent Pagnyら40人余の歌手によって歌われた。それから20年経過した2018年新しいヴァージョンには50人余の歌手が参加、その中にはSlimaneも)https://www.youtube.com/watch?v=_eGWAcNqlbk

 2018年版「Sa raison êtrehttps://www.youtube.com/watch?v=EZeUDEahOOg

AmirI can’t take my eyes off you」(1967年のFrankie Valliのヒット、Renaudは69年Michel Rivgaucheのフランス語の歌詞で「Une poussière dans le cœur」のタイトルで歌っている) https://www.youtube.com/watch?v=SHBzyC2MN_M&t=18s

 Line RenaudUne poussière dans le cœurhttps://www.youtube.com/watch?v=eQbR8D1n024

 

また、AdamoPaul Anka(「My way」の歌詞を祝辞に変えて歌った)はヴィデオで祝辞。

祝賀会の終盤近くMacron大統領のヴィデオメッセージが紹介された。「あなたは多くのフランス国民の心の底に生きています。あなたは偉大なアーティスト、歌手、レビューのリーダー、映画・舞台俳優。あなたのシャンソンのメロディーや映画で演じた役はフランス人に取って身近なもの。あなたが世界中でフランスを輝かしいものにしてくれていることに大いに感謝しています。特にアメリカでフランスのイメージを、フランス女性のイメージを高めてくれたことに・・」

フィナーレでは「Ma cabane au Canada」をMiriel Robin(俳優)→MouskouriSlimaneMichèle Laroque(俳優)→NicloRenaudが歌い、https://www.youtube.com/watch?v=qdZmMcbBAZw

Moulin Rougeのダンサーによるカンカン。最後に特大のバースデイケーキが登場。それを前にして、Renaudは感謝の意を述べた後で「私の座右は『人生は素晴らしい。人生ほど価値のあるものはない』。10年後に同じ時間にこの場所で再会できることを願っています」。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Line Renaud略歴

 

Line Renaud、本名Jacqueline Entéは1928年7月2日NordArmentières近郊生まれ、歌手、俳優。

7歳で地方ののど自慢大会で優勝。14歳で地方のラジオ局に出演。1945年パリに・・

1945年9月Folies Bellevilleに出演。ピグマリオンになるLoulou Gasté(1908-95)と知り合う。50年に結婚

1948年「Ma cabane au Canada/私のカナダの家」(作詞Mireille Brocey、作曲Gasté)。49年ACC大賞

1949年Yves Montandの前座でThéâtre de l'Etoileに出演

1950年ABCvedetteとして出演。「Etoile des neiges/雪の星」

1952年「Ma petite folie/私の可愛いお馬鹿さん」

1953年「Mademoiselle from Armentières」、「Tire,tirel’aiguille/針仕事に精をお出し」

1954年「Le bal aux Baléares/バレアルの舞踏会」、「Les plus jolies choses de la vie/人生で最も美しいことを」

1954年4ヶ月間Moulin Rougeに出演

1954年Bob Hopeの招きで「Bob Hopeショー」出演のためアメリカへ。Ed Sullivan showにも出演し、Dean Martinと「Relaxez-vous/リラックスして」をデュオで歌うなどしてアメリカでも大人気に

1956年「Pour toi/あなたのために」、「Que sera sera/ケ セラ セラ」

1959年12月からCasino de Parisのレヴユー「Plaisirs/愉悦」で「meneuse de revue/レヴユーのリーダー」になり、64年4月まで1000回以上上演

1964年アメリカLas Vegasでショー、6ヶ月の予定が2年間に

1966年Casino de Parisでレヴユー「Désirs/パリの欲望」

1967年初来日、その後数回来日。(特に1989年には革命200年記念行事出席のため)

1968年から5年間Las VegasMiamiなどアメリカで活動

1973年帰国後TVのアメリカ風のヴァライティーショー「Line Direct」の司会者に

1976年3月財政上の危機に瀕していたCasino de Parisを救う4年間のレヴユー「Paris-Line」。80年1月まで 

1980年代から30年間は主に映画・TV・舞台女優として活躍

1985年以降「Sidaction/エイズのために行動を」協会の副会長

2010年6月CD4枚組コンピレーションアルバム『Line Renaud 100 Chansons d’or 』をリリース

2010年11月 30年振りのアルバム『Rue Washington』:当代を代表するACI、作詞家、作曲家が協力。「Les torrents damour/愛の奔流」(作詞Michel Delpech)、「Ce monde est merveilleux/この世界は素晴らしい」(Johnny Hallydayとのデュオ、Louis Armstrongの「What a wonderful world」の翻案)、「Dans ma tête/私の頭の中で」(作詞・作曲Christophe Maé)、「La mémoire dévetue/むき出しの思い出」(作詞Jean-Loup Dabadie、作曲Julien Clerc)、「Un sourire/一つの微笑み」(作詞・作曲Adamo)、「C'est pas l'heure/今はその時じゃない」(作詞Mylène Farmer、作曲Laurent BoutonnatFarmerとのデュオ)など13曲。

2011年5月24、25日Paris Olympiaに初出演。Julien ClercChristophe Maéなどゲスト出演

2011年11月ライブアルバム『Un soir de mai à l’Olympia/5月の一夜 オランピアで』リリース

2013年5月16日Bérnard Stora(映画・TVの演出家、脚本家)と共著で自伝「Et mes secrets aussi/そして私の秘密も」を刊行

2013年Légiond’HonneurGrand Officier勲章受章

2014年10月蝋人形がMusée Grévinに展示される

2016年「Ordre national du Merite/国家功労章」のGrand-Croix章受章

2017年10月Las Vegasに「Line Renaud Road」誕生

2018年7月2日90歳の誕生日

No.1514 
2018. 8.14

KCN 1514    2018.8.14

6月の新譜  遅ればせながら、 6月の新譜ご紹介します。

(3番目にご紹介のL.E.J がYoutubeに投稿した「Summer 2015」は、現在閲覧回数7000万回を超える大ヒットとなっております。映像下方に載せております。お見逃し無く)



1.   クール・ド・ピラトCœur de Prate、「En cas de tempête,ce jardin sera fermê/嵐の際には、この公園は閉鎖」

Cœur de Pariteが2018年6月1日リリースした新しいアルバムは「En cas de tempête,ce jardin sera fermê」。

Cœur de Pirate(海賊のハート)、本名Bêatrice Martin1989年9月22日CanadaQuébec州、Montréal生まれのACI
ピアニストの母について3歳からピアノを習い、2007年から曲作りを始め、グループで活動した後、08年にはソロに。ファーストアルバム「
Cœur de Pirate」をQuébecで08年9月、フランスフランスで09年4月にリリース。フランスでは60万枚以上売り上げたと言われ、そこに収められた「Comme des enfants子供たちのように」はVdMシャンソン賞を受賞。11年セカンドアルバム「Blonde/ブロンドの女性」、14年アングロサクソンのヒット曲のカバーアルバム「Trauma/トラウマ」をリリース。14年Renaudオマージュアルバム「Bande à Renaud/ルノー軍団」では「Mistral gagnant/ミストラル ガニャン」を歌っている。15年のアルバム「Roses」には自身の作詞作曲による10曲収められていて、フランス語で4曲、英語で6曲歌っている。16年9月には、Marc Lavoine Paris郊外1962-ACI)、Arthur H(本名Arthur HigelinParis 1966- ACI)と協力、音楽物語「Les souliers rouges/赤い靴」をリリース。Cœur de Pirateはカナダの音楽賞Félix賞を数多く受賞、09年新人賞、12年女性歌手賞、同年popアルバム賞など。 12年7月結婚、同年9月長女が誕生している。

10年のキャリアで5枚目となる今回のアルバムはCD及び限定販売のLPレコードの形でリリースされ、自身の作詞作曲による10曲が収められている。音楽専門サイト「Pure Charts」では2018年上半期を代表するアルバムに一つと評価している。収録曲は:「Somnanbule/夢遊病者」、「Prémonition/予感」、「Je veux rentrer/私は帰りたい」、「Dans les bras de l’autre/他の人の腕の中で」、「Dans la nuit/夜に」(Québecのラップ歌手Loudとのデュオ)、「Amour d’un soir/一夜の恋」、「Carte blanche/白紙委任状」など。

今夏には各地のFestivalに出演した後、秋からQuébec、フランス国内、ベルギー、ドイツなどを回るツアーを開始。10月9日Paris Olympiaに出演してキャリア 10周年を祝う。

Comme des enfants2010VdMhttps://www.youtube.com/watch?v=KRqCPxBsEmY

Somnanbule2018.6.4TVC à vous」で https://www.youtube.com/watch?v=TXXMS3OUBpU

 



2.タルTal、「Juste un rêve/ただ一つの夢」

Talが2018年6月8日リリースした新しいアルバムは「Juste un rêve」。

Tal、本名 Tal Benyerzi、は1989年12月12日IsraelPardes Hana生まれの歌手(作詞、作曲も行う)、俳優。Talはヘブライ語で「朝露」を意味する由。1990年からParisに住む。父は作曲家、母はワールドミュージックの歌手という音楽一家に育ち、12歳からギター、ピアノを独学で習い、次いで歌、ダンス、演劇を習う。2011年Warner社にデモテープが認められ、2週間後にはAlice KeysParis Palais des Congrèsのコンサートの前座、さらにChristophe MaéCasino de Parisコンサートの前座で歌い注目されるように。2012年3月19日リリースのファーストアルバム「Le droit de rêver/夢みる権利」は好評で、45万枚の売上げ、一躍フランスポップス界期待の新人に。これにより13年のNRJ音楽賞でフランス語圏、女性歌手賞及び新人賞を受賞。
12年Jean-Jacques Goldmanオマージュアルバム「Génération Goldman」にはMPokokaとのデュオ「Envole-moi/僕を飛び立たせて」で参加、13年の「Génération Goldman vol 2」には「Pas toi/あなたではない」で参加している。

Talは12年12月18、19日ParisDivan du Mondeで初コンサート。13年9月2日セカンドアルバム「A l’infin/無限に」をリリース、それに引き続いて ParisPalais des SportsZénith、さらに15年3月27日から30日までCasino de Parisでコンサートを行っている。Talは14年及び16年NRJ音楽賞フランス語圏女性歌を受賞、13年から18年まで連続Les Enfoirésに出演している。前作は16年10月28日リリースのアルバム「Tal」。4枚目のアルバム「Juste un rêve」には作詞・作曲とも、Talと他の作詞家・作曲家の共作による10曲が収録されている。それらは:「Carpe Diem/一日の花を摘め」(古代ローマの詩人Horaceの詩集「Carmina」から)、「AndDNA」、「Mondial/(サッカー)ワールド(カップ)」(ラップ系ACISopranoとの共作で、3月9日シングルカットされている)、「Madame officiel/公人のマダム」、「Jambo/ジャンボ」、「Juste un rêve」、「Comme un semdi soir/ある土曜の夕べのように」、「L’amour me donne des ailles/愛が私に翼をくれた」など。アルバムは
リリースの週チャート2位。

Le droit de rêver」2011年10月https://www.youtube.com/watch?v=tX9CPNALueg

Mandial(2018月、NiceでのFête de la musiquehttps://www.youtube.com/watch?v=jOCBTAv_2DQ

 



3. LEJ. 「Poupées russes/ロシア人形」

 LEJ(フランス語読みの エル・ウ・ジーではなく英語読みの エル・イ・ジェイと発音する らしい)が2018年6月8日リリースしたアルバムは「Poupées russes」。 

LEJParis郊外Seine-Saint-Denis
3人の女学生LucieElisa Julietteが2013年結成したポップグループでグループ名はメンバーの名の最初の文字から。LucieLucie Lebrunは1993年11月生まれでヴォーカル、サクスホーンを担当、ElisaElisa Parisは1993年8月生まれヴォーカル、パーカッションを担当、JulietteJuliette Saumagneは1993年9月生まれドラムスとベース担当。

Saint-Denisを中心に活動していた
LEJ2015年8月にYoutubeに投稿したヴィデオ「Summer 2015」が1週間で170万回以上の再生という大ヒットで、一躍人気になり「Phenomène LEJLEJ現象」と言われるほどに。「Summer 2015」は当時のあるいは過去の夏のヒット曲「Freedom」(Pharell Wiliams)、「Laisser passer/通行許可証」(Maître Gims)、「Carmen」(Stromae)などのヒット曲を編集したもの。「映像はコンサートの合間に(Gironde県、大西洋岸、Bordeauの西方)Lacanau海岸で撮った。こんなに人気になると知っていたらパジャマなんか着ていなかったのに」。Videoは現在までに7000万回以上の再生。
2015年12月ファーストアルバム「En attendant lalbum/アルバムを待ちながら」をリリースした。これには「Summer 2015」のほか「El dulce de leche」(Tryo)、「Get Lucy」(Daft Punk)、「Hanging Tree」(映画「The Hunger Games」から)、「Can’t Hold Us」(Macklemore & Ryan Lewis)などのカバー曲及び新作「La dalle/空腹だ」の11曲収録。その後16年には各地のfestivalに出演、5月と10月にはOlympiaに出演。
17年2月VMで新人ステージ賞を受賞している。

今回のセカンドアルバム「Poupées russes」にはすべて
LEJが作詞・作曲した12曲が収録されている。それらは:Poupées russes」、「La nuit/夜」、「L’epoux d’un soir/ある夕べの夫」、「Acrobates/アクロバット」、「Le verbe/動詞」、「La marée/満潮」、「Le buzz/物議」、「Saine sainte n’y touche/聖女はそれに触れない:女性の偽善者、猫かぶり」、「Miss Monde/ミス ワールド」など。10月26日ParisのSalle Pleyelに出演予定。

Summer 2015」 Youtubeに投稿したvidéo https://www.youtube.com/watch?v=u4zb6LUehwY

Poupées russes」→「La nuit」→「Acrobates」→「Miss Monde」ほか

2018年6月8日Le Parisien紙のスタジオでhttps://www.youtube.com/watch?v=Kcu5wmKk878&t=909s

 
No.1513  2018.7. 25

No. 1513    2018.7.26

6月の話題 5点 お伝えいたします。

1.マルク・オジュレMarc Ogeret、死去


2.La Chanson de l’année2018 / 2018年のシャンソン」、Kendji Giracの「Maria,Maria」が選ばれる

3.シャルル・アズナヴールCharles Aznavour、公演のキャンセル追加

4.Fête de la musique/音楽の祭典、開催

5.アニー・コルディーAnnie Cordy、90歳の誕生日




1.マルク・オジュレMarc Ogeret、死去

Marc Ogeretが2018年6月4日、Semur-en-Auxois(Côte-d’Or)の病院で死去、享年86歳。 

Ogeretは1932年Paris Montparnasse生まれの歌手で作曲も手がける。17歳で学業を放棄、工員として働きながら、演劇学校で学ぶ。その間ギターを手にカフェのテラスでLéo FerréJacques Douaiなどの曲を歌う。Pierre PrévertJacques Prévertの弟)の目に止まり、56年Prévertのキャバレ「La Fontaine des Quatre Saisons」に出演。その後「Chez Agnès Capri」などの「rive gauche/左岸」のキャバレで歌う。

そして60年からLouis AragonJean GenetAristide Bruantら詩人の詩を歌った曲を録音するようになり、詩的シャンソンを歌う有力な歌手の一人に。Ogeretはまたパリ コミューン、フランス革命、反体制、レジスタンスなどテーマにした曲もレパートリーにしている。62年には「Est-ce ainsi que les hommes vivent?/男の生き方」(Aragon の詩、 Leo Ferr
é曲)などを収めた最初のアルバム「Les mains d’Elsa/エルザの両手」でACC賞を受賞。64年にはBrassensの前座でBobinoに出演している。その後次のようなアルバムを出している:「Marc Ogeret chante Aragon/アラゴンを歌う」(67年)、「Autour de la Commune/パリ コミューンを巡って」(68年)、「Chansons de révolte et d’espoir/反抗と希望のシャンソン」(73年)、「Le Condamne à mort/死刑囚」(Jean Genetの詩にHélène Martinが曲を付けた)、「Chante la Révolution/革命を歌う」(88年)、「Ogeret chante Léo Ferré/レオ・フェレを歌う」(98年秋Santier des Hallesで行ったリサイタルで歌ったFerréの曲のスタジオ録音)。

そして2010年12月13日にはCD3枚組みcompilationMarc Ogeret chante les po
ètes/マルク・オジュレ詩人たちを歌う」をリリース。これには77曲収録されている。それらは:「Est-ce ainsii que les hommes vivent?」、「Maintemnant que la jeunesse/過ぎ去りし青春の日々」、「Que serais-je sans toi?/もしも君に逢えずにいたら」、「Les oiseaux/鳥たち」、「Nous dormiront ensemble/一緒に眠ろう」、「Jentendsjentends/聞こえる、聞こえる」、「Laffiche rouge/赤いポスター」、「Le dondamne à mort/死刑囚」、「Rue Saint-Vincent/サン・ヴァンサン通り」、「Nini peau de chien/ニニの唄」、「Avec le temps/時の流れに」、「Le piano du pauvre/貧乏人のピアノ」、「LIle Sait-Louis/サン・ルイ島」、「Bal chez Temporel/タンポレル軒の舞踏会」、「Ballade des dames du temps jadis/そのかみの貴婦人を讃える」など。

Ogeretは1983年「Orre des Arts et des Lettres/芸術文学勲章」のchevalier章を受章している。

Est-ce ainsi que les hommes vivent」 https://www.youtube.com/watch?v=x_c-vMFLVhI

Le temps des ceriseshttps://www.youtube.com/watch?v=Iv2I750ZBuU

・・・・・

 Maria, Mariahttps://www.youtube.com/watch?v=cZx8UiBJd0o

2.La Chanson de l’année 2018/2018年のシャンソン」、Kendji Giracの「Maria,Mariaが選ばれる

TVTF1は2004年から毎年、視聴者の投票による「La chanson de l’année/今年のシャンソン」を選んでいて、「2018年のシャンソン」にはKendji Giracの「Maria,Maria」が選ばれた。

授賞式は6月8日NimesArenesNikos Aliagasの司会で行われ、TF1で実況された。第14回となる今回ノミネートされたのは受賞曲の他にBigflo et Oliの「Dommage/」、Vianney et Maître Gimsの「La même/同じこと」、Lartiste et Catollinaの「Mafiosa/マフィオサ」、Slimaneの「Viens on s’aime/愛し合おう」、Dadjuの「Reine/女王」、Vitaa et Claudio Capeoの「Un peu de rêve/少しの夢」、Louaneの「Si t’étais la/あなたがいたら」、Eddy de Prettoの「Fête de trop/度を超した祭り」、Patrick Fioli et Sopranoの「Chez nous/我家では」など10曲。式にはMarc LavoineMC SolaarTalAmel BentMylène Farmerらがゲストとして出演した。

Giracの曲ではすでに2014年「Andalouse/アンダルシア女性」が、2015年「Me quemo/(スペイン語)身を焦がす」がそれぞれ「今年のシャンソン」に選ばれていて、今回が3曲目となる。Kendji Girac、本名Kendji Maille1996日フランス西部Aquitaine地方、DordognePérigueux生まれ、スペイン語とフランス語で歌う歌手、作曲も行う。ジプシーで家族と共にキャラヴァンでフランス国内を回る生活を。TVTF1のスタ誕番組「The Voice」の2014年第3シーズン圧倒的な強さで優勝。14年9月Andalouse」などを収録したファーストアルバム「Kendji」をリリース。これは15年10月には100万枚を突破。15年5月12、13、14日にはParis Olympiaに初出演。Me quemo」を収録した15年10月セカンドアルバムEnsemble」をリリース、これもdisque de diamantになっている(85万枚)。今回選ばれた「Maria,Maria」は作詞・作曲でDamsoKinshasa1992-ラップ系ACI)の協力を得た曲で2018年4月20日シングルでリリースされている。

なお、過去の「今年のシャンソン」にはGiracの2曲の他に:Florent Pagnyの「Ma liberté de penser/僕の思想の自由」(2004年)、Yannick Noahの「Aux arbres citoyens!/木を、市民よ」(07年)、Christophe Maéの「Belle Demoiselle/美しいお嬢さん」(08年)、Zazの「Je veux/私の欲しいもの」(10年)、Christophe Maéの「Tombé sous le charme/魅了されて」(14年、2回目)、Amirの「On dirait/・・のようだ」(17年)などがある。

・・・・・

3.シャルル・アズナヴールCharles Aznavour、公演のキャンセル追加

Charles Aznavourの広報担当者6月18日が明らかにしたところによると、リハビリ長期化に伴い次の5件のコンサートをキャンセル。6月30日Londres、7月14日Marbella、7月21日Regendburg、8月4日Cologne、8月16日CroatiePula。従って現在のところコンサートの再開は9月に入ってからで、東京(17日)、大阪(19日)になる模様。その後、10月Kiev(20日)、Bruxelles(26日)と続き、Paris登場は11月8日の「La Seine Musicale」(Boulogne-Billancourt)。

・・・・・

4.Fête de la musique/音楽の祭典、開催

1982年当時の文化大臣Jacques Langのイニシアティヴによりフランスで始まり、毎年夏至の日を中心に開催される「Fête de la musique」(日本では「音楽の祭日」と呼ばれている)は今年第37回、現在では130か国以上、400以上の都市で開催されている。フランスでは今年も6月21日に大小3000件以上の催し(いずれも入場無料)が行われた。その中には次のようなものが。

Elysée宮におけるエレクトロニックミュージックコンサート

大統領官邸であるElysée宮のCour d’Honneur/正面広場ではエレクトロニックミュージックコンサートが行われた。「Fête de la musique」に合わせてElysée宮でコンサートが行われることは珍しくはないがエレクトロニックミュージックは初めて。Macron大統領がDaft PunkAirに代表されるいわゆる「French touch」がフランス文化を世界中に広めるために重要な役割を演じていることを認識している証左でもある。Jack Langは「やったー!とうとうエレクトロニックミュージックがElysée宮に入った」。通常は大統領が賓客を迎えて握手を交わすElysée宮への入り口の階段の最上段にはターンテーブルが置かれた。出演したのは現在最先端を行くエレクトロニックミュージックのスターミュージシャン:Busy PKavinskyChloeCezaireKiddy Smile(「移民の息子、黒人でホモ」と印刷されたTシャツを着て)とダンサーたち。コンサートは20時から24時まで行われた。観客は特別に招待された者、予めインターネットで申し込んだ人々及び招待されたFaubourg Saint-HonoréElysée宮の近隣住人、約1500人。コンサートの間ビュッフェスタンドではノンアルコールビール(「Elysée,Fête de la musique」と書かれた再使用可能なタンブラーで供された、3ユーロ)、ソフトドリンク、ランチボックス(サンドウィッチ、10ユーロ)などが供された。出演者への報酬は1人当たり1500ユーロ。報酬及びブッフェでの売上げは慈善団体に寄付された。ファーストレディーはコンサート開始早々、しばらくの間顔を見せ、その後Bretagne地方を視察していた大統領と共に22時30分、この日トリを務めたKavinskyの演奏が始まる頃会場に。その後コンサート終了直前にも顔を見せた。観客の中には「シャンソンを1曲、シャンソンを1曲!」と叫んだ者もいたが希望は叶わなかった。Elysée宮の案内では「DJと皆さんでCour d’Honneurdancefloorに変えましょう」とあったがさすがに周囲の建物の雰囲気に圧倒されたこともあり、そこまでは行かなかったよう。

一方Edouard Philippe首相もHôtel de Matignon/首相官邸の前庭をFéte de la musiqueのために開放したが、こちらはクラシックのコンサート。

Fête de la musiqueà l‘Elysée https://www.youtube.com/watch?v=tyBPgABbUlY

 

Niceでのコンサート

2018年「Fête de la musique」関連の催し物の中で最大規模のものはNice市とFrance 2の共同主催で、Niceで開催された行われた「Tous à Nice/みんなでニースへ」コンサート。NiceChristian Estrosi市長は「Niceでは2015年にもこのコンサートが行われた(海岸部のQuqi des Etats-Unis/アメリカ海岸で)。今年このコンサートが再び当地で行われることは、我々が2016年に経験した悲劇(同年7月14日海岸沿いの遊歩道Promenade des Anglaisでのトラックテロ事件で84人死亡、200人以上の負傷者を出した)から立ち直っていることを示す象徴」。今回の会場は海岸部ではなく、内陸部にあるPlace Massenaで、野外コンサート。司会はGarouCanadaQuébec 1972-ACI)とLaury ThillemanBrest 1991-スポーツキャスター・TV司会者 211年のMiss France)。コンサートは21時から4時間にわたって行われ、出演は37人(組)、歌われた曲は66曲。観客はインターネットなどで申し込み、会場での着用が義務づけられたブレスレットの交付を受けて入場を許可された30000人。コンサートの模様はTVFrance 2で20:45から中継され、300万人が視聴したと言われている。主な出演者は次の通り:

Juliette ArmanetAmirBigflo et OliBlack MCalogeroChristine et QueensClaudeo CapeoCœur de PirateGarouHoshiJainKendji GiracMadame MonsieurMaître GimsMarc LavoinePascal ObispoEddy de PrettoMC SollarSlimaneStingTalVitaaYoussou n’Dour</