今月の顔7月   Léo Marjane レオ・マルジェンヌ   Juillet  2018
 l
https://www.youtube.com/watch?v=IjnqfBHEVqs
Léo Marjaneは1941年7月「Seule ce soir今宵ただひとり」を録音 

続きを読む



(フランスからのシャンソン情報です)

適宜更新

    今日の
シャンソンニュース
  

Nouvelle Porte

   フランス語で歌うシャンソン教室

ヌーヴェル ポルト

Luberon en Provence

 フランスの子供新聞です

易しいフランス語でフランス事情

時事フランス語はこちら  フランスメディアへのリンク&
                    最新ニュースでフランス語が学べます

 
ニュースダイジェス パリ発 日本語のフランス情報サイト

あわや、これまでと思った当ホームページの破損事故でしたが、何とか回復できました。かなりの旧式ゆえ、サポート対象からは、
とうに外れておりまして、同じことがあっても再回復できるか甚だ疑問です。管理人共々、万一のことがあった時には、出来るだけ見苦しくない形で残したいと願っております。その時はどうぞお察し下さい。   管理人

現在の課題曲は

第1クラスは  Fleur du Tyrol チロルの花
       

第2クラスは Hymne à l'amour 愛の讃歌 

ご一緒に歌ってみませんか? 詳細は、教室案内をご覧ください。


ホーム
コンセプト
 教室案内 
    ↑詳細はこちら
  
 サロン・ド・シャンソン 
    ↑詳細はこちら


 

 次回、第72回サロン・ド・シャンソンは、
 

 8月5日
です


 今回ご紹介いたしますのは、

ミッシェル・ポルナレフ Michel Polnareff
ミレイユ・マチュー Mireille Mathieu

です。

共に、現役で活躍中のアーティストです。



  
只今お申込み受付中です。

 Kimieのコンサート情報 
      
↑詳細はこちら 

     


 マロニエシャンソン倶楽部
 シャンソン サエラ 

Brel,Brassens,Ferré
世紀の円卓会談 再現 
 講師プロフィール

  

No. 1512   2018.6.29

5月の新譜 3点をお伝えいたします。                             

 1.   マルク・ラヴォワンヌMarc Lavoine、「Je reviens à toi/君の許に戻ってきた」

Marc Lavoine201818日にリリースした新しいアルバムは「Je reviens à toi」。

Lavoine1962Parisの南Essonne県生まれのACI、俳優。工員の青い作業服を着ても、Yamamotoのオートクチュールを身につけても同様に様になり、育ったEssonn県の田舎町に置いても、現在住んでいるシックなパリ右岸の街に置いても様になる。ロッマンテイックなシャンソンを歌う一方で映画では卑劣な男を演じる。15歳で演劇の勉強を始めたが程なくして止め、オランピア劇場の案内係に。舞台裏で、MontandBarbaraAznavourなどのリハーサルを注視。そして当時の支配人であったPatricia Coquatrixのオーディションを受け、歌手の道に。

83年に最初のシングルをリリース。85年「Elle a des yeux revolver/彼女の瞳は拳銃のよう」、88年「Que ce que tu es belle/君はなんて綺麗」(Catherine Ringerとのデュオ)などがヒット。96年「C'est ça la France/これがフランス」でVdMヴィデオクリップ賞。2007年にそれまでの自身またはパートナーのヒット曲をVéronique Sanson(「Une nuit sur son épaule/一晩あなたの肩で」)、Françoise Hardy(「Chère amie/女友達」)、Souad Massi(「Paris」)、Florent Pagny(「Un ami/一人の友」)らとのデュオで歌った「Les Duos de Marc」をリリース。09年アルバム「Volume10/第10巻」に収められた「La semaine prochaine/次週」はTV局TF1の「2009年のシャンソン」に選ばれた。前作のスタジオ録音アルバムは2012年リリースの「Je descends du singe/僕の祖先は猿」で「Aec toi/君と一緒に」(女優Julie Gayetとのデュオ)10曲が収められている。

2016年2月蝋人形がMusée Grévinに展示された。同年9月、vocalCœur de Pirate(本名Beatrice MartinCanadaMontréal 1989- ACI)とArthur H(本名Arthur HigelinParis 1966- ACI)の協力を得た音楽物語「Les souliers rouges/赤い靴」をリリースしている。

12枚目のスタジオ録音アルバムとなる
Je reviens à toi」には作詞Lavoine、作曲Fabrice Aboulkerによる10曲収録。Aboulker1959年生まれの作曲家、Lavoineにはデビュー当時から曲を提供していて、Elle a des yeux revolver、「Que ce que tu es belle」はAboulkerの作曲による。収められているのは:45 tours/45回転」、「Station Othoniel/オトニエル駅ParisMétroPalais-Royal-Musée du Louvre駅の入り口の一つでPlace Coletteにあるもの。Jean-Michel Othoniel <1964- 彫刻家>の作で、『夢遊病者のキオスク』とのタイトルが付いている、「Elle est beau comme Rimbaud/ランボーのように美しい」、「Comme je t’aime/どんなに君を愛していることか」(「君」とは亡くなった子供のこと)、「Je reviens à toi/君のに戻ってきた「君」とはParisのこと、「Comment allez-vous?/ご機嫌いかが?」、「Seul definitivement」、「Le temps perdu/失われた時間」、「Je panique en douceur/僕は穏やかにパニックになっている」、「Un chagrin n’arrive pas seulAlleluia)/苦しみは一つでは来ないBenjamin Biolayとのデュなど10曲。リースの週チャート1位。Lavoineは10月5日からツアーを開始、10月18、19日Paris隣接Boulogne BillancourtLa Seine Musicaleに出演の予定。

Elle a des yeux revolver」 https://www.youtube.com/watch?v=6HkqiDVGw2A

Je reviens à toi」 https://www.youtube.com/watch?v=3dme2mmRw78

 

 2.   フランソワーズ・ファビアンFrançoise Fabian、「Françoise Fabian

Françoise Fabianが2018年5月18日にリリースしたデビューアルバムは「Francoise Fabian」。Francoise Fabianは1933年アルジェリアのAlger生まれの俳優。Algerで音楽を学んだ後渡仏、Parisで演劇を学び、1954年から映画・舞台・TV俳優として活躍。70本の映画に、30本以上のTVドラマに、30本以上の劇場劇に出演している。映画の代表作には:「Ma nuit chez Maud/モード家の一夜」(1969年Eric Rohmer監督)、「Trois places pour 26/想い出のマルセイユ」(1988年Jacues Demy監督)、「La buche/ブッシュ・ド・ノエル」(2000年Daniel Thompson監督)、「5x2,cinque fois deux/ふたりの5つの分かれ路」(2004年François Ozon監督)など。Fabianはまた60年代からTV番組でGuy Béartの曲「Il fait toujours beau quelque part/いつもどこかでは晴天」を歌ったり、映画の中で(1986年Jean-Claude Guiquet監督「Faubourg St Martin」でLouis Aragonの詩にJean Ferratが曲を付けた「J’entends, j’entends/聞こえる、聞こえる」など)歌ったりしていた。そして2015年にはAlex Beaupain(1974- ACI)に請われてBeaupainのアルバム「Les Gens dans l’enveloppe/包みの中の人々」で「C’ était fini la guerre/戦争は終わった」と「S’etendre sur la table/テーブルの上に横になる」を歌っている。今回そのBeaupainの勧めと説得によりファーストアルバムを出すことに。「私はAlgerの音楽学院でピアノを習った。子供の頃から歌うことが好きだった。Alexのおかげで新しい人生、歌手という人生を始めることが出来た」。芸歴60年以上の誇るこの85歳の偉大な女優のファーストアルバムには当代を代表するACI、詩人らが詩、曲を提供している。「ここに歌われているのは私の人生そのもの」。収められている12曲の作詞作曲者は次の通り:

Après quoi courion-nous/我々は何を追い求めているのか」(Julien Clerc作詞/作曲)、「Passages/通路」(Jean-Claude CarrièreAlex Beaupain)、「Tant de choses que j’aime/私が好きな多くのこと」(Nicolas KerLaurent Bardainne)、「Ce diable d’homme/男というこの悪魔」(Charles Aznavour作詞/作曲)、「La conversation/会話」(Vincent Delerm作詞/作曲)、「Cligner des yeux/ウインクする」(Dominique A作詞/作曲)、「Monsieur vous vous trompez d’épaule/ムッシュー、肩を間違えています」(Arthur Dreyfus作詞/Tonan Martin作曲)、「La vie modeste/謙虚な人生」(La Grande Sophie作詞/作曲)、「Au bout du compte/結局のところ」(Axel Reynaud作詞/Valentine Duteil作曲)、「L’idée/考え」(Axel Beaupain作詞/作曲)、「Bonsoir/今晩は」(Vincent Delerm作詞/作曲)、「Je ne rêve plus de vous/もうあなたの夢は見ない」(Alex Beaupain 作詞/作曲)。Fabianは初めてのステージも計画しており、7月7日ParisFnaclive festivalに出演、11月19日及び26日から12月3日までParisAthénée Théâtre(9,rue Boudreau 9区)に出演の予定。

Il fait toujours beau quelque part1967https://www.youtube.com/watch?v=uy86iGjtwpw

J’entends, j’entendshttps://www.youtube.com/watch?v=a5bVgrLryiQ

Tant de choses que j’aimeclip officielhttps://www.youtube.com/watch?v=mfbso5ddq_4

 

 3.   アモリ・ヴァッシリAmaury Vassili、「Amaury

Amaury Vassiliが5月18日リリースした新しいアルバムは「Amaury」。Amaury Vassiliは1989年6月生まれの歌手。10代で各地のコンクールで優勝、世界最年少のテノール歌手と言われた。2009年リリースしたファーストアルバム「Vincero」には「Parla piu piano」(映画「Le Parrain/ゴッドファーザー」から)など12曲収録、25万枚の売上げで一躍人気歌手に。2010年のセカンドアルバム「Cantero」には「Sognu/夢」、「Les moulins de mon coeur/風の囁き」など14曲を収録。2011年Eurovisionにフランス代表として出場、「Sognu」をコルシカ語で歌い15位。2013年5月及び2014年54月来日し、コンサートの他TV出演している。2013年にはアルバム「Cantero Japan edition」をリリース。2014年Mike Brant(1947-75歌手)のヒット「Qui saura/誰が知ろう」など13曲をカバーしたアルバム「Amaury Vassili chante Mike Brant」をリリースしている。前作は2015年10月リリースの「Chansons populaires/人気のシャンソン」で「Il est mort le soleil/太陽が死んだ朝」(Nicoletta)、「Je n’aurai pas le temps/僕には時間がないだろう」(Michel Fugain)など過去のヒット曲13曲のカバーアルバム。今回のアルバムのタイトルは「Amaury」。新人歌手がファーストアルバムのタイトルにするように自分の名をこの6枚目となるアルバムに付けたのは「今までのアルバムよりも、今の自分を正面に出したかったから」。と言うわけで2曲のボーナストラックを含め収められている15曲は、Vassiliの自身の作詞による曲、作詞、作曲でWilliam RousseauSlimaneらの協力を得た曲及び過去の世界的なヒットのカバー。それらは:「Tout/全て」(Slimane作詞/Slimane他作曲)、「Sketch of Love」(Thierry Mutinの1988年のヒットのカバー)、「Dans le miroir/鏡の中で」(Vassili作詞/Rousseau他作曲)、「Ce soir/今宵」(Vassili作詞/Rousseau作曲)、「La passion/情熱」(dito)、「Once upon a time」(Vassili作詞/Rousseau作曲、Beethovenの第九「Hymne à la joie/歓喜の歌」が使われている)、「Encore/まだ」(Slimane他作詞/作曲)、「Le commun des mortels/普通の人間」(Ulysee HRThierry de Cara)、「The final countdown」(スエーデンのグループEuropeの1986年のヒットのカバー)、「Pour les autres/他人にために」(Slimane作詞/Slimane他作曲)、「Virage/カーブ」(Guillaume RobertRousseau)、「J’ai cherché/僕は探した」(Vassili作詞/Pierre Lamy作曲)、「12 septembre/9月12日」(François WelgrynOlivier Coursien)、「Sunday morning」(bonusVassili作詞/Rousseau作曲)「Back home」(bonusdito)など。

Vassiliは7月21日AlesOccitane地方、Gard県)で行われるFestival les fous chantantsNatasha St Pierと出演予定。

Parla piu piano(2009TV初登場時https://www.youtube.com/watch?v=yICKrs3qkwU

Dans le miroirhttps://www.youtube.com/watch?v=GcRj9p0McuA